草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も残すところあとわずか。

いつもお世話になっている野菜市場の店長さんは、
「今年は35日まで頑張るよ~~~」と
張り上げすぎて涸れ涸れの声でおっしゃっていましたが、
私もなんだかもっともっと年末が続く気分でおります・・・(汗

さ~~て。今年のお正月は無事、我が家へやって来るのでしょうか??( ̄m ̄;;;;
まずは、見栄えがちといい程度にはお掃除を始めなくてはね(滝汗
ぷりに、自分のお部屋以外のトコも手伝ってもらえたら良いなぁ♪(笑


皆さん、今年も本当に、本当にお世話になりました。
来年もどうぞ、私ともども『草食ファミリー』と、
そして『草食ファミリー購買部』とお付き合いよろしくお願い致します^^

   それでは、良いお年をお迎えくださいませ~♪(≧ω≦)ノシ
060310263[1].jpg

* * * * * * * * * * * * * * * 

ようこそ「草食ファミリー宝物箱」へ♪
ご訪問頂きまして、どうもありがとうございます!!

増えに増えた子供達を紹介しようと、2003年2月14日より別サイトにて日記を始めてから早3年。
親ばかっぷりを発揮して、その記事既に1000件以上にもなりました!
ごちゃごちゃと見づらく、かといって削除するだけの勇気もなく(親ばか・・汗
HPに移動を始めてみたものの、誰の話題か分かりづらくなってきてあえなくダウン(爆

よ~く考えた結果、
カテゴリー別に整理が出来て便利なこちらをお借りして、地道にじりじりと移動することにいたしました♪
カテゴリー分類の恩恵にあやかって、一端は別日記に引っ越しした石けんの過去レシピも移動しようかな~♪と^^
取りあえずの目標は、この記事・・・2005年年末までの移動です(滝汗

しばらく昔のお話が続きますが、どうぞよろしくお願いします(*^o^*)

牧草屋さん、石けん屋さんもご来店お待ちしております♪
スポンサーサイト

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

実はコレ、2重に「何やってんだーっ?!」なことなのですが(笑

液体石けんは、苛性カリと油脂を反応させて「液体石けんの素」を作り、必要に応じて水で希釈して使います。
固形石けんではわざとアルカリを減らし気味にして未反応の油脂を残すことで、肌当たりの優しい石けんとします。
が!液体石けんは水を更に増やして使うので、固形石けんと同じように
潤い分として未反応の油脂を残してしまうと、その油が水と反発し合って分離して見た目が少々悪くなるのですね。
そのため、液体石けんはアルカリと油脂をきっちりと反応させて、
余分な油脂もアルカリも残らないように作ります。
成功すると、つやつやぺかぺかクリアで宝石のような透明感のある石けんの素・・ひいては、
希釈した時もうっとりするほど透明な石けんになります。
潤い分は後から、希釈する水と一緒に水溶性の潤い成分・・例えばグリセリンやハチミツを加えることで補います。
だから、ココで油を加えたら、せっかく見た目が綺麗になるように・・と気を配って
アルカリ計算をした意味が全くありましぇ~ん!!

そしてまた。
油脂にアルカリを反応させてけん化の終わった状態になった後にまた油脂を加えることを「スーパーファット」と言います。
石けんの中にその油脂がほぼそのままの状態で残るので、少量で高い栄養価があり、
肌にすんばらしい効果がある油脂はこの方法を使うことがほとんどです。
例えば、ホホバオイルやシアバター、ローズヒップオイルにアボカドオイル・・・
大抵そういうオイルはとってもお高いので、お財布にも優しい方法です♪

んで、ひまし油は。
高い保湿効果を持ち、大きな気泡力のある石けんを作ります♪
また、アルカリと反応するとまっさきに石けん化する為、他の油脂もそれに引き込まれてけん化が早まり、
石けんを作る際に時間がとっても短縮されるお役立ち油脂なのです^^
ただ~し!ひまし油を入れた石けんは、とても水分を引き込みやすい石けんになるのですが、
ひまし油単体は更に水分を引き込みやすい!
ので、ひまし油を油脂の状態のまま残そうとスーパーファットにすると、
すぐにぐずぐずになる石けんになる為向かない、と、手作り石けん界の神様とも言われる前田京子さんも
『オリーブ石けん・マルセイユ石けんを作る』という本でおっしゃっています。
これで「ひまし油はスーパーファットしない」というのは定説になっているのですね~
0314080[1].jpg

