草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/30(水)

酒粕まっちゃ

このところ、オイル多種使用・オプション三昧の石けんの作成が続いたので。
構成はあくまでシンプルで、
台所で・庭で・洗面台で・と気兼ねなくざくざくどこででも(もちろんお風呂場でも!)
使える石けんが欲しい~!と思って作りました♪

場所を選ばないよう、香りは無し。
ささっと泡立ち 泡切れ良いよう、ココナツ多め+またまたお塩
(塩を入れると、泡切れが早い様に思いませんか??)
じゃんじゃか水にさらしても溶け崩れにくいよう、堅めに仕上げようとラードも多め。
・・・そして。
1日に何度も水を使ったり、ハードオイル(ココナツ&ラード)が多いと肌も乾燥しやすいので、
しっとり保湿のためにオプションとして酒粕をた~っぷりと使いました~ヾ(≧ω≦*)♪

では、レシピです^^

sakekasumattya0705.jpg

《酒粕まっちゃ》
5/23作成・6/20解禁予定

油脂:合計800g
ひまわり油 200g
ココナツオイル 300g
ラード 300g

精製水 180g  苛性ソーダ 119g(5%ディスカウント)
撹拌5分後、酒粕抹茶液を。
今回のメイン 酒粕は、50gを精製水100gと共に温め煮溶かし、
火を止めあら熱を取ってから抹茶塩20gを加えてよ~く混ぜます。
それを茶こしで濾して、滑らかな液状にしてから投入^^

オプション:
小豆パウダー 小さじ1


メインが酒粕なので、付随するオプションにも和の素材のものを使いました♪
塩は抹茶塩を。天ぷらに・お茶漬けに、と食べて美味しく頂ける抹茶塩ですが、
お肌にも美味しく効いて頂こうと思います(笑
原材料は、静岡産抹茶と伯方のお塩。
既に混じった状態のものをお土産で頂き、これまた流用~♪
なので構成比は分かりませんが、混ぜ込んですぐに抹茶の色が全然分からなくなって
しまったので、もしかしたら抹茶の比率は低かったのかも?
語呂良く抹茶混じりで命名しましたが、名前変えないとかしらん??f(^_^;;;
口に含むと、結構抹茶の香りが立つお塩なんですが・・・(爆

あ、話がかる~く脱線しましたが、和素材続きで
トレースが出たらおたまで2杯分位とりわけ、小豆パウダーを。
色のアクセントと、スクラブ代わりに 毛穴の汚れ落としを狙います。
よ~く混ぜた小豆生地と、素の生地をそれぞれ手に持って、
筒型にカフェオレ方式マーブルで型入れしました~♪


そして日は過ぎ、無事型出しも済んでカットして。
じっくりじっくり乾燥の日々を過ごしておりますが、未だ酒粕の香りは濃厚です・・・。
場所を選ばぬよう あえて香りは無しで作ったのですが、
このままでは甘酒の香りが好きな人でないと使えないものになってしまう可能性大!です~~~(大爆発


ぽちっとお願いします♪ →
スポンサーサイト
2007/05/23(水)

たっち最上級♪

たっちする回数の増えたぽーちんですが。

解放部屋と、隣接する立ち入り禁止区域(台所~)の間にはすのこを横に渡して、
うさ夫婦からは禁止区域が見えない様に(見えると飛び越えちゃうので^^;)
そして、私たちからは禁止区域に居てもうさ夫婦の動向が見える様に
ささやかなストッパーをかけています。

んでぽーちん、いつしか禁止区域自体にはさほど興味を示さなくなりましたが、
禁止区域にいる私たちの動向には興味津々!
(なんたっておやちゃいの出てくる台所ですから・笑)
ふつ~にたっちしても私たちが何をしているかは見ることが出来ないので、
ちょうど良い場所にある私の座椅子を利用するようになりました(≧m≦)
道具を利用することを覚えて、ぽーちん、進化の兆しか!?(≧m≦)(≧m≦)

