FC2ブログ

草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
0314917[1].jpg

土曜日に作り始めたプリン石けん。
本日、すべての工程が終わりました~♪

今回は、最後までお鍋で作成です。
なぜか??
・・・それは、会社にはお風呂が無いから~~!!(爆
空いてるペットボトルも無かったし(笑
会社には折り良く、廃棄寸前のお鍋が転がっていたのでそれを拝借しました(^^)v
臨機応変にガツガツ作っていきますですよ♪( ̄m ̄*)

昼間会社の台所は日が差して暖かい・・とはいえ、さすがにこの時期、さむ~い夜をお風呂に入らず乗り越えた生地は、拗ねて(?)泡だて器で混ぜるのも抵抗するような、プリンよりも固め・・そう、くず餅のような弾力あるぷるぷる状態。
だったらどうしよう??そうだ、作業の前に温めればいいじゃない!
てなことで、お鍋の気安さ、直火で温めちゃったのですよ~♪ヾ(≧m≦*)
中火でふつふつ1分弱くらい。ちょっと温める程度なので、吹きこぼれの心配もありませ~ん!!
程好くほどけてくず餅からホワイトソースくらいの状態になるので、お湯入れてからの作業が楽々でしたよん♪

すべての作業が終わって、それまで使っていた道具を洗ったのだけど、既に泡立ち良好!!
実験成功したようです(≧▽≦)ノ やった~♪

んで、ご飯入れずにプリン石けんが出来ると分かったならば、更なる挑戦も・・・(笑
油にこめ油やごま油など、保湿成分たっぷりでいながら泡立ちの良い石けんになる油を使って、しかも毎日追加する熱湯をハーブティーなどに変えたら、毎日のお風呂に使い勝手の良いジェル石けんが作れるとは思いませんか?うひ。
あ、もちろんアルカリ計算ちゃ~んとして、過剰油脂を残してね♪
熱を加えると言っても、80℃まで上げるのは一回きりで、後は微妙な温めなので、ホットプロセスよりは温める事によっての酸化の心配は少ないと思うのです(*^m^*)
てなわけで、まだまだプリン石けんに対するこだわりは続きそう~♪(もうしつこいって?爆


<12/1追記>
そうそう、もう一つ。
土曜日から始めて、日曜休みで月・火・水。
4日で終了して、5回目のお湯入れはどうしたでしょうか♪
答えは、4日目の昨日。2回!お湯入れしちゃったのでした~ヾ(≧▽≦)

ていうのはですね、プリン石けんに関する本を、以前図書館で見たなぁ・・と思いつつ、ここ1ヶ月ほど図書館になかなか行けずじまいでして。
ようやく昨日、借りることが出来たのです~♪
その本は、「イラスト版・手作り石けんのすべて」河辺昌子著・合同出版
その中でですね、一日で出来てしまう『加熱インスタント法』という方法が載っていまして。
1回目の作業を終了したら、引き続き2回目の作業に入り、
①熱湯加え、10分攪拌
②加熱して、泡が吹き上がってきたら火を止める。
③10分攪拌
これを3回、4回と繰り返し、5回目の湯入れ終了まで、な~んと3時間ほどで一気に仕上げてしまう方法なのです!!
(あ、でも熟成まで2週間~1ヶ月待つのは一緒だけどね)

だったら、5回目この方法使っちゃいましょう♪と、昨日のウチに作業全部終了!
次から一日で出来ちゃうぞ~~~(笑
スポンサーサイト



0314739[1].jpg

はい、もう作るのも何回目か忘れた、会社で作成の会社用石けんです(笑
もちろん作ったのは↓で宣言したとおり、プリン石けんを作った午後のお話。
2時位まで他のお仕事ぱたぱたとしていたので、それ以降に作り始めてちと当日中にトレース出てくれるか焦りましたが、こちらもプリン石けんを触媒に使ったことで、しっかり終業までに出来上がってくれましたヾ(≧ω≦*) 便利ですなぁプリン石けん♪

