草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/27(月)

Bath Salt

この2週間というもの、どんどんと冷え込んでお風呂の暖かさが嬉しい季節になってきましたね。


冬のお風呂はじっくりと時間を掛けて入りたいので、お供の入浴剤にも自然と熱が入ります(^m^*)
生姜や酒粕、柚子・みかんの柑橘類。豆乳牛乳ミルク類。
ハーブ他お茶類、はちみつ、ほんのすこーしのオイルたち。
わざわざ入浴剤と銘打ったものを買わなくとも、
台所にあるものでバラエティ豊かにお風呂の友を見つけることが出来ます♪

それでも何を入れようか迷った時。
我が家では、やっぱりお塩(と、重曹)が基本です^^
両方とも、血液の循環を良くすることで代謝を高め、疲れを取りやすくする効果あり♪

ついつい日常の気安さ、
お風呂に塩の入れ物ごと持ち込んで どさどさと入れてしまうのが常ですが、
先日粒塩を手に入れたので ちょっとおしゃれにBath Saltを作ってみました(≧m≦)

20061126203740.jpg

ピンクは、ローズクレイ。
ブルーは、ウルトラマリン。
グリーンは、よもぎ。
カラフルなパウダーを使うと、見た目にも楽しいBath Saltの出来上がり♪
ちなみに少量入れるだけなので、お湯の色は変わりませーん(笑
よもぎのパウダーは繊維がからみついたままだとうまーく発色してくれないので
茶こしでふるった粉だけを使います。
ふるうと、グリーンの色だけが下に落ちてくるのですね。
中でふるふると揺れる繊維が だんだん白っぽくなってくるのも面白い変化です☆

色に合わせて、香りもそれぞれ変えてみました。
ピンクは清涼感あるフラワー系。
 ラベンダーとゼラニウム、ティートリー
ブルーは爽やかに。
 シトロネラとスペアミント
グリーンは落ち着いた柑橘の香りで。
 スイートオレンジとグレープフルーツ、シダーウッド

日替わりで 楽しいお風呂の演出でーす♪


ぽちっとお願いします♪ → 

スポンサーサイト
腹天寝(笑

回し車の上でお腹を天に向けてお昼寝するのはぷりこにおける真夏の風物詩。
もし、それ以外の時期でこの光景が見られるとしたら
ぷりこが拗ねている時・もしくはイラついている時しかありません(--;;;


・・・ツンデレちゃん、地味~に地味~に続行中で~~~~~す(汗

haraten0611.jpg


ぷりこのお腹と思ってぽんぽんと叩いてくださーい♪

テーマ:プレリードック - ジャンル:ペット

usausa0611.jpg


このところ、作りたいもの目白押し!!で、
熟成までを考えると時期的にとっても遅くなってしまったのですが(爆
やっぱりイベント事ははずせない♪と、作ってしまったクリスマス石けんです☆
熟成して自分の肌で使い心地を確認して・・・の頃には
とうにクリスマスを過ぎてしまうことが分かり切っての作成・・・いわば自己満足の為なので、
思いっきり自分の趣味に走っちゃいました(*^m^*)♪

イメージとしては、雪景色、赤い飾りでドレスアップしたもみの木の間を
トナカイの代わりにサンタさんのお手伝いをして飛び回るうさぎ♪(説明ながっ!!
雪景色・・・なので、
地色は真っ白!を目指してオイル構成をして、オプションにも気をつけていたのに・・・
最後の最後にふと思いつきで入れた保湿の為のレシチンで、淡く黄色の地になってしまいましたf(^_^;
どうにもツメの甘い私です・・・(爆

あ、ちなみにオイル構成は、
米油・ココナツ・ひまし油で もちもちの大小取り混ぜた泡が思いっきりぷくぷく立って、
しかも洗い流したあとに茶油・マカデミア効果で手触りするする、
ココアバターの膜で乾燥ガード!!の予定^^(贅沢ぅ♪

オプションのココナツパウダー・シルク・レシチンは保湿のお手伝いに期待の持てる素材です☆

香りは、クリスマス → もみの木 → 樹木系の香り との連想ゲームで、メインを樹木系に(笑
落ち着いた中にも爽やかさのある香りになりました♪

では、レシピです^^


《うさぎのクリスマス石けん》 11/18作成

油脂:合計750g
米油 300g
茶油 100g
マカデミアナッツオイル 50g
ココナツオイル 100g
ひまし油 50g
ラード 100g
ココアバター(精製) 50g