台所に立つと、まだかまだかと熱心にたっちするぽーちんの顔が
すのこの向こう側からぴこぴこと見え隠れするのがかわええです♪

po-otatidai0705.jpg

ぽちっとお願いします^^ → 

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

去年の秋に作って人気だった ローズ・ローズ・ローズ に+α で、
夏バージョンのローズ石けんを作りました♪

roseroserose0705.jpg

ローズの実と花、そしてローズクレイを使ったトリプルローズな石けんが冬バージョン。
夏バージョンは、お友達からお土産で貰ったローズソルト(紅塩)をトップにちりばめて、
贅沢にクワトロローズな出来上がり(笑
もちろんトップだけでなく、石けん本体にも塩を混ぜ込んで
さらさらすっきりな洗い上がりが楽しめますヾ(≧ω≦*)
こちらの塩には、一緒にお友達に頂いたシチリア塩を使いました。
Nちゃん、ありがとね~☆(私信・えへ。
冬に比べて、泡立ち良く・軽く、でも冷房対策にココアバターを入れて、
乾燥もガードしようじゃないかと油脂アレンジ♪

ではまず、レシピです☆


《ローズ・ローズ・ローズ+》
5/12作成・6/9解禁予定・6/下旬(頃)発売予定

油脂:合計1200g
米油 500g
茶油 250g
ココナツオイル 250g
ひまし油 50g
ラード 100g
ココアバター 50g

ローズヒップティー 350g
苛性ソーダ 159g(8%ディスカウント)
撹拌5分後、シチリア塩20g+精製水90gで作った塩水投入

オプション:
ローズヒップ 大さじ1
ローズクレイ 小さじ1
ローズパウダー 小さじ1
パールパウダー 2g
ラベンダーEO 180滴
ゼラニウムEO 100滴
サンダルウッドEO 10滴
飾り用石けん 適量
ローズソルト 塊1つ
MPソープ(クリア) 適量


美白用に真珠も♪トレースが出たら、ローズパウダー・精油と共に混ぜ込みます。
よく混ぜたら生地を3つに分け、ローズヒップ・ローズクレイ・プレーン(?)と順に重ねて3層に^^

一番下の層がローズヒップ=野バラの実。
ヨーロッパでは古くからハーブの代表的なものの1つとして知られ、
利尿剤や下剤、あるいはニキビ・はれ物に効果があると古くから用いられてきたそうです。
ビタミンCがかなり豊富に含まれているので、しみ・そばかす・肌の老化防止に効果が有り、
更にベータカロチンもかなり豊富なので、肌荒れ防止にも役立つそうで♪
前回と色が違うのは、今回はミルサーで がががっと細やかな粒&パウダーにしたから。
量は加減したつもりですが、パウダーだとやっぱり濃いめな色遣いになっちゃいます(^^;
土台の役割だから、どっしり感が出てちょうど良かった・・かな?(汗
ミルサーで挽いた残りを、ローズヒップティーにして仕込み水に使いました♪

中層がローズクレイ
少し紫がかったピンクでとてもきれいな色のクレイです。
色がローズに似ているからその名が付いていて、
決してローズが入っている訳ではない・・と思うのですが、
なぜかほんのり良い香りがしていて 使うたび得した気分になります♪
優しく皮膚を浄化し古い角質を取り除き、くすみの解消を期待されるクレイです^^

ちなみに全体に混ぜたローズ(花)パウダー
女性のためのハーブ、とも言われる美肌の為に最高のハーブ。
損傷した皮膚の回復と沈静に働きかけ老化を遅らせ、
また、肌を滑らかにし、潤いを与え、浄化を促すと言われています。


3つ層にしたら、白い石けんを飾りにぱらぱらとふりかけ、保温。
保温終了後に、粗めに砕いたローズソルトを散りばめて、MPソープでコーティングしました♪

MPソープ、ずっと前にデザイン石けん作りたーい!!と思って手に入れてあったのですが、
今回ようやく日の目を見ることが出来ました(*^m^*)すっきり~♪


すっきりぽちっとお願いします♪ → 


2007/05/13(日)

団欒ちゅう^^

部屋をまるっと開放して、ふれあい時間を増やしたら。
ぽーちんが、たっちする回数が増えました(笑

アイコンタクトは、より間近でしたいようです^^


po-tatti0705.jpg

ぽちっとお願いします♪ → 

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

2007/05/11(金)

竹々石けん

定番石けんの竹々石けんです♪
黒一色はつまらないので、今回も少々アレンジしちゃいました(*^m^*)

tikutiku0705.jpg

詳細は、来週~☆

* * * * * * * *

竹々石けんと言いますか、トリプル竹石けんとでも申しましょうか・・・。

いつもは竹炭&竹酢液コンビで竹々石けんですが、
今回は 竹酢液が少なめだったので、竹炭&竹塩メイン(&竹酢液少々)で竹々石けんにしてみました♪

竹炭&竹酢液コンビの竹々石けんについてはこちらの 前編後編 で熱心に、
そして竹塩については こちら(大理石な石けん) にて説明しましたのでどうぞ合わせてご覧ください☆

