草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社で皆が仕事の終わりに使う石けんは、1年くらい前からぽぽ作石けんです(^m^*)

というのも、会社にはお歳暮等で頂いたまま倉庫に眠っていた、使用期限切れの油が随分ありまして・・
困っていた社長の奥さんから、石けんに使えるなら使っちゃってちょうだい、と作成係に任命されましたの♪
会社用では、
☆なるべく期限切れの油をたくさん使うレシピにする。
☆でも、泡立ちよく・ぐずぐずに溶けてしまわない、手作りに馴れない人にも使いやすい石けんにする。
☆会社の経費削減(おお、経理らしい言葉!)・材料費はなるべく安く!!
を課題としております♪(^m^*)

そして、今回持ち帰った油はエコナ!!
エコナは菜種油・大豆油の混合油なのですが、両方とも酸化が早く、トレースが遅いのが難点です(汗
しかも消費期限大幅に過ぎてますしね~(^^;
なのでまずは、酸化防止剤のROEを混ぜまして。
ココナツオイルを100g追加、
そして経費削減・トレースを早めるために、ステアリン酸にご協力頂きました♪

ステアリン酸は、飽和脂肪酸なので、トレースが早く進みます^^
しかも使うのはとっても少量(大体15~20g)で済むのに、
カワチヤさんでは500g400円!と経費削減の強~い味方です♪
今までで一番ステアリン酸を使ったのは、
ハードオイル中のステアリン酸含有量+オプションとしてのステアリン酸
で、油脂全体量の6%だったので・・
すなお~に、今回、
(エコナ500g+ココナツオイル100g)×6%=36g
のステアリン酸を入れてみました。
純度90%なので再計算して、40gの使用です。

そしてオプションは、大豆油つながりで豆乳&きなこ(^m^*)
両方とも家にあったモノを使ったので、お財布にもとっても優しい石けん・・・になるつもりでした(爆

・・失敗談の前に、先にレシピを書いておきますと~


《会社用手洗い石けん》 10/3作成

油脂:エコナ 500g
   ココナツオイル 100g  合計 600g

精製水 110g  苛性ソーダ 81g+4g(5%ディスカウント)←手を洗うだけなので低めに設定~

オプション:ステアリン酸 40g
      ROE 10滴
      豆乳 100g
      きなこ 大さじ2

えと、まずはココナツオイルにステアリン酸を入れ、レンジでチンして溶かします。
いつもよりもステアリン酸の量が多いので、何度も様子を見つつチンを繰り返し~
ようやく溶けたオイルに、常温のエコナを混ぜると、
ステアリン酸が白く固まり逆戻り(ーー;
しかたなく、オイルをもう一回温めて、ようやくすべての溶けた状態の55℃に設定。
これ以上温度を下げるとまた固まってしまうので・・しかたなく苛性ソーダ液も高めの57℃でオイルに混ぜ混ぜ・・・
し始めたら、途端に固まってくるし!!!(泣
慌てて豆乳・きなこも混ぜ混ぜ。
水分が増えても凝固は止まらず、泡立て器は刺さったままはずれない!(号泣

泣いてても仕方ないので、温めれば少しは弛まろう&苛性ソーダがしっかり生地全体に混ざり合ったのかとっても不安だったので、急遽ホットプロセスに。
湯煎に使ったボウルを洗ったら泡だったし、手に刺激もなかったのでちゃんと石けんにはなった模様。
でも、安く済むつもりが、2時間も光熱費のかかった高価な石けんになりました・・・(爆

むーん・・・油もまだあることだし、次は5%でリベンジかっ?!
0310714[1].jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。