FC2ブログ

草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
え~っと。
そろそろ熟成間近になると言うのに、1ヶ月近くもなぜかサボり癖が付いて紹介していなかった石けんです(爆
自分を追い詰める為に、写真だけでもアップしてみたりして(写真だけかい!

・・・出来たら明日、紹介できたら良いなぁ・・・(^_^;)ゞ

* ** * ** * ** * ** * ** * **

・・といいつつ、中一日空きました(爆
1/26に作ったから、熟成完了予定日は2/23。
あと4日も経てば使えるというのに、私は何をしていたのやら。おほほ・・

さてさて、この石けんは、年末にお友達から貰ったローズウォーターを使いたくて作りました♪
ローズと言えば、モロッコ。(いえ、他にも原産国はトルコやフランスもありますが)
モロッコと言えば、ガスールクレイ!!
ガスールというのは、モロッコで採れる天然の粘土で、粉末状で販売されている他の粘土と違い、ちょっと赤茶けた土器のかけらのような素朴な形状をしています。
かつてのハーレムの時代から、モロッコの女性はヘナや様々なハーブと共にこのガスールを使い、ピカピカに自分を磨き上げていたとか♪
粘土のマイナスイオンが汚れを吸着し取り去る一方で、マグネシウムやカリウムなどの豊富に含まれたミネラル分が、皮膚や髪に潤いをあたえてくれて美容の効果抜群だそうです^^
石けんなどを使うと刺激が強すぎる敏感になった肌にも、安心して使える素材だとか♪(そこをあえて、石けんで使う・・^m^*)

きっとモロッコでも、ガスールをローズウォーターで溶いて使ったりするんだろうなぁ♪と
想像力をたくましくして、原産地繋がりの組み合わせで作ってみました^^
でも、両方ともさっぱり気味の組み合わせなので、なにか保湿となるものを追加したい・・と考えまして、
日の当たらない我が家の玄関でも、寒さに負けずけなげにがんばるアロエちゃんを採用~♪
きっと肌の上でも寒さに負けずにがんばってくれるはず!!と願いを込めて・・・☆
ガスールが赤っぽいので、緑の皮まで入れるとおどろおどろしい色になりそうで
今回は皮を剥き、透明なジェル状の中身だけを取り出して使いました(^_^;)
生アロエを使うので、酸化防止剤のROEも追加~
そしてローズウォーター繋がりで、ローズを強調するブレンドで香り付け♪

出来たレシピがこちら。


《アロエとガスールの石けん》 1/26作成

油脂:合計500g
オリーブオイル 100g
米ぬか油 150g
パーム核油 150g
パームオイル 100g

ローズウォーター 130g  苛性ソーダ 63g(10%ディスカウント)
攪拌5分後、アロエのすりおろし40g投入

オプション:
ROE 8滴
ガスールクレイ 10g
↑溶く用にローズウォーター 15g
ホホバオイル 大さじ1
ローズゼラニウムEO 40滴
パルマローズEO 40滴
ベルガモットEO 40滴

オプションのROEは油脂を湯煎に掛けるときに一緒に混ぜ込みます。
ガスールクレイは固形なので、ローズウォーターで溶いておき、
トレースが出てから混ぜ込みます。残りのオプションもトレース後。

ジェル化が甘くて白っぽい石けんになりましたが、表面がつるっとして見た目にも気持ちよさそうです♪
0313179[1].jpg

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する