少々遅れましたが、皆さんメリークリスマ~ス♪

今年も旦那ちまにケーキ1ホールプレゼントして貰い、元気にフォークのみで挑みました♪
ほぼ独り占めして、とうとう明日で食べきります!!
ああ、先週に引き続き大満足な1週間・・・お腹いっぱいです。むふ~( ̄ω ̄*)

子供たちにもメリークリスマ~ス♪
うさ達は夜もオメメぱっちりなので「パパママからプレゼント♪」とアルファルファキューブを差し入れです^^
早寝のぷりこには、朝起きてびっくり♪の為に枕元にそっと置いたつもりだったのに・・なぁ・・f(^^;

03188012[1].jpg

テーマ:プレリードック - ジャンル:ペット

2005/12/23(金)

今日明日は・・・

お仕事です(爆
でも、年末に向かい事務所仕事も一段落終え、
ほぼ電話番 兼 注文待機の為に座っているだけの状態になったので、お掃除屋さんも来ていることだし
(会社に隣接している社長宅・・いや、会長宅がお掃除お願いしているので、
そのついでで事務所も床と窓はお掃除して貰えるのん♪)
綺麗になりついでに明日は早めに他の場所の大掃除も済ませてしまおうかな~♪と思っております。

とは言ってもB型の私の大掃除、ぜ~んぜん大掛かりではありませ~ん!!(爆
単純明快、こ~んな感じですませてしまいます♪ → 「大掃除には・・(前・後編)
今年は更に、取れにくい汚れにはプリン石けんがあるからどんと来い!!うひ。
ちなみに、ココで説明しているクエン酸に洗浄効果・抗菌作用を強化し、
お子ちゃまにも好まれやすい爽やかな香りをつけたモノがお店で販売している『きれい』です(*^m^*)

さてさて、宣言したことだし、明日は頑張ってお掃除するぞ~~~~!!
・・・これで自分を追いつめたな、と。( ̄▽ ̄;;; はっはっは
2005/12/21(水)

竹ひば石けん

0314077[1].jpg

プリン石けんのアップばかりでしたが、固形石けんも年末にしては着々と作成しております♪

今年はな~んと!!バレンタインの石けんも既に準備態勢!
てのはですね、毎年、年末年始は忙しさにかまけて石けんを作らないのですが、
年が明けてほっと一息ついた頃・・・というと、大抵バレンタインまで残すところあと1ヶ月!!
毎回毎回うっきゃ~~状態で駆け足作成にはいるのですね。
しかも1種類じゃつまらんので2種は作りたい!!ので余計にばたばた(^◇^;
さすがにトリ頭の私でも何年か続けると学習能力が出来てくるというモノでして・・・
今年は余裕の作成に入ってみました♪
とは言っても、指折り数えてみればバレンタインまでは後2ヶ月。
熟成に1ヶ月少々掛かって使用感確かめてラッピングして・・・の時間まで入れたら、
これでちょうどぎりぎりな期間なんですよね~
月日の過ぎるのは早い!!早すぎる・・・(爆

しみじみと感慨にふけりつつ、バレンタイン作成第一弾は、既に恒例となった「竹々石けん」のアレンジ版♪
竹酢液の代わりに翌檜香(あすなろこう)を使った、「竹ひば石けん」です~~~(*^m^*)

え~、「翌檜香」というのはですね、日本産の精油である「青森ひば精油」を
『水蒸気蒸留法』で抽出する際に、副産物として出来るものです。
『水蒸気蒸留法』というのは、まず大量に集めた植物に蒸気を通し、蒸気にその植物の効能をたっぷりと含ませます。
蒸気が冷えるとまた水に戻り、また、蒸気に含まれた植物の恵みの成分(濃縮液)である精油は
水よりも軽い為、水の上に浮かびます。この上澄み部分を取ることで精油抽出完了!
そして、この水の部分を『蒸留水』と言うのですが、これだってただの水ではない!!
精油ほど強力なものではありませんが、水溶性の植物の恵みが
この蒸留水にはた~~っぷりと溶け込まれているのです♪
・・て、私の説明だとおおざっぱすぎて分かりにくい?(滝汗
まぁとにかく、「ひば精油」を抽出した際に出来る『蒸留水』が「翌檜香」なので~す♪

