草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/27(水)

においふぇち??

福ちゃん出したので、今回は招ちゃん。
てか、半分福ちゃん話題ですけどねヾ(@^▽^@)ノにゃはは

招ちゃん。
前々からパパの履物には執着しているようでしたが、
ある日こーんな格好で和んでいました。
出そうとしても、足踏ん張って思いっきり反抗!!Σ( ̄ω ̄;;;
気に入っているのね(爆爆爆

・・・パパのにおい満載であろう夏の靴。
ママは嗅ごうとは思わないけどなぁ~~~(^◇^;
                   きゃーパパ怒らないでっ

20060927195802.jpg

招ちゃんの嗅覚はおかしいと思う方、お願いしま~す(爆 → 

スポンサーサイト

テーマ:リクガメ - ジャンル:ペット

《ミスあんこ》に名前を変えてから第2弾、『落ち着け、私』でぐるぐるしていた石けんです(笑

P1010047.jpg

前回の写真と比べると外観が違いすぎて、「これが同じ石けんなの?」と激しく疑問に思われることでしょう。
はい。香りとオイルの一部を変えただけ(あ、あと飾りでマルセイユ石けんを刻んで入れましたが)で、
オプションはすべて第1弾とおんなじです♪
ただーし。メインの「椿の搾り粕」!!
これの取り込み方を強化してみました~ぁ♪ヾ(≧ω≦*)

以前にもご紹介しましたが、まず「椿の搾り粕」をおさらいしてみますと・・・(サトウ椿さんのHP参照)
髪のお手入れとしても有名な椿油は、種子をぎゅっと押しつぶして搾り取られます。
残った種皮と種核が「搾り粕」です。
椿油は種子中に35%含まれますが、採油されるのはこのうち25%程。
「搾り粕」の中には搾りきれなかった椿油が10%も含まれているのです!
椿油以外にも、種の中には髪やお肌の為になるものがぎゅっと詰まっており、
その中の1つが「ツバキサポニン」で、種核の中に含まれます。
油に溶けずに水で溶ける性質があり、水に溶けると発泡するので昔から石けんの代用とされていたそうです。
(ちなみにツバキサポニンは有毒なので、種を食べてはいけないそうです)

これをふまえて、いっちばん最初に石けんを作った時には
搾り粕の良いところをすべて取り込もう!と丸ごとごりごりとすり鉢で細かくし、
ふるいに掛けて細かくしきれなかった堅い殻の部分を取り除いた、粉末状にしたモノをトレース後に入れてみました^^
丸ごとのおかげか、洗いあがりの肌触りとしては これが一番私のお気に入りだったりするのだけど・・・
かた~い殻の部分がどうしても少しは入ってしまうので、肌への負担は少々掛かるように思えるのですね。
むか~し「アプリコット核のスクラブの洗顔料」なぞを愛用していた私には懐かしさ満載!!な石けんでしたが( ̄m ̄*)

そんな訳で、これ以降の石けんに搾り粕を入れる時には
まず搾り粕をつぶしてからぐらぐらと煮立てて粕汁を作り、仕込み水の一部として使う、
いわば「エキス使用」な使い方をしていました。前回の《ミスあんこ》もこの作り方です。

でも・・・ですね。
粕汁だけではどぉーーーっしても、まだまだ良い成分が出し切れていないような気がしてもったいない!!
どうしたら良いものか・・とずっとぐつぐつと考えていたのですが、ある日ふと気が付きました。
丸ごと入れた時に、問題になるのは堅い殻の部分。
だったら殻を剥いて、中身(種核)を粉にして入れ込んでしまえば良いんじゃないかと(爆
思いついてしまえば、とっても単純なことですよねΣ( ̄◇ ̄;;; あらまびっくり。