精製水 265g  苛性ソーダ 96g(8%ディスカウント)

オプション:
レシチン 5g
シルク 2g
ココナツパウダー 大さじ1
シダーウッドEO 75滴
クラリセージEO 60滴
レモンEO 85滴
よもぎ 小さじ1
レッドクレイ 小さじ1
和風ケーキ石けん 1個


米油とひまし油のおかげで、むっちゃむちゃトレースまでの時間が早かったです(*^m^*)
トレースが出たら、レシチン・シルク・ココナツパウダー・精油を入れてよく混ぜ、
おたま1杯分ずつ2つの入れ物に取り分けて、よもぎ・レッドクレイをそれぞれ混ぜます。
それらをまた元の生地に戻して、泡立て器で一周ぐるっと混ぜたら型入れ。
寒天型(玉子豆腐型?)に流したら、
ケーキ石けんをクッキー型で抜いて5mm厚にしたうさぎをそっと乗せて出来上がり(*´艸`)むふ♪

サンタさんのお手伝いをする 賢いうさぎ、要りませんか~~~♪
・・・いっそのこと、早めにお店出ししてお迎えされた先で 熟成を待って頂こうかしらん?(汗


ご意見もぽちもお待ちしておりまーす(爆 →
2006/11/22(水)

ミスあんこ石けん

香りのリクエストがあったので♪
早々に作成、香りは 初代、作り方は 2代目 を踏襲の、良いトコ取り石けん(*^m^*)
えーと(汗)こういうときは、素直に3代目って言っていいのかしら?はて?

では、今回作成のレシピです♪


《ミスあんこ石けん 第3弾》 11/15作成

油脂:合計1000g
オリーブオイル 200g
米ぬか油 200g
太白ごま油 100g
マカデミアナッツオイル 100g
パーム核油 200g
パームオイル 200g

精製水 270g  苛性ソーダ 128g(8%ディスカウント)
攪拌5分後 搾り粕汁80g投入

オプション:
椿の搾り粕 20g
クレイ 大さじ1
ホホバオイル 大さじ1
はちみつ 大さじ2
ラベンダーEO 120滴
ティートリーEO 50滴
ユーカリEO 50滴


2代目で太白ごま油をマカデミアナッツオイルに全取り替えで使い心地が良かったので、
今回迷いに迷って結局半々で作成^^
これで私も、そして皆様も使い心地OK!だったらこれから変更なしで定番化決定です(*^m^*)

椿の搾り粕は、2代目の最大限効果取り込み方式で(笑
殻を剥いて中身をごりごりと粉末にしてトレース後に。(大体大さじ1位の量になりました^^)
そして粉末に為りきらなかった残りの中身はぐらぐらと煮立て、
火を止めたあと殻を入れて抽出したら、出来上がりの粕汁の色は
白濁しているものの殻の色があまり移らず茶が薄め。
なので、石けんとしての出来上がりの色も明るめの黄色になりました♪満足ぅ~ヾ(≧ω≦*)

missanko0611.jpg

3代目(って言ってるし・笑)もどうぞお楽しみにですー♪


楽しみな分だけ(*^m^*)ぺちぺちとお願いしまーす☆ → 
2006/11/20(月)

毎晩恒例♪

牧草争奪戦☆今晩も、始まり始まり~♪(*~m~*)

我が家では、昼間は足りなくなった牧草を追加するのみで
夜、トイレの取り替えやケージ周りを掃除しつつ
牧草も全取り替えするのですね。

追加追加・・・よりも、
やっぱり全部がNew牧草になると、がぜん食いつきが違います♪
喧嘩しないで、仲良く食べるんだよ~~~(*´艸`)

massigura0611.jpg


独り占めはダメよ!ぽーちんのおちりと思ってぺちぺちと叩いてくださーい♪

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

ただ今切り立て♪
好評を得て、またもや作成と相成りましたヾ(≧ω≦*)
作り方は、前回と全く一緒。オプションを全部練り練りして最後のトレースで加えました☆
前回ジェル化させて濃茶な色だったので、
今回ジェル化させなかったらどんな色になるだろう?とあえてジェル化させませんでした~(*^m^*)

aroegasu-ru0611.jpg

型出ししたら空気に触れたところから、どんどん写真の側面の色に。
カット面も、これは切り立てだから緑色っぽいけど
同じく側面と同様な色に変わっていくんだろうなぁ・・・
ジェル化させてもさせなくても、やっぱり濃茶な石けんになりそうです。
ローズをパウダーにしてたっぷりと練り込んだからこその この色だけど、
ローズティー&ローズウォーターと 水分としてローズを加えた1・2弾との色の差にあれれ?

