草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/02/27(日)

甘酒石けん

0313549[1].jpg

・・・どうも写真をアップした昨日、私はぼけぼけだったようで。
作ってる最中は、命名「甘酒石けん」~♪と思っていたのに、アップした画像には思いっきり「酒粕石けん」と入れてしまいました(*ノxノ)

その名の通り、これには"酒粕・生姜・黒糖"が入ってます♪
ついでに酒粕を日本酒で溶いたので、余計にすべすべ度アップかしら~ん(^m^*)うひ。
黒糖入れたので、茶色っぽくなるかな?と思っていたけど、どうやら白に近い石けんになりそうです。
この色の通り、肌まで白~くなったら嬉しいな♪←酒粕には、色を白くする作用があるのです。
お風呂でこの取り合わせを入浴剤として試したときには、翌日まですべすべの肌触りが続いて、ご機嫌になりましたよん(*^-^*)v
しかもほっぺはもちもち!!皆さんも、ぜひともお試しくださいな♪

そもそもこの石けんを作ったのはですね~、お友達からおいちい酒粕戴きまして♪
この辺りでは、酒造りが盛んでないこともあってなのか、酒粕、と言うと板粕なんですよね。
使い方も「甘酒」くらいしか知らない・・・(爆
だけど、戴いた酒粕は酒造直産?のもろもろしっとりの酒粕!!
まだまだ日本酒の成分がた~っぷりと含まれているそうで♪
お料理に使う方法もいろいろ伝授して戴いたんですが、やっぱり最初の味見は甘酒作っちゃいました(^▽^*)ゞえへ
普段は甘酒自体イマイチ苦手で、作っても年に1回あるかないかなんですが、これがまた美味しーのっっ♪びっくり!
んでね、飲んでこれだけ美味しいのなら、体にもさぞかしいいことだろう・・・とお風呂に入れてみたら大正解!!でこの石けんが生まれたのです~^^
石けん作ったあとに、本題のお料理でも使おうとちゃ~んと粕漬け使ったのでご心配なく♪野菜漬けたけど美味しかったですよ>おねーたま♪

ではではレシピです♪


《甘酒石けん》

油脂:合計 500g
オリーブオイル 200g
米ぬか油 100g
パーム核油 100g
パームオイル 100g

精製水 100g  苛性ソーダ 62g(10%ディスカウント)
5分攪拌後、甘酒投入~
甘酒は、日本酒100gを鍋でわかし、アルコールがとんだ頃を見計らって
酒粕40g、生姜1片輪切り、黒糖を2片入れてよく溶かします。
火を止めて、生姜を取り除き常温に冷ましたものを使います。
水分量が多いかな?と思ったけど、全部入れてしまった~(笑
冬だからきっと乾燥することでしょう♪

その他のオプション:
スイートオレンジEO
ベルガモットEO
サンダルウッドEO
パチュリーEO

香り付けは、本を参考にしたので滴数表示しません~
お気に入りの柑橘系の香りがちょっとオリエンタルっぽくなって、
酒粕の香りに良く溶け込んでおります♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。