なので今回の使用方法は・・・
まず搾り粕を10g用意。
堅い殻を剥いて殻(種皮)と種核に分け、種核をごりごりとすり ふるいに掛けて粉末にしたモノをトレース後に投入。
甘皮部分は柔らかいので使ってしまえ~と一緒にすり下ろした為、ぽちぽちと黒い粒々のある石けんになりました(笑
そして殻にも、圧搾時に椿油その他の栄養分が吸い込まれていることでしょうから
ふるいに残った、細かく仕切れなかった種核共々煮立てて殻汁(?)を作り、仕込み水の一部としちゃいました♪
これでほぼ、搾り粕の有効利用が出来たことでしょうヾ(≧ω≦*)
出来上がりが楽しみで~す♪

では、レシピです♪


《ミスあんこ石けん 第2弾》 9/14作成

油脂:合計500g
椿油 100g
米ぬか油 100g
マカデミアナッツオイル 100g
ココナツオイル 100g
ラード 100g

精製水 120g  苛性ソーダ 67g(8%ディスカウント)
攪拌5分後、殻汁50g投入

オプション:
椿の搾り粕 10g(これより↑の殻汁作成)
クレイ 大さじ1
はちみつ 大さじ1
ホホバオイル 大さじ1(スーパーファット)
スイートオレンジEO 40滴
ラベンダーEO 70滴
シダーウッドEO 40滴
マルセイユ石けん 1個分

季節はこれから冬!!
冬には肌が潤う成分のパルミトレイン酸がたっぷり入ったマカデミアナッツオイルの石けんが欲しくなるので、
まずはお気に入りのミスあんこ石けんにて 太白ごま油と置き換えて作成しちゃいました♪
いろいろな面で出来上がりの楽しみな石けんです(≧m≦)


一緒にわくわくしてくださ~い♪
2006/09/24(日)

脱走犯。

・・・と、書いたら今回の主役はある程度予想がつきそうですね(笑

ちゅぴ、手術の翌日から徐々に食欲を取り戻し、
まだ抜糸までは気が抜けないながらも まずまずの療養生活を送っております。

食欲の無いちゅぴのご飯まで食べちゃったり
かくかくしたくなっちゃったけどちゅぴに嫌がられしょぼーんとしたり
たまーにありり?な行動もしちゃうけど
同居のぽーちんも一生懸命看護士さんの役割をしてくれています♪
ちゅぴにとっては、毛づくろいも嬉しいけれど
ふわふわもこもこであったかーい、ちゅぴ専用高級クッション(ぽーちんのことね・笑)に
体を預けていられる事が一番心地よいんじゃないかな?(*^m^*)

そんなちゅぴの写真を撮ろうとしたら、ぽーちんに
「病人は写しちゃダメ」とばかりに妨害されたので
うさ夫婦達の写真は、ちゅぴが完全に元気になるまで我慢する事にします(反省


てなワケで、本日の主役はこの方でーす♪(爆

20060924214122.jpg



脱走しそうになったらぽちっと押してください(笑

テーマ:リクガメ - ジャンル:ペット

食欲の秋到来!! ←食欲限定?^^;;
ケーキのような石けんを作りたくなって作成しました♪

スポンジ部分には卵黄を使い、さらしあんでマーブルに♪
小豆粒を想定して、茶と白で小さなコンフェティも混ぜました^^
もちろんケーキなので、その上にはホイップクリームをトッピング♪

卵黄で黄色に染まった生地に小豆色のマーブル、アクセントの茶と白の粒。
そしてよもぎで色づけしてグリーンに染まったクリーム!!
想像ではとっても色鮮やかな石けん♪・・・・のはず、でした(爆

すこーしだけ、スポンジ部分をしっとり見せたいな~と思って
緩やかにジェル化させよう、と保温調整したのですが・・・
オプションの卵黄とはちみつの相乗効果で、想像以上に保温状態が良かったみたいです(^^;;;
油脂にひまし油も入っていたので、更に透明感がっ(爆
結果。よーく目を懲らさないと、マーブルの分からない石けんになっちゃいました~~~