ちなみの色比較↓

20061118114702.jpg

オプションの入れ方を変えたから色が変わるのは当然なんですが、
おミソの中では1・2弾の色のイメージが焼き付いているので見るたび不思議な気分になります(笑

皆様のお好みはどちらでしょう?
お返事によって次回(もう?笑)の取り入れ方を考ようかな、と思ったり(他人本位^^;

では、今回のレシピです☆


《アロエとガスールの石けん》 11/12作成

油脂:合計 1000g
オリーブオイル 200g
米油 200g
ハイオレイックひまわり油 100g
ココナツオイル 300g
パームオイル 200g

精製水 350g  苛性ソーダ 139g(8%ディスカウント)

オプション:
ROE(天然酸化防止剤) 15滴
濃縮アロエパウダー 2g
ガスールクレイ 20g
ローズパウダー 大さじ2
ホホバオイル 大さじ2
ゼラニウムEO 40滴
ラベンダーEO 70滴
ローズウッドEO 80滴
ベルガモットEO 40滴

オプションはすべて前回と同じ。
アロエパウダーは濃縮版なので、2gで400gのアロエジュースが出来ます。
なのでほぼアロエジュースで作ったのと同じ効果を期待です♪
そのアロエパウダーを、精製水の内から60g取り置いた水で溶かし、
出来たアロエジュースでガスールをふやかし溶かします。
完全にガスールが溶けたら、練りつつローズパウダーを混ぜ込み、更にホホバオイル練り練り。
この練り練りオプションを、トレース後に混ぜ込みました^^
ROEは、油脂を温める時に一緒に。

そして香りは、ちょっと変えちゃいました(爆
ローズに関連付けた香りにしようと、
いつもはゼラニウム&パルマローザに頑張って貰っていましたが、
ちょっとね、先日からローズウッド付いちゃってまして。
前回使ったパルマローザにも気分を明るくしたり、殺菌・解熱作用があったりと
優れた効果が期待出来ましたが、
ローズウッドにも同様に気分を高揚させる効果があり、更に老化防止に期待出来るそうでして!!
最近なぜか樹木系の香りを欲していて、オイルマッサージの折
ローズウッドを加えていたらお肌がちょっと気持ちいい感じに♪
どうやらローズウッドのこの老化防止作用で、肌が活性化して乾燥肌が潤っていたみたいです^^
なので、石けんでもこの気持ちよさを感じたい~☆と思いまして(≧m≦)
といってもいつもほんのり香る程度に入れるだけなので、
どこまで期待出来るコトやら。ですけどね(爆



思いこんだらプラシーボ効果?!ぽちっとお願いします♪

2006/11/15(水)

W竹々石けん

定番品ながら、いつもちょこちょことお遊びをしてしまう竹々石けん。
今回は、いつもの竹炭&竹酢液コンビの上に、竹塩&竹酢液コンビの石けんを乗せ
Wで竹々石けんにしてみました♪
ので命名、『W竹々石けん』!!。。。いつもながら単純な命名です(≧m≦)

Wtikutikusekken.jpg
※ウルトラマリンについては修正がありますので、ずずぃと下へどうぞ(爆
竹々石けんについてはこちらの 前編後編 で熱心に、
そして竹塩については こちら にて説明しましたのでどうぞ合わせてご覧ください☆

お店に竹々石けんの在庫はあるというのに、なぜ早々に作成したかと言いますと。
この石けんのいっちばん身近な(なんたって毎日顔会わせてますから・笑)ファンである
勤め先の会長奥さんに、お歳暮としてお渡ししたかったから♪
毎年毎年、お歳暮にはコレ!!と『麦工房のラスク』をお渡ししていたのですが、
いつも奥さんの口には入らず、お菓子好きのお孫さんへと流れていっていたのですね(^^;)
それはそれで良いかな~?と思っていたのですが、
気をつけて見ていると結構お菓子のお届け物は多く、しかもお孫さんはオトシゴロ。
ダイエットにも気を使う時期に入りかけているので
そろそろ違うものへ変換しても良い頃合いだろうな、と思いまして。
で、せっかくだからお渡ししたら確実に奥さんが使うものにしたい!!と考えて考えて・・・
やっぱり『竹々石けん』しかないでしょう!と結論付いたのでした♪ヾ(≧ω≦*)
今回も、倍量作って半分はお店に出す予定でっす♪

