草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
を、久しぶりに購入しちゃいました~♪
前回購入したのはずいぶん昔・・・。
その当時のはしゃぎぶりは「椿の絞り粕」からどうぞ(爆

使ってみるとその使用感にはうっとりで、
髪に肌に・・とあっと言う間に使い切り、もう少しあっても良いなぁ。と思ったのですが。
思った時には少量販売してくれていたそのお店でも在庫無しの状態で、
しかたなく他の販売店をあちこち探してみたものの、販売最小単位が300gや1kg!!(_ _;;;
とてもじゃないけど、一人ではそんなに使い切れない!!と泣く泣く諦めたのでした。
(ちなみに1回で使う量は、10g程です^^;)

今回購入したのは、久しぶりに自分も使いたくなったから。なのと、
私のように興味があっても大量購入に踏み切れずに泣く泣く諦めている方が多いんじゃないかなぁ?と思って、
小分けでお店に置いてみたかったから(^▽^;)ゞ
搾り粕。いい仕事しますよ~オススメ品です(ΦωΦ*)ふふふふふ・・・

さて、ではまずは『搾り粕』とはどういうものかと言いますと。(サトウ椿さんのHPを参照しています)
髪のお手入れとしても有名な椿油は、種子をぎゅっと押しつぶして搾り取られます。
残った種皮と種核が「搾り粕」です。
椿油は種子中に35%含まれますが、採油されるのはこのうち25%程。
「搾り粕」の中には搾りきれなかった椿油が10%も含まれているのです!
椿油以外にも、種の中には髪やお肌の為になるものがぎゅっと詰まっており、
その中の1つが「ツバキサポニン」で、種核の中に含まれます。
油に溶けずに水で溶ける性質があり、水に溶けると発泡するので昔から石けんの代用とされていたそうです。
(ちなみにツバキサポニンは有毒なので、種を食べてはいけないそうです)


コレをふまえて、利用方法。あ、でもその前に使用方法。
1回に使う量は、大体大さじ1でOKです。重さで言ったら10g程。
成分をしっかり出す為に、大きい固まりは手でちぎったり、すりこぎなどですりつぶした方が良いでしょう。
それをお茶パックなどに入れ、使用直前に湯で揉み出して使います。
コップに入れて100~180cc程の熱湯を注ぎ冷めてから使う方法や、小鍋で煮出して使う方法も。
出がらし?は、お風呂に入れて入浴剤代わりに有効利用しちゃいましょう(笑
最後の最後は、庭に蒔いて肥料としても使えるそうです。全くムダになりません♪


続きます。後半もどうぞ♪
スポンサーサイト

テーマ:☆おすすめ商品☆ - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。