↓で思いっきり褒めて頂いたばっかりですのにねぇ・・・(泣

P1010006.jpg とほほーん。

えー、更に。
写真を見られた方は、「この凹部分、何?!」とお思いなことでしょう。

・・・ええっ!ホイップクリームですっ!!(開きなおりっ

ケーキのような石けんを作る為には、ケーキを作る腕が無ければ無理なようでして(爆
真夜中、眠い目をこすりこすりトレースが出てからも頑張っていたのですが、
なかなか思うような「つの」の状態までいかず。
眠気に負けて、ゆるゆるホイップなままで乗せちゃいました。
あとから考えれば、ゆるゆるならばゆるゆるなりの飾り付けもあったでしょうにねぇ・・
普段ケーキを作ったことのないだけに、アドリブが効きませんでした。とほほ。

反省の意味を込めて、そのままアップです。
次回は頑張るぞっ!!くくぅ(号泣


ではレシピです(T_T)


《和風ケーキな石けん》 

(スポンジ部分) 9/10作成

油脂:750g
米ぬか油 200g
ひまわり油 100g
ひまし油 50g
ココナツオイル 200g
ラード 200g

精製水 260g  苛性ソーダ 102g(8%ディスカウント)

オプション:
卵黄 L1個
ROE(天然酸化防止剤)10滴
はちみつ 大さじ1
クレイ 大さじ1
さらしあん 大さじ1
ベルガモットEO 80滴
グレープフルーツEO 40滴
ローズウッドEO 80滴

まず、38℃に温めた油脂を、割りほぐした卵黄のボウルに少しずつ注ぎ混ぜます。
ROEも一緒に混ぜてから苛性ソーダを合わせて攪拌します。
トレースが出たら、はちみつ・精油を混ぜ、おたまで1杯分取り分けさらしあんを。
残りの生地にクレイを混ぜ、さらしあんの生地を戻してマーブル模様に仕上げます。


(ホイップ部分) 9/11作成

油脂:500g
米ぬか油 300g
ココナツオイル 100g
ラード 100g

精製水 120g  苛性ソーダ 65g(8%ディスカウント)
攪拌5分後、牛乳50g投入

オプション:
よもぎパウダー 大さじ1
ラベンダーEO 80滴

トレースの出やすい米ぬか油で作成♪
トレースが出たらよもぎと精油を混ぜ、ひたすら「つの」状態まで混ぜ続けます。
・・・今考えれば、タンパク質が入ってるんですからアルコール入れれば
一発で「つの」状態まで持ち込めましたね。とほほほほ。

P1010007.jpg
残ったホイップで寂しく遊んでみました(爆


「頑張れ!ファイトだ!!」応援お願いしまーす(。ノxノ)


うふふ~~~
2つ↓の記事でもお伝えしましたが、「今日のアート石けん」に本日掲載されました♪

20060920123322.jpg

バンザーイ \(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/ キャァ♪

バンザーイ!! ★\( ̄▽ ̄ )/クル\(   )/クル\(  ̄▽ ̄)/★バンザーイ!!

ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ モヒトツヾ= ̄∇ ̄)ノ バンザーイ♪


・・・・ぜぃぜぃ(息切れ・爆

採用通知が来ただけでも嬉しさ大爆発!!でしたが、
実際に紹介されているのを見るのはまたまた格別な喜びがわき上がってきます~

直リンクはこちら♪



記念にこの2つの石けんは、『Wakuwaku石けん販売部』にて(少量ですが・汗)今夜発売を予定しておりまっす(≧m≦)
実は販売の為の撮影も、まだまだこれからだったりしますけどね(汗

喜びパワーでがんばるぞっ♪♪


お祝いのぽち。お願いしま~す♪ → 


9/20 21:58 追記。
ぜーはー。。。お待たせしました。お店にアップしました~♪
遅くなりまして申し訳ありませんでした~
また、嬉しいコメントもありがとうございます♪
明日お返事させていただきますねっ(*^▽^*)
ちゅぴの手術、無事っ!!終わりました~~~~っヾ(≧▽≦)ノ"
摘出した子宮には、癌も見られたそうです(汗)が、他への転移も見られず、手術自体も無事成功!!
麻酔からもすっきりと覚醒したちゅぴの、
「一体何があったの??」と不審そうながらきょとんとした顔を見た瞬間、
どっっっ!!と安心感が押し寄せてきました(>_<。)

皆さん、応援どうもありがとうございましたーーーーーーっ!!!