え~~。会社の石けんは、もともとお歳暮やお中元で頂き物の油が、使い切れずにしまい込まれたまま消費期限を過ぎてしまったものが大量にあったので、捨てるのももったいなくて作り始めたのですが・・・。
普段家庭で使う油というのは、紅花油や大豆&菜種油の混合油、コーン油、等々。
これだけを使うと、柔らかすぎてすぐぐずぐずに溶けちゃう石けんになる油ばっかりなのですね。
なので、溶け崩れにくい石けんにする為、新たに「ラード」を買ってきて(これが固い石けんを作る油の中では一番手に入れやすく、そして安い!)作るわけでして。
お昼休み、午後の作成に向けてスーパーで250gチューブ入りラードを165円で買ったのですが、ふとその後立ち寄った業務センターで、15kg2499円ナリの一斗缶入りラードを発見してとても欲しくなりました・・・(笑
油を消費する為に石けん作っているというのに、石けんの為にまた大量の油が欲しくなるとはこれ如何に(大爆発

な~んて戯れ言はこれくらいにして(でも気になるぅ~・爆)
今回作成のレシピは、こちら♪


《会社用石けん》 11/26作成

油脂:合計650g
コーン油 400g
ラード 250g

精製水 225g  苛性ソーダ 85g(5%ディスカウント)

オプション:
プリン石けん 30g
よもぎパウダー 大さじ1
クレイ 大さじ1
グラニュー糖 6g
ココナツFO 40滴
アップルFO 30滴


前述の通り、トレースが早く出てくれないと月曜日まで持ち越してしまうことになる為、こちらにもプリン石けんを加えました。
加える時期は↓と一緒。油脂を温めたら、苛性ソーダ溶液を加える前に加えて、油脂とよ~く混ぜ合わせておきます。
んで、おもむろに苛性ソーダ溶液を加えてぐるぐる。
1時間位でトレースが出たので、他のオプションを加えて型入れです♪
会社のみんなは香り付きの方が嬉しいかな~?とFO用意したのですが、あまりにキョーレツな香りだったので、少々で止めちゃいました(爆
おかげで、保温終了後は石けんの香りがするだけで~す♪みんなごめんなしゃい・・・(^^;
長女さんも・・・。
少々前のお写真ですが、
猪突猛進・自己中心な所は相変わらずです(笑

03187498[1].jpg

テーマ:プレリードック - ジャンル:ペット

え~。しつこくこの話題ですが(笑

第3弾プリン石けん作成です。・・場所は会社で。本日午前中(爆
そろそろ会社で使っている石けんの在庫が少なくなってきたから~。
と言うのは表向きの理由で・・
ちょっと気になることがあったので、実験もしてみたいなぁと思いまして。
気になることを解消しつつ、会社の石けんも出来ちゃったら一石二鳥♪なんちゃって。
先ほどさくさく済ませてしまったので、
実は午後、もう1種類固形石けんも作っておこうかな~とたくらんでいることは秘密です(笑

んで実験の趣旨はですね・・・。
プリン石けんって、最初にご飯を入れるのですね。
おそらく、粘度を出すことで油とアルカリを結びつけやすくし、トレースを早める為・・が目的なのかな、と。
あと、炭水化物が分解して糖質になることも、かな?
糖質は石けんの泡立ちを細かく滑らかにするからね。
でも、出来上がった石けん・・・
たぶんご飯の匂いだと思うのだけど、普段作る石けんの匂いと多少違うのですよ。
イヤな匂いではないのだけど、ちょっと違う、のが気になってまして。
だったらご飯の代わりに違う方法模索してみましょう!!というのが実験なのです~♪ヾ(≧▽≦*)
今日のウチに、トレース出ちゃえば成功の予感♪

んで、ご飯の代わりに入れたのは。
前回作ったプリン石けん。と、グラニュー糖!!
トレースを出しやすくする方法はいくつかあるけれど、
既に出来上がっている石けんを使う、のも1つの"手"なのですね。
ちょうど液状になった扱いやすい石けんが手元にあるのだから、使うに超したことはない、と(笑
あ、もし無い時は、固形の石けんを削って使うのもアリです。
んで、糖質はハチミツ持ってこようと思っていてうっかりしたので、会社に常備したグラニュー糖6g入り2本で代用です(笑

