草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003/02/28(金)

緑茶石けん実験

この間から社長の奥さんに、お歳暮で貰った食用油の使用期限が切れてしまったので、それらを使って会社で使う石けんを作るようにお願いされていた。
使う油は紅花油500g×5本、コーン油1.6kg×2本、エコナ500g×6本。

まず紅花油を持ち帰り、最初2本を使って、他の油脂はラード1個を加えただけの超経費削減の手洗い石けんを作った。手洗いらしくトレース後のオプションでコーヒーとコーングリッツを入れるだけのレシピ。そしたらトレースがいつまでたっても出てこない・・・(--;)
途中で業を煮やして、混ぜ物をするとトレースが早くなるので、後から加えようと思っていたインスタントコーヒーを加えた。インスタントが顆粒だったため溶けにくい・・・。結局24時間トレースまでにかかった。

次の1本は、苛性ソーダを紅茶で溶かした。最初から紅茶という混ぜ物をした+他に追加する油脂(ラードのみ)の割合を増やした為、12時間でトレースが出た。柚子ジュースと柚子皮を入れて柚子石けんに。

その次は、奥さんから竹々石けんを作って欲しいと頼まれて、メインが違うとどうだろう?と思いつつ、一応オプションだけ同じだ、とお断りを入れて作ってみた。ココナツはこだわりで入れたかったので買ってもらい、ココナツのおかげ+苛性ソーダをラベンダーティーで溶かしたために3時間でトレースまで持ち込めた。
それがこの間の写真の石けん。

でも、どうやってもトレースまで時間がかかって仕方が無い。
最後の1本、どうしても1時間でトレースまで持ち込んでやる!と決心し、まずは浸出油を作ることにした。
せっかくだからここでも実験。
緑茶を大量に使うのはもったいない。浸出した色が残るのだから、挽いたお茶で油自体に色をつけたら残らないものだろうか?
油に緑茶パウダーを小さじ1杯。いい色に・・・。一応1週間ほどそのまま置いて、出して他の油脂と合わせてみるとこんな色。
828.jpeg

攪拌5分後。
すでに色が薄くなってきた・・・(--;)
255[1].jpg

トレースを早く出そう実験その2。
日本酒を加えた。
入れてまぜまぜし始めると、だんだん泡だて器が重くなってくる・・・

攪拌20分経たないうちにトレースが♪
やった!!紅花油に勝ったぞ!!いそいそと型入れ。
256[1].jpg

でも、だんだん緑色が黄土色に近い色になってしまった・・・
保温から出したときに緑色が残っているか・・・?
型出し後、乾燥しているうちにこんな色に・・・
257[1].jpg

すっかり黄色になってしまった(T^T)
油に勝って緑茶に負けた・・・

今回のレシピ。
《日本酒緑茶石けん》

油脂:紅花油 500g(緑茶パウダー浸出?)
   ココナツオイル 100g
   ラード 100g

精製水 140g  苛性ソーダ90g(10%ディスカウント)

攪拌5分後、日本酒100g(煮きらずそのまま)

オプション:レモンEO 60滴
      ユーカリEO 30滴

やっぱりアルコール入れるとトレース劇的に早くなります♪
トレースの出にくい油にはオススメ(^o^)

あ~でも後コーン油とエコナが・・・
普通の石けんを作りたくなる・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。