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

う・・・・・うひょーーーっ♪

石けん好きさんの集まる  の、
今日のアート」にて、私の石けんを紹介していただくことになりましたっ!!
会員登録をした折から、憧れの「ハレ」の場だったので、
むっちゃくちゃ嬉しいです~~~~♪ヾ(≧ω≦*)

掲載は、9月20日(水)時間未定

どうぞ皆様も、見てくださいませ♪
むふふ・・・画面キャプチャーして、記念にとって置かなくては♪(←記念写真好き・爆

掲載予定の石けんは こちら になっていましたが、はてさてどちらが採用される事でしょう^^




連絡のあった昨日はコーフン冷めやらず。
思わず何をしたかというと・・・

P1012859.jpg

まだまだ先の話なんだから・・・落ち着こうね、私(爆



お祝いクリックお願いしま~す♪
皆様、ちゅぴへの応援ありがとうございますーーっ(≧_≦。)

手術はまだこれからですが
おかげさまでちゅぴの容態は安定していて、
病院以来血は出ていないようです♪
野菜は入れれば入れただけもりもり。
ぽーちんと奪い合ったり、追い掛け回したり・・
あなた、病人(うさ)よね??と聞きたくなっちゃうほどに元気です^^
心配していた貧血にもならず、お口はいつもピンク色♪
(お口の色が薄くなったり紫になったらピンチです・汗)
早くこのまま手術の日よ、来てーーーーっ!!(≧人≦)

それでは、経過報告でした。
もう少しの間、どうぞ応援よろしくお願いしますm(_ _)m

20060913230338.jpg


応援のぽち、お願いしま~す♪

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

2006/09/11(月)

大理石な石けん

P1012851.jpg

お友達(というより、お世話になってる方^^)から、韓国土産で竹塩を頂きました♪

《竹塩とは?》
韓国では古くから民間療法として使われてきた伝統的なお塩です。
かつてお寺では代々の秘宝として珍重され、一般の人の手には入りにくい物だったそうです。
天日塩を青竹に詰め焼く製法を最高9回も繰り返すことで、竹塩は竹のミネラル分が豊富に含まれ、
調味料としてはもちろん、万能薬や慢性病の治療薬、また美容にも良いと今なお重宝されています。
お風呂に一掴み入れれば、簡単デトックス。汗をびっしりとかき老廃物を取り去り、体の芯からぽかぽかに!
また、洗顔料に少々混ぜて使えばくすみをとり、つるつるのお肌に生まれ変わるそうです♪


頂いた竹塩は、韓国語のみなのでまったく読めませんが、いかにも高級そう!
いそいそと早速お料理に(*^m^*)
お料理は、塩1つ取ってもずいぶん味が変わるもので。
このお塩を使うようになってから、シンプルな塩もみもおにぎりも、ぐん!と格が上がって美味しくなりました♪
・・となると、美容面でも活躍させたくなるのが人情でして(笑

まずは調整ラードの石けんで試作。
塩を入れるとトレースの時間がぐっと省略されると以前読んだ文献に書いてあったので、
油に対して2%の量を攪拌開始直後に粉末のまま投入。
・・・すると。
トレースの時間は劇的には変わらず。
その代わり、トレース後に塩の周りから急速に石けん化が早まったようで、斑の大量に入った石けんになりました(--;;;
しかもかちこちに固く、カットはことごとくひび割れ。
塩の入った為、泡立ちも控えめに・・・。(海水で石けん使おうとすると泡立ち悪いですものね^^;;;

と、ちょっと悲しい目に遭ってしまったので、2回目は反省点を生かし、
・ 塩は1.5%。仕込み水から50g取り分けた水で溶かし、攪拌開始5分後に投入。
(液体の為良く混ざり、斑が入りにくくなる♪)
・ ソフトオイルを多めに入れて、硬さ調整。
 でも塩の所為で泡立ちが弱くなる為、栄養満点ながら泡立ちの良いこめ油をメインに。
・ 泡立ち目的のオイルも多めに。
と考慮してレシピを組みました♪

