草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0309820[1].jpg

カウプレ決行・一万ヒットを超えるかもしれない日(10/27)に、そわそわと落ち着かずに作った石けん(笑
めずらしく、石けん本からアイディアを頂きました♪

前田京子さんの「石けんのレシピ絵本」から、同名の石けんレシピです。
ちょうど切らしてしまったオイルがあったり、エッセンシャルオイルを新たに買うのがもったいなくてアレンジしてしまいましたが(笑
でも、私が作った石けんの中では1・2位を争う材料費の高さかも・・・(^_^;)
いかに毎回、せこい材料費で作ってるか分かりそうな発言ですね(あわわ

この本を買ってからなぜかず~~~っと、いつか作ろうと思っていた石けんです。
ここまで気になるなら、自分の肌に合う石けんなんだろうなぁ、と。
前田さんの本から抜粋すると、
この名のついた由来は、13世紀のハンガリー女王エリザベスの残した伝説の化粧水のレシピからだそうで。
体と心に活力と刺激を与えるローズマリーを、ワインに漬け込んでから蒸留する「ハンガリーウォーター」は、後世の女王たちも若返りのローションとして使ったそうです。
そのローズマリーに、ラベンダー・ジュニパーベリーとを組み合わせて白ワインで作ったハーブエキスを使った石けんは、長い髪でも気持ちよく洗える、そして洗顔にもとてもマイルドな使い心地になるんだとか。
それに、ハーブを入れた白ワインをアルコールを飛ばすため火にかけ冷ました後に、蓋の内側にびっしりとついた水滴は、まさに「ハンガリーウォーター」として、贅沢な化粧水になるそうです。
・・・取り分けるのが面倒で、振り落として石けんに混ぜてしまいました(笑
これで更に贅沢な石けんになった事でしょう(*^▽^*)おほほ。

え~~と、本からアレンジしたのは、
☆油脂のうち、ホホバオイルがなくてマカデミアナッツオイルに変更。
 ココナツオイルもパーム核油に変更。
☆エッセンシャルオイルを新たに購入するのがもったいなくて、
 オイルにもハーブ3種を漬け込んでおいた。
の2点(3点?)です。

アレンジしたとはいえ、本からの抜粋なので今回は使用した材料のみ・・・


《ハンガリー女王エリザベスの石けん》

油脂:ハーブ浸出オリーブ油・パーム核油・ひまし油・パーム油・マカデミアナッツ油
オプション:ローズマリー・ラベンダー・ジュニパーベリー・白ワイン

浸出させたハーブのみの香りなので、ほんのりとした香りです。
昨日まで型出し出来なかった事からも、柔らか~い石けんになりそうな予感・・・。
ジェル化させなかったからか、本よりも随分と色も淡くなりました(A^_^;)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。