今回の第一日目の材料は、こちら♪

《プリン石けん~実験編レシピ》
コーン油 300g
プリン石けん 50g
グラニュー糖 12g
苛性ソーダ 42g
熱湯 300g

プリン石けん、30g程でよいかな?と思っていたら、どぽっと出てきたのでまぁいいやで50g使用です(笑
苛性ソーダは、今回けん化価0.14で計算。(コーン油は本来0.134位)
手洗い目的だからディスカウントした方が良いのだろうけど・・、皆の仕事上がりは油を含んだどろどろ汚れなので、少々過剰アルカリ気味の方が汚れ落ちが良いかしらん?と思いまして・・。
台所で私が使って大丈夫なんだから、きっと大丈夫だよ!うん!!(おおらかぁ~^^;)

段取りは前の作り方と同じ。
コーン油あっためて、ご飯の代わりのプリン石けんとお砂糖入れて、
苛性ソーダ入れて混ぜてから熱湯入れて、ぶくぶく反応するのにひるまず攪拌20分。
・・・ふふふのふ。
しっかり20分後には、微弱トレース出てました~~~♪実験成功なるか?!

後は蓋をして、来週いつも通りに続けて経過見です~(*^m^*)

追記。
粘度!ご飯の必要性って、このためだと思います~
プリン石けんは水をたっくさん含ませて作る石けん。
せっかくトレースが出ても、水を増やした時に分離しやすいのだけど、粘質のあるものを入れることで均一化する働きがあるみたい。
だからご飯代わりの糖質に、火を加えてサラサラになる性質のあるモノを使うと分離したままになっちゃう(--;
ハチミツ注意!(爆


0314496[1].jpg

も、作ってま~す♪
寒くて洗い物にはどうしてもお湯使うから、手の油分は取られがち。
でも、こまめにお手入れしていれば荒れ知らず~(*^o^*)v

ぷるぷるお肌の為のレシチン、
荒れた肌の修復を助けるカレンデュラ(マリーゴールド)をじっくりと漬け込んだオイル、
これまた傷の修復作用のあるカモミール・ローズマリー・ラベンダーの精油、
そして、肌に馴染む成分たっぷりで潤いを閉じこめる効果のある、
 私の冬のお気に入りコンビの、マカデミアナッツオイルとココアバター!!!
等々、冬の乾燥対策にばっちりな材料を取りそろえております♪
そうそう、大事な「尿素」の存在も忘れちゃいけませんわヾ(≧ω≦*)

てなわけで、次回忘れない為にハンドクリームレシピです~


《しっとりハンドクリーム》

材料:

ココアバター 2g
カレンデュラ浸出オリーブオイル 大さじ1
マカデミアナッツオイル 小さじ1
ホホバオイル 小さじ1
乳化ワックス 3g
大豆レシチン 小さじ1/4
ROE 1滴


美肌水原液 20ml(尿素50g+精製水200gで原液作成)
ローズウォーター 20ml


ラベンダーEO 4滴
ローズマリーEO 2滴
ジャーマンカモミールEO 1滴

作り方:
別々の耐熱容器に入れた①と②を湯煎して、①がすべて溶けたら湯からおろす。
よく混ぜた①へ②を少しずつ注いで、ひたすらぐりぐりと混ぜる。
冷えてもったりとしてきたら、③を加え、またひたすら・・・。
で、出来上がり~♪

美肌水原液は、10倍の精製水で薄めて保湿代わりのグリセリンやハチミツを加え、
化粧水として使うとがさがさになったお肌でもうっとりするほどすべすべになりま~す♪
安価なので顔にも全身にも、ばしゃばしゃ使い放題~
冬だけでなく、1年中お奨めです♪
2005/11/23(水)

むぅ。

今週は頭から、会社のサーバーがダウンしていて
ネット遊びが出来ませ~ん。
専務改め、社長が時間が取れればすぐ直して貰えるはずなんだけど、
お仕事が忙しいらしくて外を飛び回っていてなかなか・・p(T^T*)

いつも出来てる事が出来ないと、何やら取り残された気分・・。
お返事も遅くなってごめんなさいです~

11/25追加。
って言ってたら、翌日サーバー完全復旧~ヾ(≧▽≦)ノ"ぅわぁい♪
あ、もちろんお仕事優先ですよ。さーてお仕事お仕事・・
(自分でもかなぁ~り嘘くさい・・・爆)



写真はお話と関係なく、のんびりうさ夫婦♪

03187315[1].jpg

テーマ:日記 - ジャンル:ペット

2005/11/21(月)

一見ただの・・・

2色レイヤー石けん。
だがしかし!!その実態は・・・・!