「翌檜香」の効能は、精油に準じて抗菌・殺菌・防虫・消臭・脱臭・芳香・・・と幅広く。
あ、香りは正に森林浴!な香りです。しかも和製精油の副産物だから、
日本人には一番馴染んでいる香りではないかな?と思います。
小さな頃から野山を駆け回って遊んでいた旦那ちまには、と~っても落ち着く香りらしく、
一度手に入れてからは無くてはならないものの1つとなりました^^
ええ!だ・か・ら♪
バレンタイン用石けんに翌檜香、なのです(*ノxノ)きゃっ
石けんも旦那ちまに気に入って欲しいな~と作成です!!(力説

ではレシピ♪


《竹ひば石けん》 12/12作成

油脂:合計1000g
オリーブオイル 400g
ココナツオイル 400g
パームオイル 100g
ラード 100g

精製水 200g  苛性ソーダ 145g(8%ディスカウント)
攪拌5分後、翌檜香 150g投入

オプション:
竹炭 大さじ1強
クレイ 大さじ2
牧場の花・2色レイヤー・EXVオリーブ石けん 各1個(モザイク用)

オプションはすべて強めにトレースが出てから。
黒っぽい石けんなので、面白味に欠けるかと石けんを1cm角のサイコロにカットして混ぜ込みました♪
色とりどりの石けんがランダムに現れて、可愛らしい外見です^^


石けんただ今販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 
2005/12/20(火)

番外編。

子供たちから離れて、結婚式記念日の話題です♪

先日、12月の16日は、結婚式の記念日5周年でした~^^
え~、なぜわざわざと太字にしたかというと、
我が家は入籍が8月で式が12月と、ちょっと日付が離れているので、
結婚のお祝いが2度出来るので~す♪なんてめでたいヽ(*^▽^*)ノ
(お祝いでケーキ食べられる日が増えるから・・なんてコスイ考えでではありませんよ、ええ、全然!!爆)

んで、記念日。
「スイート10ならぬスイート5だね~♪何でお祝いしよっか?
スイート5・・・スイーツ5で、ケーキ5個?!わくわく・・」
なぞと言いつつも、1週間後に控えたクリスマスには
既に恒例となったケーキ1ホールをフォークにて挑む!イベントが待ち構えているので、
今回はお祝いケーキの購入を我慢したのですね(おっとなぁ~)

そうしたら・・・♪
しっかりと旦那ちまのお母さんが、お祝いにケーキを焼いてくれてました~ヾ(≧▽≦)ノ"
この間の日曜日にまるっと1ホール頂いてきまして。
(ちゃっかりと別に、お家で味見の2カットご馳走になったりしてます♪)
このチーズケーキを平らげた頃には、クリスマスがやってくる!!
今週は私にとってゴールデンウィークで~す♪

03188446[1].jpg

テーマ:日記 - ジャンル:ペット

いい加減にせいよ。な話題ですが。(私ってそんなんばっかり?爆)

↓で作成したピーナツ油の浴用石けん。
毎日振り混ぜても、周りに透明な茶色い液体がにじみ出してしまいます・・・
しかも、その中身はまるでピーナツバターのように!!
作成時から日が経つと、粘質高めというよりも粘着質と言った方が良いサマに(--;;;
振ってもなかなか混ざってくれずに、入れ物の形に固まった物体が上下左右へと動くだけ!

