草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~。しつこくこの話題ですが(笑

第3弾プリン石けん作成です。・・場所は会社で。本日午前中(爆
そろそろ会社で使っている石けんの在庫が少なくなってきたから~。
と言うのは表向きの理由で・・
ちょっと気になることがあったので、実験もしてみたいなぁと思いまして。
気になることを解消しつつ、会社の石けんも出来ちゃったら一石二鳥♪なんちゃって。
先ほどさくさく済ませてしまったので、
実は午後、もう1種類固形石けんも作っておこうかな~とたくらんでいることは秘密です(笑

んで実験の趣旨はですね・・・。
プリン石けんって、最初にご飯を入れるのですね。
おそらく、粘度を出すことで油とアルカリを結びつけやすくし、トレースを早める為・・が目的なのかな、と。
あと、炭水化物が分解して糖質になることも、かな?
糖質は石けんの泡立ちを細かく滑らかにするからね。
でも、出来上がった石けん・・・
たぶんご飯の匂いだと思うのだけど、普段作る石けんの匂いと多少違うのですよ。
イヤな匂いではないのだけど、ちょっと違う、のが気になってまして。
だったらご飯の代わりに違う方法模索してみましょう!!というのが実験なのです~♪ヾ(≧▽≦*)
今日のウチに、トレース出ちゃえば成功の予感♪

んで、ご飯の代わりに入れたのは。
前回作ったプリン石けん。と、グラニュー糖!!
トレースを出しやすくする方法はいくつかあるけれど、
既に出来上がっている石けんを使う、のも1つの"手"なのですね。
ちょうど液状になった扱いやすい石けんが手元にあるのだから、使うに超したことはない、と(笑
あ、もし無い時は、固形の石けんを削って使うのもアリです。
んで、糖質はハチミツ持ってこようと思っていてうっかりしたので、会社に常備したグラニュー糖6g入り2本で代用です(笑

今回の第一日目の材料は、こちら♪

《プリン石けん~実験編レシピ》
コーン油 300g
プリン石けん 50g
グラニュー糖 12g
苛性ソーダ 42g
熱湯 300g

プリン石けん、30g程でよいかな?と思っていたら、どぽっと出てきたのでまぁいいやで50g使用です(笑
苛性ソーダは、今回けん化価0.14で計算。(コーン油は本来0.134位)
手洗い目的だからディスカウントした方が良いのだろうけど・・、皆の仕事上がりは油を含んだどろどろ汚れなので、少々過剰アルカリ気味の方が汚れ落ちが良いかしらん?と思いまして・・。
台所で私が使って大丈夫なんだから、きっと大丈夫だよ!うん!!(おおらかぁ~^^;)

段取りは前の作り方と同じ。
コーン油あっためて、ご飯の代わりのプリン石けんとお砂糖入れて、
苛性ソーダ入れて混ぜてから熱湯入れて、ぶくぶく反応するのにひるまず攪拌20分。
・・・ふふふのふ。
しっかり20分後には、微弱トレース出てました~~~♪実験成功なるか?!

後は蓋をして、来週いつも通りに続けて経過見です~(*^m^*)

追記。
粘度!ご飯の必要性って、このためだと思います~
プリン石けんは水をたっくさん含ませて作る石けん。
せっかくトレースが出ても、水を増やした時に分離しやすいのだけど、粘質のあるものを入れることで均一化する働きがあるみたい。
だからご飯代わりの糖質に、火を加えてサラサラになる性質のあるモノを使うと分離したままになっちゃう(--;
ハチミツ注意!(爆


0314496[1].jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。