草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
38.jpeg

写真:3/31あししろに最後の授乳。

ようやく子供達も親離れして、ちゅぴも次の出産に専念できるはず・・・

それなのに、予定日の4月1日になっても2日になっても、産む気配はおろか巣作りもしない。
この間の出産の時も当日ばたばたしていたので、取りあえず新しく毛布は先に寝室に入れてあげたけど・・・
お腹は大きくなったのに、ちゅぴってばどうしちゃったの?・・・と、定位置になってしまった私の横にべったりと横たわるちゅぴのお腹をマッサージ。・・・しても産気付かない。

そしてようやく、4月5日の朝、寝室を毛でいっぱいにしてちゅぴが四つ足で力んでいました。
でも私の姿を見ると、寝室から跳び出て撫でて~に何故かなってしまうので、苦しいだろうから産む方に専念しなさい、とケージに目隠しを。
あんな調子で無事産まれるか・・・気にはなるけど、今日は会社に行かないと・・・。
一日家にいるはずの旦那さまはまだ布団の中。起こしてちゅぴの事を頼み、私は会社に。
昼休みに家に戻ってみると・・・寝室の外に2匹産み落としてありました。
旦那さまが起きた時には既に、明らかに亡くなっているその子達をちゅぴが一生懸命舐めていたそうです。
念のためちゅぴに寝室を見せてもらったら、今回はこの2匹だけだったよう。

ちゅぴはじ~っと寝室に籠もって子供達を見つめていましたが、2匹は庭に埋めてあげました。
今回の子達には、すでに薄く体毛も生えていて、生後3日目で発見したぺこ達よりも一回り以上大きく育っていました。
たぶんお腹の中で育ちすぎて、産道から出てくるまでに時間がかかって窒息してしまったのでは・・・?
ちゅぴが朝あんなに私に撫でて~と来たのは、苦しくて手伝って欲しかったんだろうか?お腹を撫でてあげれば良かったのかな?
後悔しても子供達は生き返らない・・・。
ちゅぴは夜も次の朝も寝室に引きこもったままご飯も食べませんでした。

そして。
ずっと出てこないちゅぴを、ぺこ、お願いだから慰めてきて、とケージに入れると・・・
ちゅぴが寝室から飛び出てきて、甘えるぺこにお乳をあげ始めました!!
ぺこを人にあげないで良かった。ぺこが家にいたおかげで、ちゅぴはお母さんに戻ることができました。

それからまた母子の同居生活に戻り。
翌月にはサークルを広げての、ぽーを含めた親子3匹の生活が始まりました。
スポンサーサイト

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

39.jpeg

ぺこ:あり?おかーたんもみんなも居なくなっちゃった・・・
   つまんないでし・・・


42.jpeg

ぺこ:あっママだ!
   ねえ、出して(^^)


・・・ぺこって、よくこうやってぼ~っと外を見ていました。
そのうち抜けなくなるぞ(*^^*)

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

ちびぽー改め・・・
615.jpeg

命名『もきゅ』。

3月最後の土曜日、早々にちびぽーが里親さんに引き取られていきました。

2歳と4歳のお嬢ちゃんの居る家庭です。
お父さんが「いいよ」と言ったときだけさわって良い事にしたそうです。
二人とも「今日から家のうさぎさんなの~」とにっこにっこでした(*^x^*)
下見に来ていた時からちびぽーがいいな~と言っていたのですが、大きくなったちびぽーを見て、直感で「よし、お前は今日から『もきゅ』だ!」とお父さんが名前を付けてしまったので、もっと可愛い名前をつけたかったお嬢ちゃん達から「はんたーい!!」されていました。
でもお父さんの言ったことは絶対なのです(^^)♪

ペレットも牧草ももくもくとお代わりして、家族みんなに愛されてすくすくと兄弟の中で一番大きくなりました。


あししろ改め・・・
616.jpeg

通称『うさまる』。
正式名称は『ウサマ・ルン・ラビット』。
この名前の付け方って・・・(^^;)A

里親になった、旦那さまのお友達は「毛ふぇち」。
うちに来て、初めてちゅぴを撫でたときにその手触りのよさに惚れてしまったらしく・・・。
イメージトレーニング、と称し、よく抱っこして撫でるしぐさをしておりました。
下見に来たときから、あししろがいいな~と言っていたので、●が詰まってしまった時は彼にも心配掛けてしまいましたが、それからちゃんと自分でキレイに出来るようになったあししろを無事連れて帰りました。

一人暮らしの彼は、実家に日帰りで帰るときも連れて行くらしく、そちらにも一揃え置いてあるそうです。お父さんお母さんはうさまるの為に野菜を用意しておくとか♪
でも、イメージトレーニングの甲斐なく抱っこは嫌いだそうです☆


しろ改め・・・我が家の次男「ぺこ」
36.jpeg

兄弟が貰われていって、保育所はすっかりしろの部屋に落ち着きました。

ちゅぴの部屋に戻らないなら、次の出産・育児の妨げにはならないね?と、
余り乗り気でなかった里親探しを早々にやめて、名前をつけてしまいました。
これでしろは我が家の仔!!