メインが竹塩なので、コンビとして竹炭でマーブルを。
さっぱり目な使用感にくわえて、メンソールクリスタルでひんやり感を追加^^
更に見た目も涼しげに、クレイにウルトラマリンを混ぜてほんのりと青みが掛かった地色の石けんに仕上げました♪

では、レシピです。


《大理石な石けん》 8/12作成

油脂:合計1000g
オリーブオイル 210g
米ぬか油 400g
パーム核油 240g
ラード 150g

精製水 350g  苛性ソーダ 130g(5%ディスカウント)
攪拌5分後、竹塩水投入(精製水50g+竹塩15g)

オプション:
メンソールクリスタル 30g
クレイ 大さじ1
ウルトラマリン 少々
竹炭 小さじ1
レモングラスEO 30滴
レモンEO 30滴
ゼラニウムEO 60滴


トレースが出たら、メンソールクリスタルを入れ溶かします。
更にウルトラマリンを混ぜ込んだクレイ・精油を入れよく混ぜてから
おたま1杯を別容器に取り分け竹炭を混ぜ、戻してマーブル模様に仕上げます。

反省点を生かしたおかげで、カット滑らか・泡立ち程良いさっぱりとした石けんが出来ました♪
名前が思いつかなくて、大理石のような見た目から(仮)名にしてしまったけれど・・
さて、どんな名前にしようかな?(^^;;;


名前募集中で~す♪ →


** 9/14追記 **
(仮)名でいましたが、愛着が湧いてしまいまして・・♪
お名前決定!!「大理石な石けん」のままでいっちゃいまーーすっ!
大理石に肌をぴっとりとつけた時のようなひんやり感を、どうぞこの石けんで感じてくださいね(*^m^*)
作るだけ作って紹介しないうちに、熟成期間が終了していましたf(^▽^;;;
そんな石けん2種、まとめて紹介します☆

* ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** *

アロエとガスールの石けん、第3弾♪
1弾2弾と引き続くにつれ、手に入りにくいオプションはびみょ~に変化してきました(爆

アロエはパウダーで
ローズウォーターもローズパウダーに。

すこーしずつ変更はありますが、使用感は変わらぬ出来上がりです☆
ガスールを溶かしてから良くすり混ぜたからか、ジェル化させたからか
1弾・2弾よりもかえって肌あたりはマイルド、かな?^^
色は濃く仕上がってしまうので、見た目にちょっと可愛さが足りませんが・・・(^o^;;;
せめてハート型やマーガレット型で作れば良かったかしらん?(滝汗

では、レシピです☆


《アロエとガスールの石けん》 8/5作成

油脂:600g
オリーブオイル 100g
米ぬか油 100g
ハイオレイックひまわり油 100g
ココナツオイル 200g
パームオイル 100g

精製水 170g+ローズウォーター30g  苛性ソーダ 84g(8%ディスカウント)

オプション:
ROE 10滴
アロエベラパウダー 1g
↑溶く用に精製水40g
ガスール 15g
ローズパウダー 大さじ1
ホホバオイル 大さじ1
ゼラニウムEO 50滴
パルマローザEO 50滴
ベルガモットEO 50滴

アロエベラパウダーは、1gで200mlのジュースが出来る濃縮粉末です♪
今回使用した仕込み水は合計で240g(粉物オプションが多いので、水少々多めにしました)なので、
ほぼアロエベラジュースで作ったのと同じ計算に(*^m^*)
保湿としては申し分ないことでしょう^^
一応ジュースが生ものなので?天然酸化防止剤のROEもオプションに追加。これは温めたオイルに加えます。
話が前後しますが、そのアロエパウダーを精製水で溶き、その水でガスールをふやかしすり混ぜます。
更にローズパウダーを入れ練り込み、ホホバオイルを入れ更に練っておきます。
トレースが出たら、↑の練り練りオプションを入れ、精油も混ぜて型入れです♪

