草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて、液体石けん初レシピです。

油脂:オリーブオイル 100g
   ココナツオイル 350g
   ひまし油 50g

精製水 400g  苛性カリ(純度85%) 142g←100%で121g

私の買った苛性カリの純度は85%。
過剰油脂を出さないようにする為、忘れずに計算…しそびれるところでした。ふう危ない危ない…

水分量は、やっぱり初レシピだからね~と、基本に忠実に苛性カリの約3倍。
入れたけど、もっと少なくても良いかも。本では250gになっていたし。


油脂も苛性カリ水溶液もほぼ60℃に合わせて、攪拌開始~ 

20分休まずぐるぐる。
白っぽくなってきたものの、ふい~っと手を休めると2分割。
むむっとして、更に30分ぐるぐる…
手を休めると、やっぱり2分割…

トレースをちゃんと出してから湯煎にかけよう!と思っていたけれど、
さすがに連続2バッチは腕が痛い…(日頃の不摂生が…^^;)
「トレース出て無くても湯煎にかけて良いらしいし…」と、あっさり誘惑に負けて湯煎開始。
5分くらいたつと、白っぽかった生地がすっかり透明(少々泡有り)に変わってしまいました。
少々あせりつつ、「た…たぶん出来るし…」とじっと見守る。
30分ごとに木杓子で混ぜようにも、さらさらすぎて混ぜる意味あるのか?という気が…
では泡立て器で混ぜよう!と実行したのが1時間後。
火にかけたまま、ぐるぐるしていると、おおっ面白いように白っぽくもったりしてきたぞ♪
これぞトレースか??と、調子に乗って更にかき混ぜていたら…

ももももっと生地が盛り上がってきて、あれよあれよという間にボールから噴き上がってしまいました(汗)ああもったいない…
それはまるでカルメ焼きのような急激な展開。ううう調子に乗るものじゃないですね…
見守ってないですぐに火を止めれば良かった~~~っ!!

火を止めてレンジ台を拭いて。
噴き上げた石けんを拭いたらそれまで溜め込んだ焦げ付きもすっかり落ちて、キレイになったレンジ台で更に作業再開。
湯煎…し始めたけど、水分、すっかり飛んでしまったみたい?
練ると、白っぽい水飴状態にまでなっているし、さっき拭いた台ふきんだって、洗ったら面白いように泡だったよね?
というわけで、正味1時間で湯煎終了~~♪

安直かな~?とは思うけど、念のため出来上がった石けんの素を希釈して使ってみると、
控えめながらちゃ~んと泡立ってるし、手も荒れないから大丈夫でしょう♪
作り方はすっかり3つの方法を網羅した行き当たりばったりになりました。
次回は、ちゃ~んとトレース出てからやってみようかな…

写真は湯煎直前♪さらさら~
609[1].jpg



かき混ぜる手を休めると
598[1].jpg分離しちゃうの(汗)


湯煎10分後
611[1].jpg泡は多少残ってるけど、ほぼ透明状態に…


噴きあがり後。
613[1].jpg

「石けんの素」出来上がり状態?
噴いてる途中は写真どころじゃなかった…(^-^;)

白っぽいべっ甲あめ?


1日経ったら
615[1].jpg透明感が出てきた♪


お試し希釈。
617[1].jpg

入れ物に入りきらなかった分を、お試しで希釈してみました♪

液体石けんの楽しいトコは、希釈段階でいろいろ入れ込めるところ♪
でも今回は、泡立つか?見たかったのでシンプルに。

材料:石けんの素(リキッドといいます) 70g
   精製水 70g
   クエン酸 小さじ1/2
   グリセリン 大さじ1
   濃縮レモン汁 大さじ1
   はっか油 2~3滴

1.子鍋に精製水とクエン酸、グリセリン、レモン汁を入れて火にかける。
2.沸騰したら火を止め、小さくちぎったリキッドを入れ、つぶす様に溶かす。
3.溶けたらはっか油を入れ、出来上がり。


なぜかつぶしてる間に、白っぽいもったりした液体になりました!糊みたい~
ほう酸でないと、さらさら状態の石けんになるはずなのにおかしいですね?(汗)
でも泡立ち控えめながら、ちゃ~~んと使える液体石けんが作れたようです♪
お皿がきれい♪泡切れもいいよん
髪の毛もクエン酸いっぱい入れたからか、リンスなしで洗ってもきしまなかったよ♪

えへへ、満足満足…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。