草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0315246[1].jpg

前編よりどうぞ♪

それではお待たせの利用方法♪
石けんの代用品利用、で考えられるのは、まずは「椿油=髪」から洗髪です。
とはいうものの、昔のようなシンプルお手入れではなく、髪の毛にはムースやスタイリング剤など
いろいろ付いていることでしょうから、これだけではちょっと心もとなく感じます。
まずはいつものシャンプーをしてから2度目の使用が良いでしょう。
洗面器に取ったお湯に揉み出して、髪を浸して洗います。
洗った後に残った湯は、顔や体にざぶんとかけて♪
お風呂上がりには髪の毛だけでなく、体全体がしっとりもちもち!
いつまでも触っていたい手触りで、きっとびっくりしますよ(*^m^*)

って・・・この使い方ってばトリートメントやリンスっぽいですよね~(爆
そう、石けんでシャンプーをしている方は、シャンプーの後のリンスに活用するのがおススメです♪
基本の方法は、
①前編参照の使用方法で、粕汁を作る。
②出来た粕汁をリンスの際、洗面器に一緒に入れるだけ!
いつものクエン酸やお酢リンスのみの時とはまた違った髪の手触りが楽しめます♪
更に手作りを楽しみたい方は、
「そしてリンスへ。」「ゼラチンのリンスジェル♪」もご参照下さい^^

あ、ここで注意ですが。
搾り粕汁は、乾くと粉が吹いたような状態になります。
効果を上げようと肌につけたまま洗い流さないでいると、
 返ってその粉で肌がかさかさしたように見えてしまいます(^^;
搾り粕の良さを実感するためには、よ~く洗い流す事が大切です♪


更に、粕汁は洗顔の際一緒に使っても。
石けん(洗顔料)を泡立てる時に、作っておいた粕汁を水代わりに使って泡立てます。
洗い流した後にすぐお肌を触って実感できるのがうれしい方法です^^
でも粕汁は1カップ分くらい一気に作れちゃいますから、洗顔1回で全部使ってしまうのはもったいない!
作ったら、ポンプ式の入れ物に入れて使うのが便利です。
泡立てる際に3~5プッシュ分が適量かな?冷蔵庫に保存して1週間ほどで使い切りましょう。

などなど・・・他にもアイディア次第で、椿の搾り粕の活用方法はたっくさんあります♪
どうぞお手に取ってみてくださいね(*^m^*)♪

まずは、私はやっぱり石けん作ります♪うひ。
石けんだとお手軽便利に粕汁効果が取り入れられて良いですよぅ~ヾ(≧ω≦*)
この石けんで洗って、リンスでまた粕汁使って・・トータルコーディネートも楽しめます(*^m^*)ぷぷ
さてさて、どんなレシピを組もうかな~♪
そして出来た石けんが、「ミスあんこ石けん」!!こちらも販売中~♪どうぞよろしくです^^

椿の搾り粕販売中~♪どうぞお店へお立ち寄りください♪ → 
スポンサーサイト

テーマ:☆おすすめ商品☆ - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。