では、レシピです^^


《W竹々石けん》
◆黒部分・11/7作成◆

油脂:
オリーブオイル 300g
パーム核油 300g
パームオイル 150g

精製水 265g  苛性ソーダ 99g(8%ディスカウント)

オプション:
竹炭 大さじ1.5
クレイ 大さじ1.5
竹酢液 大さじ1.5
スイートオレンジEO 120滴
グレープフルーツEO 60滴
レモングラスEO 40滴
ウェディング石けん 丸めたのん40個ほど(3個だけ中身のマルセイユ石けん・笑)

オプションは、すべてトレースが出てから♪
このところ掛かりきりだったウェディング石けんの 切れ端が出る度にコロコロと丸めて置いたモノが
わりとたくさん出来たので、それもコンフェティとして使用しました。
黒一色な生地から飛び出してくる、ランダムな○が可愛いです(*^m^*)


◆白部分・11/8作成◆

使用油脂:黒と同じ

オプション:
竹塩 12g(油脂の約1.5%)
クレイ 大さじ1.5
竹酢液 大さじ1.5
ウルトラマリン 少々
ラベンダーEO 100滴
ひば油 40滴
思い立って・・・竹炭 少々

白部分は翌日作成♪オプションの中で、
竹塩は使用予定の精製水より一部抜いた水60gで溶かし、攪拌5分後に投入。
ウルトラマリンは、実験の為に苛性ソーダ液に直接溶かしてみました♪
最初はクレイにすり混ぜてトレース後に入れていたウルトラマリン。
その方法ではどうしてもダマが出来てしまうので、どうしたら良いものか・・と思いつつ
洗い物をしている時、水に溶けやすいことを発見!
んで、2~3回前の使用から
水に溶かして攪拌5分後に投入する方法で均一な色づけに成功していたのですね(*^m^*)
(ちなみにそれでも溶け残りはあるので、投入時にキッチンペーパーで濾しつつ入れます)
それで調子に乗って、今回は苛性ソーダ液に直接溶かし込んでみました!!
写真に撮った時は、良い方法だ~♪と喜んでいたのだけど・・・
やっぱりアルカリに負けるのか、出来上がりの発色は薄くなりますね(汗
水に溶かして攪拌5分後、が一番良い方法かもしれません・・(^o^;

あ、長々と書きましたが、オプションで上の二つ以外はトレースが出たあとに^^
ふと思い立って、生地を少々取り置いて型に流し込み、
残した生地には竹炭を混ぜて上からマーブル模様にしてみました♪
初の型入れ後マーブル・つまようじにて作成しました~(≧m≦)

20061112111249.jpg

竹塩&竹酢液の竹々石けんは、木型に入りきらなかったので 一部マーガレット型にて型入れ♪
こちらでは竹塩の使い心地をたーっぷりと楽しむ予定でーすヾ(≧ω≦*)


ぽちっとお願いします♪
2006/11/13(月)

昼下がり。

日向でまどろむうさ夫婦♪

うまいことアフレコできなかったので、
つらつらと写真を並べてみましたf(^_^;

otyanigosi0611.jpg

ケージの間から手を差し伸べての撫で撫では、
不自然な体勢になるので片手を入れるのが精一杯(爆

あぶれたぽーちんはつまらなさそうですが、
うまいこと手の下の場所を確保したちゅぴは
きらきらオメメでいつまでも撫で撫でを強要していました。
手がつるぅ~~~(大爆発


私の代わりに誰かぽーちんを撫でてくださーい♪ → 

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

ローズの実と花、そしてローズクレイをオプションに使ったトリプルローズ石けんです♪
写真は、カット1時間後。
今はこの写真よりも更に、空気に触れたことで色に変化が出てきて
全体的に鮮やかでいて、しぶ~いピンクがかった石けんになっています。
この色のまま熟成を迎えてくれたらいいな~(*^m^*)

ro-zuro-zuro-zu.jpg

今回は、丸型でも何か見た目に楽しいアレンジが出来ないかな~♪と思って
トレースが出た後、生地を二つに分け
1つは ローズヒップ
1つは ローズクレイ&ローズパウダー
とオプションも分けて混ぜ混ぜ。
まずはローズヒップの生地を先に筒型に入れ、後から勢いよく2つ目の生地を中央に流し入れたら、
クレイ&パウダー地をローズヒップ地が可愛く縁取りする2層の石けんになりました^^
さすがに奥まで届かなかったので、2個ほどはローズヒップのみの石けんになっちゃいましたが・・(爆
(↑写真右端の石けんです)
それはそれで全体からぷちぷちと粒々が顔を出して、可愛いから良いかなぁ?とヾ(≧ω≦*)

