草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003/11/29(土)

すべすべ~

ふっふふふ。
のうきうき報告の後は、きっとこの型を使った石けんの紹介ねっ♪
と思っている皆さんの期待(していただいてるんだろか?^^;)をさっくりとかわし、天の邪鬼なぽぽはただ今"乳化"に夢中になっております・・・(ん?

実は!
今回のレシピは、「手作りクリーム」♪

今まで作っていたクリームは、前田京子さんレシピの、
ホホバオイル+ミツロウ+精製水+ラベンダーエッセンシャルオイル(EO)
を、混ぜたもの。
うま~くコツを掴めば、油分と水分が混ざり合ってくれる・・・とは言うものの、作るのが1~2ヶ月に1度では、なかなかうまくなりましぇん・・・(--;)
ので、分離状態で使っておりました(汗

これではいかん!と、
家にあるものでいろいろ工夫はしてみたものの。
完全に混ぜ合う状態には、なかなかいかないものなのです・・・。
うまくいった♪と思っても、時間が経つと、次第に分かれてしまったり。ふが~~

で!秘密兵器登場~♪
『植物性乳化ワックス(エマルシファイイングワックス)』を使えば簡単♪に油分と水分が混ざり合って、なめらか~~なクリームになってくれます(*^▽^*)ノ
今回、ネットで石けんのオプション購入の時に発見し、ついつい手が【買い物ボタン】をぽちっと押してしまいました~

ついでに、天然の酸化防止剤(ROE)というものも・・・
普通クリームを作ると、冷蔵保存で1ヶ月が期限なのですが、これを入れると4~5ヶ月はOKになるシロモノなのです♪
私はついつい鏡台に置いて常温にさらしてしまっているので(それでも今まで、2ヶ月はちゃんと使えたけどね)、入れるに越したことはないだろう!と。
ROEっていうのはね、ローズマリーから抽出される液なのだけれど、ハーブの効能と一緒で老化防止効果もあるのだっ♪
これから石けんにも使っちゃおう(^m^)むふふ

ただ、扱いがちょっと難しい・・・。
すっごく強い液なので、素手で触ってはいけない(--;)
そして、使用量は全体の0.05~0.1% ・・・100mlで、1~2滴(爆)むむむ・・・
むふふとむむむの合わさった液です(汗

で。
ネットであれこれ調べて、基本にした量は、
オイル分   30ml(大さじ2)
水分     40ml(大さじ2.5?)
乳化ワックス 小さじに小山で1
ROE 1滴・・・70mlで、1滴。中間取って、これでいいでしょう(汗

オイル分も、水分も、自分で好きなモノを入れ込めます♪
石けんで試してきたあれこれを、クリームでまた再現♪したくなりますが、最初はぐっとシンプルに!
レシピを以下に決めました。


《冬用クリーム》

マカデミアナッツオイル 大さじ1と1/2
ホホバオイル 大さじ1/2
ココアバター 1g
美肌水原液 40ml (尿素50gと水道水200cc、グリセリン10ml)
乳化ワックス 小さじ小山1
ROE 1滴
ラベンダーEO 3滴

マカデミアナッツオイルは皮脂に近い性質を持つオイルで、浸透性が良く肌をなめらかにします。
そして、ココアバターはうす~い保護膜を作って、乾燥から肌を守ります。
2大冬のお気に入りオイルに加え、
今回、美肌水の原液を使ったので、尿素10%入りの更に肌荒れを防ぐクリームになりました♪
ちなみに原液はペットボトルで作って冷蔵保存。
10倍に水で薄めてラベンダーEOを入れ、化粧水に使っていますv(^^)
原価も安いし、たっぷり使えていいですよん♪

と、いうことで。
とろとろなめらか~なクリームを全身に使い、ただ今 私の手も顔も、手触り抜群♪なのでした(*^▽^*)
乳化バンザイ


次回は、"乳"つながりで、山羊乳石けん作成の予定~
0309954[1].jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。