FC2ブログ

草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
今日は写真だけ。
説明は明日♪(たぶん^^;)

杏仁、というからには真っ白で作りたかったのだけど、見た目よりも肌への美味しさを優先しました♪
626[1].jpg

※※※※※

ではまず杏仁♪

石けん作ってる方にとっては教本(バイブル?)と言ってもいいであろう本に、前田京子さんの『お風呂の愉しみ』という本があります。
お風呂の中での愉しみ方~手作りした石けんを使う愉しみや自分でアレンジした入浴剤でゆったり湯に浸かる愉しみ~以外にも、お風呂を出てからの愉しみ~ボディパウダーやボディスプラッシュ、化粧水、リップクリーム・・・等々を自分で作る愉しみ~が満載で、読んだ後には「よし!私も手作りしてみよっかな♪」と愉しい気分を味わってみたくなります♪
実際私もこの本でその気になった一人(^◇^;)

長々と書きましたが、その本のなかで前田さんが、三大お気に入りオプション♪として、「アーモンドパウダー、ココナツパウダー、米ぬか」をあげているのですよ。
アーモンドパウダー、というのは杏仁パウダーのこと☆
杏仁・・・と聞いてお気づきかと思いますが、そう、杏仁豆腐の素になるパウダーのことなのです♪

中華屋に行くと、かならず杏仁豆腐をデザートに選んでしまう、しかも杏仁豆腐が美味しければ、他の料理がどんなに××でも「いいお店だね♪」と言ってしまう杏仁豆腐好きの私としては、食べて美味しいだけでなく肌にも良い!となったらそれは入れてみたくなりますよ♪
本を読んでからず~~~っと欲しかったのですが、先日ようやく輸入食材店で発見したのです♪

さてさてその杏仁パウダー(杏仁霜)、杏の種の核の部分に糖分等を足したもの。
効能は、シミ防止・保湿・潤沢作用。
既に入った糖分で、更にしっとりすべすべになります♪
せっかくだから杏仁豆腐っぽく・・・と、牛乳代わりに生クリームを入れたので、脂肪分もたっぷりに肌に保護膜を作ります(^m^)

そして、出来たレシピがこちら。


《杏仁石けん》

油脂:オリーブオイル 250g
   ココナツオイル 100g
   ひまし油 50g
   ラード 60g
   パームオイル 40g     合計500g

精製水 100g  苛性ソーダ 65g(10%ディスカウント)
5分攪拌後、生クリーム70g投入。

オプション:杏仁霜 大さじ2
      スイートオレンジEO 80滴
      レモングラスEO 30滴

オプションはトレースが出てから。


杏仁豆腐らしい美味しさを感じるよう、柑橘系の香りを付けました♪
これで真っ白な石けんだったら言うこと無かったんですが・・・生クリーム入れるとどうしても黄色みがかかってしまうんですよね。
見た目よりも使い心地で勝負!!です(*^-^*)

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する