0314071[1].jpg

失敗作だったりします。とほほ(T_T)

え~記事で言うと2つ下になりますが、「牧場の花石けん」の時に、1/3ほど取り分けて、次回に続く。の石けんは。
『まきば』シリーズ第3弾!!
「牧場の空石けん」の予定だったのです。

下のグリーンは、よもぎの緑にマリーゴールドの花びらで、草原とそこにちらほらと咲く花をイメージしておりました。
ということは??上の白は・・・もちろん、空をイメージしていたのですね。
私にしてはいつになく。
すんごくすんごく時間を掛けて、青い空とぽっかりと浮かぶ雲を想像しつつ丁寧に慎重に作り上げました!!

んで、翌日。
わくわくどきどきと、ちゃ~んとお空が出来上がったかしらん?
カットにはまだ早いし・・と思いつつ蓋を開けた私を待っていたのは。
・・真っ青なマイカ(雲母)で作った空が、アルカリに負けて真っ白に変色していた事実・・・(号泣

お店では、マイカの欄に「石けんにも」って書いてあったのに~~~~!!
鵜呑みにして下調べをさぼった私がうっかりさんだったわ。とほほのほ。
んなわけで。
牧場シリーズ第3弾は、夢と消えたのでした・・・。ちゃんちゃん。

え~~。では、タダの白地(泣)のレシピはこちら。


《2色レイヤー白部分》 11/14作成

油脂:合計500g
オリーブオイル 300g
ピーナツオイル 50g
ココナツオイル 100g
ラード 50g

精製水 170g  苛性ソーダ 67g(8%ディスカウント)+ステアリンけん化分 2g
油脂を温める際、ステアリン酸20g投入~

オプション:
シルク 1g
クレイ 大さじ1
ブルーマイカ 小さじ1/2

ちょっと堅めにトレースの出た後、シルクとクレイを混ぜてから半量取り分けて、ブルーマイカで色付けします。
後は、青い空に白い雲!を想像しつつ生地を注いで出来上がり~♪
・・・うん、この時点では出来上がりだった・・・。えーん
2005/11/20(日)

まっさ~じ。

ぽーちんはマッサ大好きうさぎです。

って、やってくれるって話ではなくて(当たり前
もちろん、やって貰うの大好き!!な方なのです(笑

お部屋へ開放されると、ちょっと前までは垂直ジャンプ~っ!とか
ぴょんこぴょんこと走り回って若者らしさを演出?していたのに、
最近では旦那ちまの周りをうろうろ。
手の届く範囲でもじっもじっと様子を伺いつついたずらをして、
旦那ちまに構ってもらうのを待っています。
・・てか、構う=マッサージ。
パパのマッサは気持ちがいいらしく、
やってもらうまでじ~っとじ~っと待つのですね。
なにやらじじむさいぞ!!ぽーちん!!(ほろり

マッサが始まると、待ってましたっとばかりに
のびのび~っと体の伸びる、うなぎのような息子です(笑

03187975[1].jpg

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

先日。
ちょっとしたお買い物に出かけた先で、
綿入り作務衣というものを見つけちゃったのですね~♪
これってばもう一つの日記に書くべき事?とも思うのだけど、
な~んとうさぎ柄とカメちゃん柄!!
両方と同居している私としては、なんとしても抑えておきたい?柄なのですよ♪ヾ(≧m≦*)むふふ

んでも、どっちも捨てがたい&今週は石けんの材料やら何やら私関連のお買い物がたくさんあったので、ちょっとした後ろめたさもあって(爆)な~んとなくその場で決められなくって・・
後ろ髪を引かれつつも、購入は見送ったのですね。