んもう!と、癇癪を起こして、
洗濯用のプリン石けんが後少々しかなかったのを良いことに、水を足し更にアルカリも足し、
その残っていた洗濯用プリン石けんの中に混ぜ込んでしまいました!!
やっぱり私は、のんびり者に見せかけたせっかち屋さんなのかもしれません(^^;)ゞ

それでですね、洗濯用石けんは、お掃除にもとっても使える石けんなので♪
(だってね~、換気扇の汚れ・・プリン石けんだと面白いように取れるんだもん!
1回目塗りつけると油と混じってヘドロ状で取れてくるから、それはキッチンペーパーで拭き取っちゃって、
2回目はスポンジで泡立ててから洗うと、もうツルツルぴかぴかな洗い上がり!!すっごく短時間で済んじゃった♪)
大掃除用に多めに作っておきましょう♪と、またもや実験かねて作成。

今回は、どこが失敗の種なのかを確認する為に
□成功前例のあるコーン油を使って
□もちろんアルカリ多めで(洗濯用だからね)
□糖質をハチミツで
□加熱インスタント式で

作成してみました~~~。

中間はしょって、結果だけ言いますと。
■トレースの出やすさを狙って入れた糖質。は、やっぱり必要な物らしい!
が、ハチミツでは効果がどうやら薄いみたい(--;
4回目お湯入れ時までは下層サラサラの分離状態。
だったら・・と砂糖を追加したら、しっかりもったりした生地になった!
てか・・・今更ながら気が付いたけど、ご飯の代わりに粘質を出すものを、て考えで糖質使ったんだから、
火を加えた時にサラサラになっちゃうハチミツ使ったらサラサラ状態なの当たり前?(大爆発
お砂糖だったらベッコウ飴になるもんねぇ・・・粘度出るわさ(T_T)あぅー

■加熱インスタント式は、二層になり易いようだ。
1回目トレースが出たかに見えた生地は、2回目のお湯入れで二層に分離。
3回目、4回目と頑として二層のまんま。砂糖で修正が効いた~


あ。二層って言い方はおかしいかな?
成功していても、作ってる最中は泡立て器で立った泡と生地とで二層になったように見えるの。
でもね、その場合は1日経てば泡が消えて、均一の生地になっている。生地自体に弾力があるしね。
それに対して、失敗している時は・・
生地の下層はサラサラ。
上層部分は泡立て器で出来た泡と、脂肪の塊のようなモロモロが混じったモノになってるの。
もちろん泡が消えると、下層透明なサラサラ、上層脂肪のようなモロモロ、の二分割。
一回作るとこの違いは分かりやすい、と思う・・。

そして!もう一つ加熱インスタント式で確認!
1日1回お湯入れでのんびり作る時は、生地はぷるぷるで透明感がある。
そう、外見は『くず餅』そっくり!!
だけど、一気に1日で仕上げてしまう加熱インスタント式では、生地の出来上がりは固い!
加熱する分水分蒸発するのんか?そして、透明感が無くマットな仕上がりになる。
どちらかというと、1日1回の~んびり時間をかけて仕上げたプリン石けんの方が、見た目も使い勝手も好みだなぁ~

ということで。
次回こそ、アルカリ少な目(過剰油脂)で、お砂糖使用の1日1回のんびり方式。で、浴用石けん成功して見せま~す!!

0314078[1].jpg

追加。
◆てことは、分離した状態の浴用石けんそのいち。にもお砂糖足したら混ざるかなぁ?とも思うんだけど・・
この生地、何度もいじくり倒しているからこのまま使い切っちゃおうかなぁ・・と思っております(^▽^;
◆あまりに頻繁な実験なので、ここで結果を~♪
浴用石けん第3弾。米油で5%ディスカウントで作成して、1日1回のんびり方式。
無事、成功しました~♪やはり1日置いて、生地がぷるぷるになったのを確認してからでないと次の湯を入れちゃいけませんなぁ・・。
うひ。ようやくの成功品♪使うのが楽しみ~(*^m^*)


最近、ぺこちん出てませんでした! あ、福もだ(爆

ので、少々前のぺこちん~~
反省したはずなのに、ちょっと目を離すとやっぱりぽーちんとこに挑発しに行くのは変りませ~ん(--;;;
それとも愛しのちゅぴに会いに? でもぺこちん、ちゅぴは君のお母さんだからね・・・(滝汗

03188246[1].jpg

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

2005/12/15(木)

