草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/12/21(水)

竹ひば石けん

0314077[1].jpg

プリン石けんのアップばかりでしたが、固形石けんも年末にしては着々と作成しております♪

今年はな~んと!!バレンタインの石けんも既に準備態勢!
てのはですね、毎年、年末年始は忙しさにかまけて石けんを作らないのですが、
年が明けてほっと一息ついた頃・・・というと、大抵バレンタインまで残すところあと1ヶ月!!
毎回毎回うっきゃ~~状態で駆け足作成にはいるのですね。
しかも1種類じゃつまらんので2種は作りたい!!ので余計にばたばた(^◇^;
さすがにトリ頭の私でも何年か続けると学習能力が出来てくるというモノでして・・・
今年は余裕の作成に入ってみました♪
とは言っても、指折り数えてみればバレンタインまでは後2ヶ月。
熟成に1ヶ月少々掛かって使用感確かめてラッピングして・・・の時間まで入れたら、
これでちょうどぎりぎりな期間なんですよね~
月日の過ぎるのは早い!!早すぎる・・・(爆

しみじみと感慨にふけりつつ、バレンタイン作成第一弾は、既に恒例となった「竹々石けん」のアレンジ版♪
竹酢液の代わりに翌檜香(あすなろこう)を使った、「竹ひば石けん」です~~~(*^m^*)

え~、「翌檜香」というのはですね、日本産の精油である「青森ひば精油」を
『水蒸気蒸留法』で抽出する際に、副産物として出来るものです。
『水蒸気蒸留法』というのは、まず大量に集めた植物に蒸気を通し、蒸気にその植物の効能をたっぷりと含ませます。
蒸気が冷えるとまた水に戻り、また、蒸気に含まれた植物の恵みの成分(濃縮液)である精油は
水よりも軽い為、水の上に浮かびます。この上澄み部分を取ることで精油抽出完了!
そして、この水の部分を『蒸留水』と言うのですが、これだってただの水ではない!!
精油ほど強力なものではありませんが、水溶性の植物の恵みが
この蒸留水にはた~~っぷりと溶け込まれているのです♪
・・て、私の説明だとおおざっぱすぎて分かりにくい?(滝汗
まぁとにかく、「ひば精油」を抽出した際に出来る『蒸留水』が「翌檜香」なので~す♪

「翌檜香」の効能は、精油に準じて抗菌・殺菌・防虫・消臭・脱臭・芳香・・・と幅広く。
あ、香りは正に森林浴!な香りです。しかも和製精油の副産物だから、
日本人には一番馴染んでいる香りではないかな?と思います。
小さな頃から野山を駆け回って遊んでいた旦那ちまには、と~っても落ち着く香りらしく、
一度手に入れてからは無くてはならないものの1つとなりました^^
ええ!だ・か・ら♪
バレンタイン用石けんに翌檜香、なのです(*ノxノ)きゃっ
石けんも旦那ちまに気に入って欲しいな~と作成です!!(力説

ではレシピ♪


《竹ひば石けん》 12/12作成

油脂:合計1000g
オリーブオイル 400g
ココナツオイル 400g
パームオイル 100g
ラード 100g

精製水 200g  苛性ソーダ 145g(8%ディスカウント)
攪拌5分後、翌檜香 150g投入

オプション:
竹炭 大さじ1強
クレイ 大さじ2
牧場の花・2色レイヤー・EXVオリーブ石けん 各1個(モザイク用)

オプションはすべて強めにトレースが出てから。
黒っぽい石けんなので、面白味に欠けるかと石けんを1cm角のサイコロにカットして混ぜ込みました♪
色とりどりの石けんがランダムに現れて、可愛らしい外見です^^


石けんただ今販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。