草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/02/29(日)

問題~♪

さて、何でしょう??( ̄m ̄*)
0309908[1].jpg

・・・の、答えは豆乳ローションでした~♪
当たった人には私の愛をプレゼント( ̄・ ̄*)ちゅ♪・・・って、いらない?いらない?とほほ~~ん

☆ ☆ ☆

発端は、旦那ちまとスーパーへ行ったときの事。
なんかあらぬ方向を見ている旦那ちま。
何を真剣に見ているのかしら??と思っていると、どうやら雑誌コーナーの健康雑誌の表紙が気になっていたよう。
「なあ、『豆乳ローション』って知ってる?」
(´・ω・`)ん?あのムダ毛を生えにくくするという?
「あのローションつけたら、ひげがちょっとは薄くなるのかなぁ?」
ひげの濃い旦那ちま、肌は頑丈には出来ていないので、ひげをまめに剃っていると肌がかみそり負けしちゃうんですよね。
「・・・なったら嬉しいなぁ」
ふふふふ、それは私におねだりと受け取っていいのかしら??

よっしゃ!珍しく旦那ちまからのリクエスト♪
作って差し上げますですわん!(≧ω≦)ノ
ワタシモツカエルシネ、フフフ( ̄m ̄*)
と、いうことで早速翌日ネットで作り方を検索。
見つけたのは去年の夏「スパスパ人間学!」で取り上げられたときの作り方。(リンク既に行方不明でした~T_T)

そうそう、豆乳ローションがムダ毛になぜ効果があるか、と言うと。
決して豆乳に直接、毛が生えにくくなる効果があるわけではないんですよ~。
ていうか。そうだったら、怖くて豆乳石けんで頭洗えないですよね(汗
豆乳(大豆)に含まれるイソフラボンが、女性ホルモン様物質として働いて、
男性ホルモンの働きを抑制することでムダ毛を抑えるのです~。

体毛が濃くなるのは、男性ホルモンの働き。
「毛深い」「ムダ毛が多い」のは、ホルモンバランスが崩れて、女性ホルモンよりも
男性ホルモンが強く働いている状態なのですね。
だから内側からも外側からも、女性ホルモン(イソフラボン)を多く取れば、
自然とムダ毛は薄くなる!だろう、と。

さて、ぽぽ流豆乳ローション。
レモンは皮の部分に光酸化物質を含むので、日に当たるとシミを作る恐れがあります。
夜だけ使うならいいけど、ひげを剃った後に使いたいなら、朝使うことが多いよねぇ?
安心して使いたいので、レモンの使用はやめて、クエン酸にしました。
レモン1個には、クエン酸が4g入っているので、↑の作り方で使用するのは2g。精製水に溶かします。

レモンを使用する理由は、クエン酸と大豆タンパクを化合させて余計なものを取り除くため。の他、
豆乳臭さをレモンの香りでごまかすため。と、ビタミンCも期待しているのかな?
ビタミンCは美白や、ローションそのものの酸化防止にも役立つしね。
なので、無水アルコールにエッセンシャルオイルを混ぜ、香り付けをしました。
アルコールにはオイルも溶けるのでこういう時便利♪ついでにROE(天然の酸化防止剤)も混ぜたりして♪
折りよくアルコールにヨクイニンを漬け込んだものがあったので、それを使用~
ヨクイニン(はと麦)には、いぼや皮膚のあれに効果があります♪
これだけ使えば、レモンの代用になるかしら??

で、使った材料はこちら。
作り方はスパスパを参考に♪

《豆乳ローション》

豆腐のできる豆乳 200cc
クエン酸 2g
精製水  40cc
無水アルコール(ヨクイニン漬け込み) 20cc
ROE 2滴
レモングラスEO 2滴

使うと、アルコールの収斂効果??
肌が潤うんだけど、しゃきっと張ったようになります。うう~ん効くかも・・・
これでひげもムダ毛も、薄くなると良いな~♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。