草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0315075[1].jpg

竹々石けんは、まだ石けんを作り始めて間もない頃からず~っと定番化して作り続けている石けんです♪

オリーブ特有のもっちりとした滑らかな泡がぶくぶくと立ち、さっぱりつるつるな洗い上がり。
それなのに潤い感がいつまでも続きます♪
石けん自体しっかりとした硬さが握っていて心地よく、
いかにも溶け崩れたりなんかしないぞー!最後までしっかりと使い切ってくれい!然としていてとても頼もしい!!
と、自画自賛ながら(笑)お気に入りの石けんなのですが、
更に嬉しいのが私の勤め先会長の奥さんも気に入ってくださっていること♪
毎回1製作分どっさりとお渡しするのですが、そろそろ使い切るかな?とこちらが思う頃合いになると
「ほら、あれ、また作ってちょうだい♪」とにこにこと注文してくださいます(*^m^*)
過去、奥さんも石けんジプシー。肌が弱いので、お出かけの度石けんを見つけては
あれこれと試してはみたものの、どれも最後には体が痒くなって諦めていたそうです。
それがこの「竹々石けん」だけは気持ちよく使っていられるそうで♪
「コレが無くなったら、私困るのよ!!」とまでおっしゃいます(*ノxノ)なんと嬉しい

「竹々石けん」と言えば、先日記憶も新たな「竹ひば石けん」を作ったばかり。
竹酢液は好き嫌いがとっても分かれるキョーレツな香りなので、万人受けする代用品が無いか探した結果、
同じくアトピー対策にも使われ、香り穏やかな翌檜香を採用♪しました^^
もちろん泡ぷくぷくで洗い上がりはさっぱりつるつる、
それでいてプレーン&ナチュラルな香り!なのです・・・が。
奥さんにとっては、竹々石けんの特徴である竹酢液の香りも好ましい香り。
お試しで「竹ひば石けん」をお渡ししてみましたら、
「これも良いんだけど・・・なんだか(香り的に)物足りないわ( ̄▽ ̄;;」だそうでして(笑
新たに作成して、1ヶ月待って貰うことになりました^^

では、いっつもリンクで済ませてしまっているので、おさらいを兼ねて久々にレシピの説明を♪
竹々石けんのオプションは、竹炭・クレイ・竹酢液。竹由来を2種使うので、「竹々」です(笑
竹炭は、
備長炭と比べてみると、さまざまな有害物質や臭いを吸い込む吸着力が10倍もあるそうです。
マイナスイオンも効果大!
クレイは、
ミネラルが豊富に含まれていて、肌に栄養を与えると共に深部を温める作用があり、血液循環を良くするそうです。
吸着力も良いので毛穴の汚れも老廃物もすべて吸い取ってくれます。
竹酢液は、
竹炭と大体同じ働きですが、アトピーや水虫で困っている方はお風呂に入れると効果があるといいます。


竹酢液の匂いは、上にも書いたとおりちょっと鼻にツンとくる刺激臭(爆
でも効能あらたかで、お風呂に入れても良し(ペットの皮膚病にも効果があるそうです)、
薄毛に悩むお父さんはシャンプーの代わりに1000倍に薄めたもので頭を洗っても良し(すすぎは十分に!)、
この時期花粉症に悩む人は同じく1000倍に薄めたものを鼻の中にスプレーしても良い!そうです。
鼻にスプレーはちょっと勇気がいるのですが・・匂いでマヒするのを狙ってるのか?なんて(笑
でも、オススメが1つ。
鼻をかんでばかりいるとティッシュの刺激で周りの皮膚がひりひりと傷んできますが、
痛い時には↑の薄めた液をシュッと鼻の周りに一吹き。ずいぶん違います♪
さらにティッシュに吹き付ければ、柔らかティッシュを買わなくとも済んで安上がり(笑

後編へ続く~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。