草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/02/01(火)

ばあや石けん

この頃、私の周りでも子供を持つお母さんが増えてきました♪

石けんをプレゼントするときには、お子ちゃま用にもその時々に
手持ちの石けんの中から無香料のモノを選んで渡していたりもしたのですが。
最近、香り付きのモノばかり作っていたので、
ふと気が付いたらお子ちゃまの使える石けんが無くなっていました(^▽^;)ゞ

でね、それならそれで、お子ちゃま専用の、もちもち肌を更にもちもちにする石けんを作ろうと思いまして♪
生まれたてのベビーにも使える、優しい石けんを目指してみました(^m^*)

基本はやっぱりマルセイユ石けん!
保湿成分であるオリーブスクワランとグリセリンをたっぷりと含むオリーブオイルをメインとしつつ、
程良く泡が立ち溶け崩れにくい石けんです。
泡立ちを良くするオイルには、ココナツオイルよりも肌に刺激となる脂肪酸の少ないパーム核油を使いました^^
そしてその配合を少々アレンジして、オリーブオイルのほぼ半分をアーモンドオイルと置き換えてみました。
アーモンドオイルは、肌に馴染みが良く柔らかい肌触りになるためベビーにもオススメなオイルです♪
泡立ちもクリーミーになるので、洗っている最中もうっとり~^^
※このご近所では、ナチュラルアーモンドオイルというものしか手に入らないのですが、
スイートと比べて使い心地に変わりなく、そしてナチュラルの方がオイルの酸化が遅いそうですのでこちらを使いました~

更にスーパーファットで、すべすべの柔らかい肌を作るシアバターを入れ込みました☆

それでね、まだまだこれからも乾燥する季節が続くので・・
赤ちゃんにも優しい保湿剤を何か入れ込みたい、と考えまして。
刺激が無くて、いっちばん優しい保湿剤と言ったら、お母さんのお乳以上のモノはないでしょうね~♪
とはいえ、さすがにお乳の入手は難しいので~(爆
昔、母乳の代用品としても使われたというヤギのお乳をオプションとして使いました(*^o^*)

何度も使っている素材ですが、ヤギのお乳は、プロテイン・ビタミン・ミネラルを多く含み栄養価の高い食品で、
海外では古くからスキンケアに使われたりもしています♪
また、他のお乳と違って、病気の原因となる菌がほとんど存在しないために、
原乳のままでも飲める衛生的なお乳だそうです^^
近年の研究でも、ヤギ乳は母乳に近い成分を持っていることが分かっているとか♪

・・・ということはですよ、お母さんのお乳が出なかったら、
ヤギさんに直接口つけてお乳飲ませて貰っても良いわけで♪
その場合ってば、
ヤギさんが乳母・・→ヤギの乳を使った石けんは乳母石けん・・→乳母はゴロが悪いから、ばあやでどうだ~!!
と妄想が進んで、「ばあや石けん」と命名されました(≧m≦)ノシ

ではばあや石けんのレシピです♪


《ばあや石けん》 1/21作成

油脂: 合計500g
オリーブオイル 200g
ナチュラルアーモンドオイル 160g
パーム核油 90g
パームオイル 50g

精製水 175g  苛性ソーダ 62g(10%ディスカウント)

オプション:
ゴートミルクパウダー 大さじ1と1/2
シアバター 大さじ1

オプションはトレースの出た後に。
ゴートミルクはパウダーのまま混ぜ合わせて。
シアバターは湯煎でゆるめてから混ぜ合わせました~

いかにもミルクのような、優しい白の石けんが乾燥棚に並んでおります♪
0310486[1].jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。