・・・こめ油が入ったので、トレース激早20分!
ちと慌てて混ぜ込んだ為か、石けんに起泡が出来てしまいました(T_T)しょぼーん。

P1012854.jpg

ぽちっとお願いします♪ → 
血尿出しました(T_T)

ぺこの病院通いの記憶も真新しく、
今までお世話になった先生ですが、まだまだ顔を合わせるのは辛いので
(病院へ続く道はいまだに通れません・・)
うさぎ(+ぷり)の治療がしっかりと出来る病院を他にも探しておかなければね。
・・なぞと言っていた矢先の出来事で、かなり焦りました。

最初は、8/28の朝。
トイレの掃除をしようと覗き込んだら、
食べ物由来とは思えない赤みを帯びた色のしみがありました。
しぐさから、最初はぽーちんか?と思い様子を見て貰っていたのですが、
その後ご飯ももりもり食べ、しっこの色も普段通りだと聞いて
安心しつつも念のためネットで評判の病院を検索・・・。
ここ数年、ずっと1つの病院でお願いしていた為に病院探しも久しぶりでしたが、
改めて信頼出来る病院を見つけるまでの難しさをひしひしと感じました。

そしてその夜。またもや赤みを帯びたしっこ!!
ひっくり返して確認したら、ちゅぴでした(_ _;;;
もう既に時間は遅く、取りあえずその赤が血かどうか調べる為に
薬局へ行って(人間の)尿テスターを購入。
潜血反応+++ あきらかに血の反応が(T_T)

女の子の血尿の場合、腎臓膀胱関係の疾病以外に子宮関係の病気である事も
考えられるそうなので、次の日(29日)ピックアップした病院へ電話する時に
・今まで血尿を出したうさぎを治療した事があるか。
・うさぎが♀であることを伝えた時に、
 避妊手術の有無を確認し、膀胱以外の疾病を指摘するか。

をチェックした上で旦那ちまが連れて行ったのですが・・・。
いざ連れて行ったら、尿検査のみで「膀胱炎」との診断でした。

でもその日の夕方、血尿とはあきらかに違う鮮血を!!
翌日(30日)、思い切って遠方の病院まで行ってきました。
その病院は、前日私が電話した時に受付の動物看護士(AHT)さんからして
子宮疾患も念頭に置いた検査をする事を教えてくださっていたのですが、
ちゅぴがドライブに慣れていないので連れて行くのを躊躇していたのです。
が、私も会社を休めたので、
旦那ちまが運転手。私がちゅぴなだめ係兼ナビ。で、強行軍に!!

結果。
血尿ではなく、子宮からの出血との診断でした(T_T)
レントゲンでも影が見えないので癌の可能性は低く、
おそらくポリープが出来破裂して血が出たのでしょう、と。
うさぎは子宮疾患にかかることが多いので
健康で体力のある2歳までのうちに避妊手術を受けた方が良い。と言われていますが、
多いとは言っても疾病にかかる事自体「まれ」だと思っていました。
返って、開腹や麻酔による事故の方が怖いものだと。ホルモンバランスも崩れそうだし・・。
が、先生曰く、3歳過ぎで発見されないまでも
子宮疾患に掛かっていない子の方が「まれ」だそうです!

かかる確率はなんと9割以上!!
麻酔も、事前の検査さえしっかりしていれば取り立てて難しい事では無いそうです。
長い時間掛けてあれこれと伺ってきましたが、
勉強していると自負していても、先生の話は目からウロコの話が多かった・・。
まだまだこれからも、一緒に暮らしていく為に学ぶ事は多いのでしょうね。

その場で予約してきたものの、ちゅぴの手術(子宮摘出)はまだ少し先。
ちょっと不安ながらも、この晩以降、ちゅぴの出血は小康状態。
貧血にならないよう日々のご飯に気を付けつつ、手術の日が待ち遠しく感じます。。。

20060906081932.jpg

ちゅぴに応援のぽち、お願いします!!

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。