今年は

ぷち発情気味でも、基本的には甘えんぼ。

去年までは突如として衝動が抑えられなくなるのか、
甘えていたのが突然手に飛び掛ってきたりもしたのだけれど
今年は、じっと下を向いて、衝動が収まるのを待つ努力をしているようです。
さすが来年の春で5ちゃい!!大人になりました^^

じっと我慢した後の、パパの抱っこは格別らしい♪

03188105[1].jpg

テーマ:プレリードック - ジャンル:ペット

2005/12/11(日)

ふふふ。

↓で作った浴用プリン。
一週間様子を見守った結果、スポンジに取った際の泡ぶくぶく加減はとても良いものの、
見栄えの悪さで人様(って身内だけど。お年賀に使おうと思ったの~^^;)にプレゼントするのは断念。
責任持って自分で消費することにしました。ある意味独り占め?なんちゃって。とほほ

んで、このまま終わるのはとってもくやちかったので。
早々にリベンジかましてみました~♪
今回はひまし油使わず、ピーナツ油のみ。細かいぷくぷくの泡立ちのみの石けんを目指します。
レシピはこちら♪


《浴用プリン石けん~リベンジ編》12/9作成開始

油脂:
ピーナツオイル 300g

苛性ソーダ 38g(5%ディスカウント)

オプション:
プリン石けん 50g
ハチミツ 大さじ1

1回目熱湯:ラベンダーティー
2回目熱湯:ラベンダーティー
3回目熱湯:バジルティー(フレッシュ)
4回目熱湯:ローズマリーティー(フレッシュ)
5回目熱湯:ローズマリーティー(フレッシュ)


今回も加熱インスタント方式で。
1回目を朝作成し、そこそこのトレースが出たところで終了。
ことある毎にぐるぐると混ぜつつ様子を見て、良い感じだったので夕方2回目のお湯入れ+加熱~
・・・したら、またもや下層さらさら・上層油の固まったようなつぶつぶ状態に(--;
翌朝まで様子を見ても、その状態は変わらず・前回の二の舞になりそうな気配満々!!(大泣
それは避けたい・・と予定を変更し、3回目お湯に苛性ソーダを2g追加。
ディスカウント率を5%から2%程までにあげてみました~
油が浮いた状態なのだから、その分のアルカリを追加してけん化させちゃえば良いのよね(^▽^;

んでその3回目。
苛性ソーダ入り熱湯を混ぜて、10分攪拌後火を入れましたら・・がつん!と劇的に粘性が上がり、
いきなりプリン石けんらしくなりました~ヽ(≧▽≦)ノ
4回目・5回目と駆け足で当日中に仕上げちゃいましたが、粘度高めのぷるぷる状態を保ったままです♪
うむむ・・・過剰油脂の多い状態だと、プリン石けんはプリンらしくならないのか?!
まだまだ謎が多いです・・・

この件に気をよくしまして、前回のひまし油プリン石けんにも苛性ソーダを加えて
ディスカウント率を上げてみました。液体だとリバッチも簡単♪うひひ。
・・・しかし、上層のつぶつぶが、冷えても滑らか状態にはなったものの、
二層なのは変わらず・下層はさらさらのままでした。そううまくはいかないものですねぇ(爆

んで。
今回リベンジをかましたのがちと粘性高め。前回のはさらさら2層。
なので、両方混ぜたらちょうど良いのでは?!と思って、
今回2:前回1 の割合で少々取り分け、混ぜ合わせてみました~
作成2日後の本日12日。程良く粘性アリの、分離せず状態♪
泡立ちはまだまだ熟成させてからの様子ですが、
これは前回のプリンも活かせる良い方法かもしれません♪(*^m^*)

あ、そうそう、今回リベンジ単品の、本日の様子。
入れ物の中で見事に固めのプリン状。で、ハチミツを入れた時の固形石けん同様、
固まった周りに茶色の液体がにじみ出ています(爆
振れば混ざってしまうものの・・それはそれは不思議なサマです・・・
0314770[1].jpg

2005/12/09(金)

さて。

新ケージに移った招ちゃん。

ケージに移す前に4、5日ほど置いてある工夫をしたのだけど、
どうもカメちゃんずのお口は変形「へ」の字・・文句言いのお口に見えちゃいまして。
招ちゃんが気に入ってるのかどうか謎です(^^;

・・・あの。文句言ってないよねぇ???