それぞれの効能ですが、
ローズヒップは野バラの実。ヨーロッパでは古くからハーブの代表的なものの1つとして知られ、
利尿剤や下剤、あるいはニキビ・はれ物に効果があると古くから用いられてきたそうです。
ビタミンCがかなり豊富に含まれているので、しみ・そばかす・肌の老化防止に効果が有り、
更にベータカロチンもかなり豊富なので、肌荒れ防止にも役立つそうで♪
以前パウダーを手に入れた時に、大量に入れたら
かなりマットなチョコレート色になってしまったので(その画像はこちら
今回はホール状のローズヒップを、ごりごりとすりこぎで小さな粒にして入れ込みました♪
見た目は今回の方が好みだなぁ~^^
んで、細かく仕切れなかった分は『もったいない病』が出てしまい・・つい、仕込み水として使用(笑
苛性ソーダを溶かしたら真っ茶色の液体になってしまい、またチョコ色か?!と危ぶんだのですが
無事、この色となりました。ほっ

ローズ(花)は女性のためのハーブ、とも言われる美肌の為に最高のハーブです。
損傷した皮膚の回復と沈静に働きかけ老化を遅らせ、
また、肌を滑らかにし、潤いを与え、浄化を促すと言われています。

ローズクレイは、少し紫がかったピンクでとてもきれいな色のクレイです。
色がローズに似ているからその名が付いていて、
決してローズが入っている訳ではない・・と思うのですが、
なぜかほんのり良い香りがしていて 使うたび得した気分になります♪
優しく皮膚を浄化し古い角質を取り除き、くすみの解消を期待されるクレイです^^

これらのオプションを使ったレシピが、こちら♪


《ローズ・ローズ・ローズ》 11/2作成

油脂:合計 800g
茶油 250g
米油 250g
パーム核油 150g
ひまし油 50g
ラード 100g

ローズヒップティー 280g  苛性ソーダ 101g(8%ディスカウント)

オプション:
ローズヒップ 大さじ1(すり切れなかった分を↑のお茶で使用)
ローズクレイ 小さじ1
ローズパウダー 小さじ1
ローズゼラニウムEO 40滴
ローズウッドEO 60滴
スイートオレンジEO 80滴


作り方は↑でも説明していますが、トレースが出たら精油で香り付けをした後、生地を二つに分け
オプションをそれぞれに入れ込み2層の石けんに仕上げました♪
ひまし油のおかげか米油のおかげか・・・表面がつやつやとしていて見た目も気持ちよさそうな出来上がりです^^


ぽちっとお願いします♪
ぷるぷる石けんが解禁を迎え、私の肌もOKサインを出したので、
お店にそれぞれの模様で7個ずつアップしました♪
冬ならではのオプションをたーっぷりと使った石けんですので、どうぞ手に取ってみてくださいねヾ(≧ω≦*)♪

また、一緒に秘蔵の石けん達もこっそりアップしました^^

14_1_16[1].jpg 一部♪


どうぞ皆様、よろしくお願いしま~す♪ → 

茶っぷりん♪・・・なんちゃって。(お・・・おやじぎゃぐ・・・^^;
あああああ。どうしても言いたくなっちゃったんです。ごめんなさいごめんなさい閉じないでーーーっ!!(自爆


てなわけで(;^_^A
茶油メインで、紅茶を仕込み水として使ったWお茶ぷりん石けんです♪
先日、浴用のぷりん石けん は作ったばかりですが。
ぷりん石けんは毎日お湯を追加するたびに違う表情を見せてくれるのが楽しくて、
1種作るとどうしても、2弾・3弾と続けてぐるぐると作りたくなってしまうのですね(爆
誘惑に勝てなくて、在庫の乏しかった会社の台所用を作ってお茶を濁したものの(シャレではありません^^;
やっぱりまだ物足りなくて、浴用石けんの在庫を作ってしまいました(笑
これでもう半年分位はあるはずだから・・作りたくても我慢しなくっては!!f(^^;;;