塩入石けんは、ねちねちもっちりした泡が立ち、洗い上がりはさらさらすっきり。
でも後からつっぱることもありません♪
保湿の役割も兼ねた竹酢液の代わりに竹塩を使うことで、
夏にはちょうど良い石けんになったかな~?と思いまっす。

では、レシピです^^


《竹々石けん》
5/5作成・6/2熟成完了・6/中旬(頃)発売予定

油脂:合計1200g
オリーブオイル 480g
ココナツオイル 300g
パーム核油 180g
パームオイル 240g

精製水 370g
苛性ソーダ 169g(8%ディスカウント)
撹拌5分後、竹塩水投入 ←竹塩18g(油脂に対し1.5%量)+精製水50g

オプション:
竹酢液 10cc
竹炭 大さじ2
クレイ 大さじ2
ラベンダーEO 300滴
レモンEO 90滴
スペアミントEO 90滴
飾り用丸石けん 適量(大量?)


竹塩は、
いっちば~ん最初に作った時に2%入れて大量に斑入りの石けんになってしまった悲しい過去があるので
今回も1.5%で。精製水に溶かし、撹拌5分後に入れます。
余談ではありますが、
石けんに塩を入れ始めたのは、塩自体の効能の為ももちろんですが
以前読んだ 文献 で、『塩を入れるとけん化速度が向上する』とあったのも大きい理由です。・・・が。
以降、何度か作ってみたにもかかわらず 劇的にトレースが早くなったという覚えは無し。
かえって、遅くなっている様な気もします・・・。いずれも2%以内なのに。むむむ。
塩入石けん作られている皆様は、いかがでしょうか??どうぞ教えてくださいませー!

トレースが出たら、竹酢液投入&精油で香り付け。
精油は、通常は油脂に対して0.5~1%のほのか~な香り付けですが
竹々石けんの時は少々とはいえ竹酢液が入るので、カバーも兼ねて多少大胆な量を入れます。

よ~く混ぜたら生地を3:7位に2つに分け、7の方に竹炭&クレイ。
歴代の丸めた石けんをころころと入れた木型に、3と7を左右から注ぎ入れて模様を付けてみました♪
ころころ石けんで生地が更に撹拌されて、複雑な模様になった・・・様に思いま~す^^


ぽちっとお願いします♪ →
3姉妹シリーズ(!)、今度はインドハーブで作成しました♪

indoha-bu3simai0705.jpg

憧れのインドハーブを手に入れて早速作った石けん、チャンドラ石けんスーリア石けん
インドでのお手入れ方法に習って、数種のハーブをブレンドして作成♪
出来上がりは、さすが古来よりの伝承医学!!とでも言いましょうか・・・
ヘアケアハーブは、サラサラなのに髪の1本1本がしっかりと潤って、気持ちの良いまとまり感を。
そしてスキンケアハーブは、しっかりすっきり洗った!感があるのに、後々かさつき感のない洗い上がり。
それぞれに石けんのオプションとして使っても、ブレンドの妙をうっとりと感じ入る使用感となりました(*^m^*)
(※この2種は、お店で販売中です♪どうぞお試し下さいませ~^^)

となったら、単品使いではどんな使い心地を楽しませてくれるのだろう?と思うのが人情でして。
インド特有のハーブを、1種ずつ堪能できるセットにしてみました♪

今回使用のインドハーブはこちら。

■ニーム
ヘアケア・スキンケア・デンタルケアに・・・等々広く活用されるハーブです。
皮膚の殺菌・抗菌作用が強いので、湿疹や皮膚トラブル、かゆみ、ニキビ等に効果が。

■アンバハルディ
別名ターメリック(うこん)!
意外ではありますが、スキンケアとして広く親しまれています。
肌を柔らかくして、炎症を抑える効果が。
殺菌力が強く、産毛の発育を抑制、自然な漂白作用もあります。

■チャンダン
別名サンダルウッド(白檀)
お香の香りとして有名ですが、ヘアケア・スキンケアとしても威力を発揮します。
ヘアケアでは頭皮の炎症鎮静・保護、髪のつやに。
スキンケアでは炎症鎮静、日焼け防止、美白等に♪

まずはこの三種で♪
・・・でもまだまだ単品で使ってみたいハーブはたっくさんあるので、
この3姉妹はもしかしたら6姉妹、9姉妹になるかもしれませんヾ(≧ω≦*)←えっ?!(爆