でも。
ど~うしても諦めきれなくって、2日後にお迎え決心!!←ちょっとだけ長く考えてみました(^o^;
柄はスモーキーピンクのうさぎに決めた!!
・・と、勇んで行ったら・・・
うさぎは既に売り切れでした(泣
ので、2番候補のカメちゃん連れ帰り~♪
今連れ帰らなかったら、こちらももう会えないかもしれないと(笑
この作務衣、落ち着いたいかにも作務衣!!な色なのに、カメちゃんが散らばっているのがなんともアンバランスな可愛さです( ̄m ̄*)

さすが綿入り!!んで、裏地フリース!!なので、ぬっくぬくで~す♪
これで、寒い冬に暖房無しの台所で石けん作っても大丈夫!!
(料理中に暖房につまづいてこけたら危ないので、あえて台所には置いていないのです・爆)
うひひ。良い作業着が出来ました~♪

その喜びは、石けん日記では初!!全身アップで表しま~す(笑
・・・えっと。お目汚しですいません(≧ω≦)ゞ
0314965[1].jpg

0314913[1].jpg

どうも先日、プリン石けんで洗濯してからお気に入りランクイン♪してしまいまして。
お洗濯した当日に、早々に次回作を作成~

今回は廃油をちこっと入れて、どれだけ匂いがするものか確かめよう~と思ったのですが・・
600g中200gが廃油。残り400gは新鮮油。
では、ほっとんど匂いは前回と変わりませんでした~♪
色は写真の通り、少々色づいているけどね(笑
でも、いかにもプリン!美味しそうな色!!
この割合だったら、気にせず洗濯に活用できるから次回も廃油入れちゃっても良いなぁと。
うひひ。廃油もたまらず一石二鳥( ̄m ̄*)
んで、廃油の匂いはしないけど、洗った後にほんのり香りがしたら嬉しいよね♪と精油で香り付け。
レモン&オレンジ&ティートリーで爽やか~な香りが漂います^^

洗濯だけではもったいないなぁと勢いづいて台所でも使い始めたのだけれど、
アルカリ強めだからと気にしていた手荒れもひどくならず。
私の肌って頑丈だなぁ・・(爆
てか、市販の台所洗剤よかは荒れない気がしますのん♪

次回作成も近いかもしれない・・・(笑


※そうそう、お洗濯の時に
プリン石けんを倍量の熱湯で溶かしてから入れたら更に泡立ち良くなりました♪
楽しくってついつい、洗濯機の蓋開けたまま見ほれちゃいます(笑


2005/11/15(火)

牧場の花石けん

0314541[1].jpg

牧場の緑石けんと対で、牧場の花石けんというのも作ってみました(*^m^*)
だから、これも『まきば』と読んでくださいな♪
緑のマーブルに対して赤を使い、ちょいとクリスマスも意識してみたりして(笑
・・とはいえ、↓の緑も切ってみたらびみょ~な色でしたね~(^▽^;

** * ** * ** * ** * ** *

作成は先日の日曜日。マーブルが出来ているか見たかったので、まだ早いと思いつつ無理矢理ひと~つ切っちゃいました。
ら、柔らかくて上がぐにっと・・今はまだチーズケーキの方が固いでしょう(爆)とほほ
見た目がチーズっぽいのは、生地にハチミツを入れたから♪
ハチミツ効果でほんのり黄色くなり、マーブルの赤と相まって、更に色とりどりのお花らしくなりました(*^m^*)

実は最初、対にするならオプションはマーブルで使ったヨモギ以外は
緑石けんと同じにしようかな~と思ってたのです。
でも、せっかく「花」なので!!
「花」にはハチミツがつき物でしょう!!と、どうしても入れたくなっちゃったのですね~
そのため、ちょっとごちゃごちゃしすぎ?とオプションからシルクを外し。
花らしくもっと軽やかに~♪と、オイル配合も軽めにしちゃいました。
更に、トレースを出やすくするため(ひいてはマーブルを出しやすくするため)ステアリン酸も配合^^
と、なんだか最終的にはいろいろ変わっちゃってます(笑

そして更に、作成段階になってまたもや突発的思いつきで、作成量を800gバッチに変更~♪
2/3量を今回の「花石けん」に使い、残り1/3は次回作の下地に使いました。
ので、レシピは800g量で紹介です~