ミルクティーのような毛色と、名前を「ぱ行」で統一して付けたかったので、紅茶にちなんだ名前で『ぺこ』。
摘む場所からの茶葉の名前です。
枝葉の一番先端がオレンジペコー。
二番目がペコー、そしてペコースーチョン、スーチョンの順番。
日本茶で言えばペコーは『二番茶』?次男だからさらにちょうど良い名前!と。
最初、「ペコー」と伸ばしたかったのですが、言葉の据わりが悪い、と旦那さまに指摘されて短く。だから男の子だけど「ぺこ」。ぺこちん、と呼んだりします。

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

2003/02/24(月)

すれ違う2匹(爆

ぽーに面会
67.jpeg

めずらしく親子勢ぞろいで撮れた写真。

ぽーが会いたかったよ~~と言ってるようなのに対して母子の無関心さは何故・・・(T^T)

でもちゅぴはよくぽーの前でくつろいでいました。愛?愛?


対してちゅぴに面会だと・・・
79.jpeg

父子そろってこの熱心さ!(爆

ぽーはずっとちゅぴと一緒に居たのに、出してもらえなくなったのでちゅぴの姿を見るともう必死。
かといってこれ以上の子供はちゅぴの体に負担がかかりそう。

可哀想だけれども相談の結果、ぽーは去勢することに。
去勢してからは飛びしっこもしなくなりました。

1か月後には同じケージにしてあげるからね。

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

2003/02/24(月)

おめかし。

59.jpeg

身づくろいも一人前。

あししろ、その調子だ!

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

2003/02/24(月)

探検中

55.jpeg

奥までごそごそもぞもぞ行ってしまうとなかなか出てこない。

行き止まりにしてもちび達は頭が入れば無理矢理侵入。

行き止まりで考え中のちびぽーとしろ。
ちびぽーはやっぱり兄弟に下敷きにされることが多い。

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

2003/02/24(月)

いたずら相談中

50.jpeg

爆走したかと思うと、集まって隅を探検できないか調査中。

下がちびぽー、上があししろ。

あししろが一番伸び伸びしていて、3匹のリーダーだったのかな?

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

2003/02/24(月)

爆走団。

47.jpeg

ケージを自分でぴょんぴょんぴょ~んと跳び降りたら、3匹爆走が始まります。

自分でも跳べるようになったのがうれしいらしく、ぴょんこぴょんこ子供走り♪

小さいものが部屋中いきなり爆走横断するので、人間は摺り足。

危なくて普通に歩けません(^^)

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

2003/02/23(日)

一時保育の様子。

68.jpeg

一時保育は20日目の3月23日から始めました。

新しいケージに、新聞紙と牧草をひいてちび達用に部屋をしつらえ朝3匹を入れると、こんな感じで昼間はのんびりとしていました。
夕方ちゅぴと一緒に外に出て、ダッシュで部屋中を大暴れした後は、ちゅぴの部屋におかえりです。

このままうまく親離れするかな~と思っていたら・・・
あししろはいつもちゅぴにお尻をキレイにしてもらっていたらしく、3日目、ふと気がつくと●が硬くお尻に詰まってしまっていました!
慌ててお湯で●を軟らかくして取り、イソジンを塗ってぽーの皮下膿瘍のときの抗生物質を飲ませたので、次の日にはハレも収まりひどいことにならずに済んだのですが、一時の油断で危ない状態にしたことをすごく悔やみました。

その後は順調に、自分達で身づくろいもするようになり・・・
ちゅぴの2回目の予定日の4月1日までに、2匹は里親のお家に迎えられていきました。

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

2003/02/23(日)

子供たちの行方。

550.jpeg

ちゅぴが未熟児を産んだことで、改めて毎日ちゅぴのお腹を観察していると、どうやらまだ順調に育っている仔がいるらしい事が分かりました。
なんとなくお腹のあたりが日々ふっくらとしてきているようです。

思い出してもみれば、ぽーにお膳立てしたのは3月2日。
ということは、妊娠期間を30日とすれば、4月1日には次の仔達が産まれてくるはず!?
今育てている子達が同じケージに居ると、また順調に産まれてきても食べてしまうんだろうか?と心配して、子供たちを少しずつ親離れさせる練習をすることにしました。
実行予定日は、3月23日から。昼間の一時保育から始めて、夜は今までどおりちゅぴと一緒です。
それと同時に、実際は親元で2ヶ月育てた方が良いのでしょうけど、このすくすくとした成長振りでは可愛い盛りをすぎてしまう。せっかく里親になってくれるという人にも可愛い時期を見せてあげたい、と、親離れできたら引き渡すように打診です。
子供が産まれたら欲しい!と言っていた人でもいざとなると決心がつかないらしく、1匹里親の決まらなかった仔は、改めて里親探しをすることに。

里親候補(達)がはっきりした返事をしなかった時点で、この仔は家で飼うことにしようか、と言っていたのですが、前の仔がまだ居る状態で、また出産からの育児がうまくいくのかが分からなかったからです。
私の会社や、兄の会社、友達に写真を送っての里親探しを始めました。

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。