FC2ブログ

草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
0314275[1].jpg

さて、第3行程まで終わらせて、3層になった石けんを型出ししてカットし、
少々乾燥させてから表面を削ってすべらかにし。
いよいよ年明け!!仕上げに入りました~♪

固めに仕上げた3層の本体に対して、
上からとろりとかける石けんはソースの如く柔らかく先に融けて欲しいので、柔らかな油脂アレンジで仕上げます。
しかも、保温に失敗すると・・というか、保温時に空気の流れにさらされると
石けんの表面は白くなってしまうので、それを防ぐ為にも、水分を取り込みやすい油脂を組み入れ
石けんの表面をいつもしっとり気味にしておきたいのです。
・・・などとつらつら考え、決めたのはマルセイユ配合のひまし油スーパーファット!!
これで、年明け早々にしようとしていた実験も兼ねちゃって、
一粒で何度も美味しい石けん製作です(笑

バレンタイン石けんの仕上げだけだったら油脂は500gバッチで充分!と思っていたのですが、
ひまし油が入るのでついでに2分割してシャンプーバーも作ってしまおうと1kgバッチで作成しちゃいました~♪

マルセイユ素地はシンプルすぎるか?とハーブティーで仕込み。
ローズマリーとオレンジフラワー、レモングラスを各大さじ1、
沸騰させた精製水450gに入れて蓋をし、蒸らしてそのまま冷まします。
作成に入る時に濾して、350g計って仕込み水に。

トレースの出た時点でひまし油をスーパーファットし、生地を2つに分けて
1つはココアパウダーを混ぜチョコケーキ石けんの仕上げに。
もう1つは『こんぶとふのり』、ローズマリーを挽いたのと、きび砂糖。の3種を混ぜて黒髪用のシャンプーバーに。
と、それぞれ作成。

シャンプーバーのオプションは、すべて髪のツヤを引き立たせると言われている素材です♪
(きび砂糖は、なぜ?と言われそうだけど、
本来言われている黒蜜は黒糖で作られ、黒糖はきび砂糖で作られるので・・。)
髪・・・ということは、毛も。
なので、お風呂大好きぷりこの為に、精油による香り付けをせず、動物にも優しいシャンプーバーに仕上げました^^
ぷりこ、ママとお揃いだよ~♪うひひ。
これらのオプションを使った動物のシャンプーバーに関しては こちらもどうぞ~

ケーキ石けんの仕上げの為に、緩めトレースで・・とは最初から決めていたのですが、
なかなかこれ!と思うとろみにいかず、かと言って翌日持ち越しすると固くなりすぎて後の祭りに
なりそうだったので、思いっきり夜更かしの、時間の掛かった石けんとなりました・・・(^◇^;

では、レシピです♪


《チョコケーキ石けん~仕上げ編+α》

油脂:合計 1000g
オリーブオイル 720g
パーム核油 180g
ココアバター 100g

ハーブティー 350g  苛性ソーダ 127g(8%ディスカウント)

オプション:
全体に)
・ひまし油 大さじ1
チョコケーキ石けんに)
・ココアパウダー 大さじ1
シャンプーバーに)
・昆布とふのり 1袋
・ローズマリー 大さじ1・・・すり鉢で挽く
・きび砂糖 大さじ1


んで、ここまで作ってはたと気がついたこと・・・。
石けんには1つ1つ原材料を書いたラベルを作って、ラッピングした上にシールで貼り付けるようにしているのだけど。
この石けんの材料、全部書ききれるかしらん・・・( ̄▽ ̄;)たら~り


石けんただ今無事(爆)販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する