03188617[1].jpg

テーマ:カメ - ジャンル:ペット

先週の土曜日に作り始めた浴用プリン石けん。
当日のウチに3回目までお湯入れして、今朝様子を見てみたら・・・・
二層に分離していました(-_-;
んで、混ぜ込んで少々火を入れ、あっためてから4回目のお湯を入れましょう・・としたら。
過熱しているウチに、プリン状からとろみのついたカスタードクリーム状になり、
湯を入れたらさらっさらの状態にまでなっちゃいました。とほほ
1時間経った今はまだ、カスタードクリームかはたまたポタージュか?!てな状態。
今日はこのまま、ヒマを見つつぐるぐる混ぜ込んで均一のプリン状になるように養生しま~す。
5回目まで時間をおいて、なおかつ熟成まで1ヶ月あるのでまだまだこれから挽回は可能のはず。

しかし・・・こうなってみると、1回目の後、水分の少ないウチに時間をおいて
アルカリと油(脂肪酸)の結びつきをしっかりさせておけば良かったなぁ・・。
水分が多くなれば多くなるほど、結合は時間が掛かるからね。
1日で出来るなんて、便利だねぇ♪と、生地の様子もろくに注意を払わず
一気に3回目までお湯入れしてしまって、ちょっと先を急ぎすぎました(爆
「加熱インスタント法」って便利だけど、2回目のお湯入れまではしっかり1日以上時間をあけて、
トレースが出るまで待ってからにした方が良いみたい。

やっぱり最初は肝心。
旦那ちまによく「のんびり者のくせに、変なトコでせっかちになるんだよな~」と言われるけど、
今回は身にしみました。くぅp( ̄^ ̄*)
1つおベンキョになった月曜の朝でした・・・(爆


*** 結果報告 ***

結局。月曜日・火曜日と、熱湯入れた後も念入りに。
ヒマを見つけた時間もぐるぐる。
そして、けん化促進の為念入りに加熱。
した生地は。
・・・・時間が経つほどに、さらさら度が増していきましたΣ( ̄□ ̄;;;
しかも、手を加えないとすぐ2層に戻っちゃうし。

くぅ。失敗か~~~なぜなぜ~~??
とがっくりきてたのですが、はっ!!と気がついて2層になった下層部分、
なぜかむやみに透明感のあるそのサラサラ液体をスポンジにとって、
わしわしと泡立ててみたら思いっきり良くぶくぶくに!!
そう!!石けん、ちゃ~んと出来上がっていました~~~っ!!
その理由は・・油脂の一部にひまし油使ったので、
ひまし油の性質で火を入れれば入れるほどに透明感を増し、そしてサラサラ液体の石けんになったという・・・
上層の白色部分は、過剰油脂でした・・・。
もっと早く気がつこうよ、私(爆

なので、白色部分をなくして全部を透明液体にするには
過剰油脂をけん化させる分のアルカリを加えればいいわけで・・・(^◇^;
でも、せっかくマイルドな石けんを作ろうと思ったんだから、
このまま1ヶ月熟成させて使っちゃおうかなぁ?と考えております。

廃油で作るプリン石けん。
新しい油で作った時は、外見は全く変わらなかったけれども
過剰油脂を残し。食用では入るはずのない(下剤だからね)ひまし油を入れたことで、意外な変貌を遂げました。
誰も一目見てプリン石けんなんて思わないだろう!!わはははは~(爆

教訓。
ひまし油入り石けんは作成注意・・・(大爆発
2005/12/04(日)

ストーブの主。

いや、番人か?!
ぷりこの居る時に一緒にあたろうとすると、問答無用で寄りかかってきて体の支えに使われます。
場所代を取られているのかしらん?(^_^; 


この写真を撮る前、ぷりこってば招ちゃんのケージに両手をついて背中をあっためてました♪
それがむちゃくちゃ可愛かった~~~!!((o(≧▽≦o)(o≧▽≦)o))
残念ながら、カメラを構えたらお手々離しちゃったので、おちり燃え(萌え?)写真をアップ。

最近写真撮ってなかったら、カメラ構えると露骨にイヤな顔をされちゃいます(--;;;
ぷち発情気味で、毎日ご機嫌も麗しくありませ~ん!
ちょっと気に入らないと、威嚇でお口くわ~しちゃうの。そんな写真もなぁ・・
ご機嫌直ったら、写真バシバシ撮ってモデル稼業にまた慣らさなければ・・・!!