《牧場の花石けん》 11/13作成

油脂:800g
オリーブオイル 300g
米ぬか油 160g
太白ごま油 100g
ココナツオイル 160g
パームオイル 80g

精製水 280g  苛性ソーダ 106g(8%ディスカウント)+ステアリンけん化分 3g
油脂を温める際、ステアリン酸30g投入~

オプション:
ゴートミルクパウダー 20g
パールパウダー 2g
ハチミツ 大さじ1
ラベンダーEO 50滴
ローズゼラニウムEO 30滴
ローズマリーEO 20滴
レモングラスEO 5滴
ジュニパーベリーEO 15滴
レッドクレイ 大さじ1
(次回用に)
よもぎパウダー 大さじ1
マリーゴールド(ホールで) 大さじ1

トレースが出たらゴートミルク~EOまでを全体量に混ぜてから、
1/3と2/3量に分け、今回は2/3量を使います。
2/3から更におたま1すくい分取ってレッドクレイを混ぜ、戻してマーブル模様に。

残り1/3はよもぎと粗めに刻んだマリーゴールドを混ぜ、別の型で保温です。
次回紹介はこちらを使って・・・。


石けんただ今販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 
アフレコ大会~♪

もちろん、ちゅぴはこんな鬼のようなことは言いません・・・?

03187269[1].jpg

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

さて、熟成までに2週間~1ヶ月掛かるはずのプリン石けんですが。

熟成の最中も、固まるのが気になって何度かお風呂の残り湯に沈めていまして。
そんな時は翌日、湯を入れ替える時にこの石けんを風呂掃除に使ってみたりして(笑
おお~!もうしっかり泡立つようになってきたねぇ♪と思っていたりしたのでした。

そんなことを繰り返す内に、まだまだ熟成完了には日があるのでしょうけど・・
ついむらむらと洗濯実験したくなりまして、熟成開始10日目にして、
早々に実行に移しちゃいました~ヾ(≧ω≦*)

え~~~。石けん洗濯の方法は、はるか↓にいっちゃいましたが、
自分で作る『安い・安全な洗濯石鹸』の作り方。 ~(推測)そのいち~」の記事でも紹介しました
こちらが基本になります。
でも、今回は「プリン石けんで、どこまでふつうの洗濯に近づけるか??」も確かめたかったので、
少々はしょり気味(^^ゞ ←と、言う名目の手抜き(爆
あ、ちなみに我が家の普段の洗濯は、
電源を入れる→洗濯物入れる→水量を決めて→スタートボタン→んで、洗剤投入~
で、蓋を閉めたら後は機械任せです。洗濯機によってもそれぞれ違うんだろうけど・・ね。

では、洗濯方法。
①電源入れたら、洗濯物を入れる前に、まず、水を溜めます。
水量決めたら、いつものようにスタートボタン。
「どこまでいつもの洗濯に近づけるか?」が目標ですから、
ここで細かい設定はしません♪いつものコースで始めます。

②ある程度水が溜まったら、プリン石けん投入~
外気温にさらしておくと、プリン石けんの名の通り、プリンくらいの堅さになってしまいます。
ちょいとそのままでは水に溶けにくい・・ので一工夫。
そう!前日にお風呂に浸けておくのです(笑
さらさら状態になったプリン石けんは、水でもさっと溶けちゃいます♪
量は、まず180mlカップの2/3・・120mlくらい。

③攪拌が始まる&水の勢いも相まって、どんどん泡が出てきます♪
ここで3~5分くらいそのまま回していると、しっかりとした泡が出来る・・そうですが、
ガマンできずに1分くらい眺めたら洗濯物投入しちゃいました~(笑

④そしたら・・見事に泡が消えてしまった(爆
カップに残った1/3量の石けんを追加したら、また泡泡♪
ので、安心して蓋閉めて機械さんにおまかせ~

⑤後はそのまま終了まで。(ねっ簡単・笑)
んでも、思い立って2回目から、すすぎの始まった時にぱかっと蓋を開けて、お酢を40mlくらい注いでみました。
(↑我が家の洗濯機は、脱水以外のときならば蓋がロックされないので開け閉め自由です。)
1回目・・入れないときから石けんカスも残らず、干してる最中からふわふわ感があったけど、
2回目以降・・お酢効果で石けんのすすぎ残しの心配が無くなったからか、更にふわっふわになった気分~♪

