草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0309806[1].jpg

最近の、我が家の入浴剤ブームは、
生姜1片摺りおろし+重曹大さじ3+塩大さじ3。
じっくり浸かると、出た後布団に入るまで体の芯までぽかぽかぽか・・・が続きます。

さらに、生姜入り紅茶に豆乳少々おとしてお休み前に飲めば、内から外からほっかほか(*^-^*)
あっという間に夢の世界へ旅立ちます♪
しかも生姜入り紅茶、胃のむかつきなどにも効くので、一石二鳥です☆ミ

・・・でも、豆乳は紅茶に少し入れるだけなので、全然減らないんですよね~。
しかもおから入りの濃いぃ豆乳買っちゃったもんで、そのままではなかなか飲みづらい。
で、生姜紅茶とお揃い~♪とばかりに、ある日、お風呂にも豆乳入れちゃったんです♪
ちなみに、豆乳はサポニン(泡立つもの、という意味を持つ成分)が豊富に入っているので、勢いよくざばざばとお湯を注ぐと泡風呂もどきになっておもしろい(*^m^*)

・・・その晩、旦那ちまは私が寝入った後にほっぺたを触り、ふにふにだぁ~♪と遊んでいたそうです・・・(*^-^*)ゞ
翌日、なぜ?と聞かれて、心当たりはこれかなぁ?と昨晩同様にお風呂に豆乳投入~♪
・・・その晩も、ふにふにふに♪ご機嫌な肌触り!


と、いうことで石けん作成(笑
お風呂の具にすると、自分の肌に合うオプションを手軽に探せて便利ですなぁ♪
豆乳は、お風呂と一緒の、おから入りの濃いぃのを使用!
生姜も、絞り汁をたっぷりじゃぼじゃぼと!
しかも使用オイルもアーモンドオイルとココアバターを入れた、肌にしっとり保護膜を作る過保護レシピです♪

で、できたレシピがこちら。


《ジンジャーミルク石けん》

油脂:オリーブオイル 380g
   ナチュラルアーモンドオイル 50g
   パーム核油 110g
   ココアバター 60g        合計600g

精製水 110g  苛性ソーダ 75g(10%ディスカウント)

油脂と苛性ソーダ液を合わせて攪拌5分後、豆乳100g投入~

オプション:生姜絞り汁 1片分
      シルク 1g
      スイートオレンジEO 小さじ1/2
      はっか油 小さじ1/2

オプションはすべて、トレースの出た後に。

むふふ、4週間後、ほかほか石けんでトータルコーディネートです♪
・・・しかしこの石けん、少々ゴロが悪いのであえて無視しちゃったけど、ホントは《ジンジャーソイミルク石けん》だったりして(汗

うぎゃ。ステアリン酸書き忘れてました・・・(--;
レシピなのに、忘れちゃダメねぇ。ごめんなさ~い!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。