では、レシピです♪


《Wお茶ぷりん石けん》 10/27~仕込み

油脂:合計 400g
茶油 250g
パーム核油 100g
ひまし油 50g

第1回目アールグレイティー 400g
苛性ソーダ 53g(5%ディスカウント)

オプション:
既製ぷりん石けん 40g
はちみつ 10g

2回目~5回目お湯入れ アールグレイティー 400gずつ

tyapurin.jpg

第一回目からアールグレイを使って仕込みましたが、
残念ながらアールグレイ特有のベルガモットの香りも そして紅茶の香りもしていませーん。
色は正にミルクティー!!で美味しそうなんですけど・・・ね。うぅん残念。
でも紅茶にも茶油にも抗菌作用があるので、その効果に期待♪です^^


と、早々にぷりん石けんの紹介が終わってしまったので、茶油と言えばの閑話休題。
この茶油は中国産。すべての茶は中国が発祥の地ですし、今なおたくさんの銘茶が中国で作られているので、
茶油が中国で作られているのは何の疑問も無いのですが。
ふと考えてもみれば、日本で作られた茶油・・って、あまり聞かないですよね?
私の住んでる静岡だって、茶の名産地。すこーし山の方へ走れば、見渡す限りのお茶畑。
茶畑の合間を縫って通勤していた時期もありました。
・・・なのに。静岡産の茶油どころか、
茶油を作るはずの茶の実も、そして実を作るお茶の花も!私は見たことありませーん!!
茶の花ブレンドの緑茶や紅茶・・なーんてあったら絶対飲んでみたいのに!!

なんでだろう??と思って検索してみたら、お茶屋さんのHPに答えらしきものが載っていました。
かいつまんで言いますと、
お茶は、あくまでも葉がメイン。
花や実をつけると、栄養がそちらに流れてしまうのでお茶屋さんとしては歓迎出来る事態では無いそうです。
実や花ををつけない努力をしていても、それでも花が付いてしまう時は、
木が弱っていて次世代へ種を残そうとしている証拠。
・・・何にしても、花はお茶屋さんにとっては見たくないものなんですね(^^;
剪定すると花の付きは悪くなるそうなので、あのお茶畑独特のかまぼこ型に刈られた木は、
新芽を摘みやすくする為。と共に 花を付きにくくする為なのかな?なーんて思ったり。
数は少ないですが ヒットするお茶の花の写真は、ほぼ剪定していない木でしたっけ・・。

お茶の花は今が咲き頃!!
お休みの日には
椿に似た 真っ白い花弁の花を見る為、野生の茶の木を探しに行くのも良いな~♪なんて思いまっす。
そういえば 野生の木があるのは大抵お茶畑のそばなのだけど・・
もしかしたらその木は、お茶畑で出来た実がこぼれて育ったのかしらん?(^^;;;



ぽちっとお願いします♪


2006/11/05(日)

招ちゃんとおやつ

脱走名人なだけあって、意外と器用で頭の良い招ちゃん。

ちょいと肌寒い季節になってから庭に出ると、
ちゃーんと日向を追いかけて日向ぼっこ♪
時には片手片足を壁に預けて体がナナメになりつつ
いっちばん良い場所で体を温めたりしています^^
招ちゃんよりも日向を追いかけて欲しい福ちゃんが
日向を避けて日陰、日陰へと進むのに対して・・・ね(--;;;

んで、今の主な居住区である玄関では、
右に保温球(ひよこ球)・左に寝床の植木鉢・正面にブロック。で
三方を囲んだ熱の逃げにくい要塞を作り、
更にブロックに手をかけて、上面に取り付けた電球からの熱を一番近くに感じつつ
まさに最上級な状態でぬっくぬく♪
なーんて賢いんだ招ちゃん!(≧m≦)


しみじみ大人になったなぁ。。なんて思っていたところに
旦那ちまがおやつのたんぽぽ葉をそのレンガの上に乗せたら、両手をかけたままおやつを食べ初めました^^
その姿は、なんだかいきなりお子ちゃまみたい♪
あまりのギャップが可愛くて、カメラを構えたら「なんだよ。なんか文句あるかよ?」
招ちゃんから睨まれちゃいましたΣ( ̄□ ̄;;;

招ちゃん。子ども扱いはプライドが許さないようです・・・(汗


syouoyatu0611.jpg


雄々しい招ちゃんに一票お願いします♪ → 

テーマ:リクガメ - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。