プリン石けん、手軽に洗濯成功しました~~ヾ(*^▽^*)ノ"
お試しに、石けん洗濯を普段実行しているお友達に送って確かめて貰ったら、
彼女はいつもアルカリ助剤を先に入れておくので半分の量で泡立ったそうな♪お風呂の残り湯(温水)使うしね。
(石けんは、水がアルカリ性に傾いている方が、そして温水の方が泡ぶくぶく出るのです~)
てことは、もっとアルカリを強くしても良いってコトよね・・・。


コレに気を良くして、只今第2回目のプリン石けん製作中です♪(笑
上記をふまえて、今回はけん化価0.15でもっとアルカリを強くしました~^^
0314265[1].jpg

2005/11/08(火)

牧場の緑石けん

石けんただ今販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 

0314540[1].jpg

順番から行くと、洗濯実験ですが・・まずは、土曜日深夜に作った石けんから。
こちらだったら会社でもアップ出来るしね・・ほほほ(爆

え~・・・これは、『ぼくじょう』ではなくて『まきば』と読みます。
どうも、私の中では
『ぼくじょう』=牛のいる場所
『まきば』=牛よりも小さな動物のいる場所
というイメージがありまして。
しかも、『まきば』で真っ先に思い浮かべるのは、ぴょんこぴょんこと飛び跳ねるヤギ!!
と言うわけで、今回のメインオプションはゴートミルク(ヤギのお乳)です♪
てか。。。久々にゴートミルクを買ったんで、いつもは『ハイジ』から連想してオプションを考えるのですが、
たまには違うことから連想しようかねぇ?・・と思ったら。
ヤギ=『まきば』しか考えつきませんでした・・・(大爆発
ううう。私の発想ってば(T▽T)


『まきば』と来たら、緑わきたつ草原をイメージして、石けんのカラーは緑。
今まで作った中で、緑が一番鮮やかに出たのはヨモギなので、ヨモギでマーブル模様にしてみました。
ヨモギの時期は、花開く時期。なので、香り付けも草っぽいようでいて、甘~い花の香りをイメージ^^

更に。ゴートミルクは、それだけで栄養価満点な保湿剤ですが・・それを強化する意味で、パールとシルクも♪
パールは昔から、身を飾る為だけでなく、アミノ酸がたっぷり含まれるために
美容の面からも大切にされてきました。
かの世界三大美女とも言われるクレオパトラも、酢で真珠を溶かして飲んでいたとか・・(*^m^*)
飲用はもちろんですが、直接肌に塗っても効果があり、皮膚の栄養補給、保湿効果に優れ、
白く・そして柔らかいすべすべの肌にしてくれます♪
そしてシルクは、髪や肌に保護膜を作り、老化防止に、
更に保湿・皮膚の弾力性の向上に役立ちます。
ふふふ。ゴートミルクは赤ちゃんのミルクにも代用されるけど、これだけ強化したのを肌に使ったら、
肌も赤ちゃんのようになれるかしら~ん♪

そんな熱意満面無理難題を含むレシピは、こちら(A^_^;;;


《牧場の緑石けん》 11/4作成

油脂:合計 500g
オリーブオイル 360g
ココナツオイル 90g
パームオイル 50g

精製水 170g  苛性ソーダ 66g(8%ディスカウント)

オプション:
ゴートミルクパウダー 15g
パールパウダー 1g
シルクパウダー 1g
ヨモギパウダー 大さじ1
プチグレインEO 40滴
ラベンダーEO 40滴
スイートオレンジEO 20滴

オプションは、ヨモギを抜かしてトレースの出た後。
すべてを混ぜ込んだ後におたま1杯分取り分けてヨモギを混ぜ、また戻してマーブル模様を作ります。
・・眠気を堪えつつ作成したので、最後、トレース甘めで仕上げてしまい・・
生地が緩かったのでまたまた微妙なマーブル模様になってしまいました(爆
全体が緑っぽ~い(T▽T)ははははは・・
2005/11/07(月)