03188201[1].jpg

テーマ:プレリードック - ジャンル:ペット

0314111[1].jpg

さて、廃油で作るプリン石けんにどんどんアレンジを加え、とうとう浴用プリン石けんの作成に入っちゃいました(笑
もちろん体も顔も頭も安心して洗えるよう、本来の栄養価がたっぷり詰まった未使用の油を使い、
程良く過剰油脂を残して、肌に優しいオプションもたっぷりと詰め込んだ石けんでございます♪
出来上がりは、市販のボディーシャンプーよりもちょっとだけとろみが強いかな?程度になる予定なので、
日頃石けんに馴染んでいない方でも抵抗無く使って貰えるかしら~ん?(*^m^*)

廃油のプリン石けんは、出来上がってから1~2年ほどで分離し、
酸化臭が強くなって使えなくなってしまうそうです。
浴用プリン石けんは・・過剰油脂を残すから酸化はもっと早くなるだろうし、
直に体に使うことを考えると使用期限は更に短く見積もって置いた方がいいのかな?
プリン石けん自体作り始めて1ヶ月。酸化がいつから始まるのかは、まだまだ先のことなので確認出来ませ~ん!(爆
普段作る固形石けんよりも水分量も多いし、冷やすよりも温める方がいい製法だし。
酸化の条件が固形石けんより多そうだぞ。むむむ。
そう考えていくと、今回考えたレシピで固形石けん作っておいて、
一回ポンプに入れる分ずつ削って湯で溶かしてジェル石けんにして使った方が長持ちするんでは・・・?Σ(゜ω、゜)
とかいう結論に達してしまいそうなので、プリン製法だからこそのプリン石けん!!でこのまま突っ走っちゃうことにします!!
その代わり、アレンジ加えるのはここでもう打ち止め(A´▽`;;;
考えると堂々巡りになっちゃいますのでね・・・。おほほほほ。
今回作るのがうまくいったら、周りの人たちに配って早々に使い切って貰っちゃいましょう~(゜ω、゜)ノ
少しでも酸化を遅らせる為に、天然酸化防止剤のROEも混ぜましょか・・。

では、今回のレシピです♪


《浴用プリン石けん》 12/3作成開始

油脂:合計300g
米ぬか油 80g
太白ごま油 150g
ピーナツ油 20g
ひまし油 50g
(オイルの分量計ったらROE 18滴 滴下)

苛性ソーダ 37g(5%ディスカウント)

オプション:
プリン石けん 30g
ハチミツ 大さじ1

1回目熱湯:カモミールティー
2回目熱湯:カモミールティー
3回目熱湯:ローズマリーティー


オイルにいろいろ使っているのは、米ぬか油にしようと思ったらホンの少々しか残っていなかったので・・・(爆
米ぬかで足りない分ごまにしようと思ったら、ごまも足りずにピーナツ追加。
ぜ~んぶキメ細かいぷくぷくの気持ちいい泡の出る石けんになる油なのだけど、
ここまでまぜこぜになったらひまし油も入れておっきな気泡力もつけちゃいましょう♪と。わははは~

オプションのプリン石けんとハチミツは、前回と同じトレース早く出す為&保湿の為。
今までのプリン石けんの製法と同じく、オイルあっためたらこれらを入れ、
顆粒のまま苛性ソーダ混ぜてから熱湯入れてしゅわしゅわぶくぶく作っていきます♪
熱湯をハーブティーにしたので、色は濃く、香りふんわか♪ハーブの効果も期待です^^
んで・・・ヒマを見つつ、お鍋で作って『加熱インスタント法』で行っているので、
午前中から作り始めて3回目まで終わりました~
でも、火を入れるたび生地がさらっさらな状態に戻っちゃうので、
なんとなくけん化がちゃんと出来ているのか心配になっちゃって、今日は3回目まで。
冷えればトレース出るから、大丈夫なんだろうけどね。
4・5回目は来週の予定~♪うまく出来るかな?^^