では、レシピです♪


《インドハーブで3姉妹》
4/29作成・5/27熟成完了・6月中旬(頃)販売予定

油脂:合計1500g
ひまわり油 400g
太白ごま油 300g
ココナツオイル 300g
ひまし油 100g
パームオイル 150g
ラード 250g

精製水 180g+ココナツミルク(液状部分) 苛性ソーダ 202g(8%ディスカウント)
撹拌5分後、ココナツミルク缶の固まり部分をほぐして投入

オプション:
ニームパウダー 小さじ1
ハルディパウダー 小さじ1
チャンダンパウダー 小さじ1
レモングラスEO 30滴
グレープフルーツEO 120滴


やはりインドハーブには、ごま油とひまし油は欠かせません♪
更に インド=暑い国。のイメージで、固さしっかり・泡立ち多めの油脂配合に。
その代わり、保湿には気を遣ってココナツミルクをたっぷり1缶(400g)入れ込んでしまいました~☆
缶を開けたら液状部分をまず取り出し精製水と混ぜて、苛性ソーダを溶かす仕込み水に。
そして缶に残った固まり部分は、よ~く練ってとろとろ状態にほぐし、5分後に投入。
ハードオイル多め&ひまし油効果、そしてココナツミルク大量投入!なので
さすがにトレースが出るのはいつになく早かったです(≧m≦)

トレースが出たら、レモングラス&グレープフルーツで香り付け。
またまた一旦型に入れることで生地を3つに分け、
それをひとつずつボールに戻してそれぞれパウダーを混ぜ、型入れ直し。
このわけ方をすると、型に残った素の生地が周りの縁取りになって
まるで砂糖がけのような柔らか~い感じに出来上がるのでお気に入り♪
ジェル化して、水羊羹の様にも見える美味しそうな出来上がりでーす(*^m^*)


ぽちっとお願いします^^ → 
2007/05/06(日)

休日。

お休みも、突入してしまえば過ぎるのはあっという間で。

「お休みのうちにぜひこれだけは!」みちみちと濃縮した欲求を解消しようと
あれもこれもとばたばたとこなしているうちに、気が付けばもう最終日です(;^_^A

お出かけらしいお出かけはしなかったけれど。
ばたばたしつつも、子供達とはた~~~っぷり顔を合わせることができて、
充実したお休みだったと言えるかなぁ♪
・・・取りあえず、明日は一緒にごろごろして子供達に元気を貰う事にします(爆

kyuuzitu0705.jpg

ぽちっとお願いします♪ → 

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

2007/05/02(水)

朝ごはん~♪

久々に、みんなの朝ご飯風景♪

・・・ついでに、最近のご飯事情。
うさ達もカメ達も、小さな頃はペレット万歳!な食事をしていましたが、
徐々にペレット中心から野菜や牧草に重きを置くようになり
このところはすっかりヘルシー生活。
パパママよりも お野菜がっつりたんまり頂いて、
我が家の野菜庫は今や子供達のためにあるような・・・(;^_^A

うさ達は、
お食事メインは野菜と牧草。
野菜はかめちゃんずに合わせて貰って朝多め。
夕方は 人間のためのご飯作りの合間で余った野菜をころころと(爆
(「余り」であって「くず」の部分は捨てます)
牧草は常時たんまりと。
「何か欲しいな~」て顔をしていると基本的には牧草追加ですが
昼間だったら パパが庭から採ってきたアシタバやアルファルファ等になったり
夕方だったら ママが気まぐれに薬草にしたり・・・と
合間合間でいろんなおやつが彩りに入ります。
でも、おやつの中でもダントツはやっぱり夜の団欒のひとときのペレット!!
それぞれ4~5粒を手の中からうっとりした顔で頂きます(*^x^*)
パパママもそのお顔を間近でうっとり・・・(*^_^*)
今まで「おいで~」と言われても聞こえていながら無反応(爆)だったのですが
ペレットおやつの度に言い続けていたら、少しは反応する様になってきました(激爆

そしてカメちゃんずも、
小さな頃はカラフルなペレットしか認めない強情っぱりだったけれども
いつの頃からか野菜のみ生活に。朝だけがっつり頂きます。
最近は昼間、お外でわっせわっせと運動するのでお腹が空くらしく・・・
帰ってきてから 朝食べた野菜の切れ端を口にぶら下げて、
おかわりをおねだりしてみたり(爆
いろいろとアピールするものですf(^_^;

gohannmorimori0705.jpg


ぽちっとお願いします♪ → 

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。