ドクダミ石けん

石けんただ今販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 


え~、では金曜日作成の石けんから・・・♪

今年は、知り合いの方からドクダミをた~っぷりと戴きまして、化粧水用に焼酎にどっさりと漬け込みました^^
その量、なんと一人で顔に全身に、と使っても2年は軽く保つほどの量!!
ドクダミは、美白効果がある他にも、『毒為め』『毒消し』から転じた名、と言われるほどに
毒素を排出する働きに優れているため、吹き出物やニキビの痕の改善に・・と数多くの効果があります。
そして、保湿目当てにハチミツ添加♪
ハチミツにも、他に穏やかな漂白作用(美白作用)や収れん・抗炎症作用などなど。
先日ようやく出来上がって、うはうはで使い倒しております♪

それでですね、焼酎に漬け込むときに、少々取り置いてオイルにも漬け込んでおきまして。
お揃いで石けんを作ろう♪と目論んでいたのですね~(*^m^*)
化粧水が使える時期を少々勘違いしていたので、ちょっと作るのが遅くなりましたが・・(爆
お揃い石けんの作成です!!

では、まずお揃いと言うことで、オプションはハチミツ。
でも、まるっきり同じでは芸が無いかねぇ?と思いまして、石けんには更に、
『和+漢』の薬草で効果アップを狙い、はと麦と朝鮮人参も加えました♪
その日、お風呂に入れよう♪と今年初の柚子も購入していたので、ついついそれもプラス・・(笑
え~、ではそれぞれの効果を・・
はと麦には、特にむくみを取り、皮膚再生・肌荒れ防止・美白効果があります。
皮膚の新陳代謝を高め、しみ・くすみを解消し、みずみずしい肌を取り戻す働きが^^
朝鮮人参は、細胞の寿命を広げ、小さな皮膚被害を治すことが出来ると言われています。
柚子は・・長くなるので、こちらを参照~(笑

これだけ美白効果に優れたモノを揃えたら、日焼けした私の肌も冬の間には効果が出てくれるかしらん?(^◇^;
香りは、柚子を加えたのでそれにあわせて、柑橘系でほのか~に加えました。

オイル配合は、冬なので♪マルセイユ配合で。
夏の間はさっぱりと米ぬか油を多用しましたが、オリーブオイルの石けんを使うと、
やっぱり私はオリーブ特有のどっしりもっちりとした泡の方が好きだなぁ~としみじみしてしまいます(笑

では、レシピです♪


《ドクダミ石けん》 11/3作成

油脂:合計500g
ドクダミ浸出オリーブオイル 360g
ココナツオイル 90g
パームオイル 50g

精製水 170g  苛性ソーダ 66g(8%ディスカウント)

オプション:
はと麦パウダー 大さじ1
朝鮮人参パウダー 小さじ1
ハチミツ 大さじ1
柚子皮・柚子絞り汁 1個分
マンダリンEO 70滴
レモングラスEO 10滴
シダーウッドEO 20滴

オプションは、すべてトレースの出た後で。
柚子皮はすり下ろして加えたので、ぷちぷちとした粒がアクセントになった石けんになりそうです♪
0314539[1].jpg

2005/11/06(日)

うさ夫婦。

うさ達は、ケージから部屋に出してあげても態度がちっとも変りません(爆
広い場所に出たときくらい、運動しても良いのになぁ。。。p( ̄^ ̄*)むーん。
特にちゅぴは鏡台の下がお気に入り。
部屋に出してからケージに戻すまで、ずっと下に居ずっぱりだったりします。
おかげで鏡台の下を後から覗くと、すごい状態!!( ̄m ̄;;;
片付けて行ってよぅ~~~(無理

03187661[1].jpg

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

2005/11/06(日)

今週末は・・。

何やらいきなりやる気になりまして、
金曜日は夜9時過ぎてからごそごそと石けんひとつ作成~

土曜日は、ついついガマンできなくてプリン石けんで早々に洗濯実験。
そして、更に深夜に思い立って石けん作成♪
最後は眠い目を擦りつつぐるぐる頑張りました(笑

んで、今日は・・・。
とりあえず、ず~っと空白のままだったぷるぷる石けんの画像のみアップです(爆
来週?もう今週?は、書きたいことが山積みです・・(^◇^;;;
ちと頑張る為に、書きます宣言して、自分に活っ!

誰かお尻叩きに来て下さい~~~!!!(人任せじゃん・爆