覚え書き~。4回目はローズマリーティー、5回目はカモミールティー♪
0314613[1].jpg

プリン石けんにかまけて紹介が遅れていましたが、そんな石けんも作っておりました。
日付は11/26。先週の土曜日。
そう!会社でプリン石けんと固形石けん作ったら、なぜか俄然やる気を起こしてしまいまして、
お家に帰ってもう一個石けん作っちゃったのですね~(笑
旦那ちまのお友達も遊びに来ていたというのに、そして夜中の既に12時近くだというのに。
やる気というのは歯止めの利かない物でございます…(爆

え~、そんな慌ただしい中作った石けんは、エキストラバージン(EXV)のオリーブオイル100%の石けん。
通常石けんを作る時のオリーブオイルは、ピュアオイルが使われます。
オリーブオイルで作った石けんは酸化しにくく、
長く置けば置くほどに使い心地が良くなる。と言われているのだけれど、
◎オリーブの実搾りたての、オリーブオイルの中では最高品質であるEXVは、
精製したオイルの割合の多いピュアオイル(ピュア=精製オイル+EXV)を使うよりも
未精製であるだけ酸化が早い。と言われていること
◎オリーブのトレースは遅い。けれども、EXVはピュアよりも更にトレースが遅い(--;
◎そして、EXVはオリーブの実の色そのままの、グリーン(または黄)がかった石けんになる。
反面、ピュアは真っ白な石けんが出来るので、どんな色づけも思うがまま!

等の理由で、なんとな~くEXVは避けられがちなのですね。
とはいえ、世界中で根固い人気のオリーブ石けんでもEXVを使った石けんは数多く、
そして他の油に比べれば酸化はしにくいと言えるので、あえてピュアでなくEXVを使う!という方も多いようです。

私は普段使い勝手の良さでピュアオイルを使っちゃうのですが、今回なぜEXVなのか?と言いますと。
ず~っとず~っと前…おそらく2年ほど前になりますか…
お友達に、EXV100%の石けんを戴いたのですね。
んで、長く置けば置くほどに良い!と聞いたので、ず~っと石けん保管箱の片隅にしまいこんでいまして。
ふと思い出し、もう良い頃合いでしょう!と使い始めたのが空気の乾燥し始めたつい最近。
これがまた、むっちゃくっちゃ良かったのですよ~~~o(≧▽≦o)(o≧▽≦)o
しっかりと固い感触の石けんから、細かいぷくぷくとした気持ちのいい泡…!
これがオリーブか!!と目からウロコでした!!

んで、そ~んな気持ちいい石けんを、私も作ろう♪と思いまして…
思っていて思っていて、ピュアオイルの在庫があったのでなかなかにEXVオイルの購入に踏み切れないでいて…
ようやく先週の中頃、手に入れていたのですね♪
今回はそのオイル、まるっと1本916g(1L)で作成しちゃいました。
これだけ作れば、あげ魔の私でも1個位は2年後くらいまで残っているだろうと(笑
では、レシピです♪


《EXVオリーブ石けん》 11/26作成

油脂:
オリーブオイル 916g

精製水 150g+ローズウォーター 170g
苛性ソーダ 113g(8%ディスカウント)+ステアリンけん化分 3g
油脂を温める際、ステアリン酸30g追加

オプション:
パールパウダー 2g

今回はオリーブの良さを実感しよう♪とオプションはなるべくシンプルに。
とは言っても、ローズウォーターとパール使ってるんで、
むちゃむちゃ豪華な使用感だと思いますです(*^m^*)♪
単価的にもね。うひ~
ついステアリン酸を入れちゃったので、トレースまで30分ほど^^

にしても今回使ったこのオイル。
ほのかに温めただけなのに、とっても良い香りが漂って、お腹がきゅるる~☆と動くほど(笑
お食事用にもぜひ欲しい~♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。