草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/19(水)

梅干し~☆

毎年毎年、「梅漬け」までは作るものの おうちの日当たりの悪さに『干す』ことは断念してましたが。

お引越しした今、日当たりは最高!!

これを逃してなるものかっ!と、今年は天日干し用のザルを梅雨明け前から用意して、
連日お天気になる日を虎視眈々と狙っておりました♪

そして待ちに待った先週金曜日折りよく午後からお盆休みに突入した日、
お天気マークも連日お日様ウィークに突入~!

梅を買うたびお世話になるこちらのサイトさんを参考にしつつ、
せっせと並べて 干して ひっくり返して また干して 
我慢できずに1~2時間後にまたまたひっくり返して・・・
せっかちなので(爆)人並み以上に手間暇かけて、
梅仕事8年目にしてようやく!『梅干し』を作ることが出来ました~☆

毎年「青梅」で作っていましたが、今年は気が向いて「半熟梅」で作成したためか、
しょっぱいながらも甘みを感じる出来上がり(*^m^*)
・・・って、実は梅干し苦手だったのですが・・・
自分の作った梅干しは愛着がわいて、ついついぱくり。
美味しく食べられることに気がつきましたΣ( ̄□ ̄;;;

苦手なもの克服のためには、自分で作ってみるのもひとつの『手』かもしれませーん(笑

umebosi0908.jpg

3年物の梅漬けは、こちらの記事のもの♪
さすがに3kg作ると、長持ちします・・・(笑

omake0908.jpg
スポンサーサイト

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

んで。
美肌水のご紹介をしましたが、ただいま浮気中です~(笑

hinyariaroezyeru0907.jpg

雨つづきで晴天のときほど気温はあがらないものの、毎日蒸し暑いですよね!!
招ちゃんをお風呂に入れるついでに人のお風呂にもお湯を張ってしまうので、
湯上りは特にぼっかぼか!
そんな時は化粧水も、ひんやりするものを使いたくなるわけでして。

「グアガム」を使って、とろみのある化粧水を作ってみました~♪
冷蔵庫でキンキンに冷やして、湯上りは全身に!極楽で~す(≧ω≦)ノ♪

では、レシピです☆


《ひんやりアロエジェル》

材料:
精製水 100ml
アロエパウダー 少々
真珠パウダー 少々
グアガム 小さじ1/8(0.5g)
グリセリン 小さじ1(5g)
ラベンダーEO 1滴
ティートリーEO 1滴
メンソールクリスタル 1g
二酸化チタン 少々

①蓋つきの耐熱容器に精製水とアロエパウダー、真珠パウダーを入れて混ぜ、レンジでチン!
 様子を見つつ、人肌よりも少し熱い程度に温めます。
② ①にグアガムを少しずつ振り混ぜ、蓋をしてダマがなくなるまで時間をかけて混ぜます。
 混ぜて→放置。を何度も繰り返し、お好みのとろみに仕上げます。
③好きなとろみになったら、メンソールクリスタルを。まだ温かいので、十分溶けて混ざります。
 溶けたらグリセリンと精油を。
 保存容器に入れ替え、冷蔵庫で冷やしつつ使います♪

・・・そして。ちょっとした出来心で、少しだけ取り分けて二酸化チタンも混ぜちゃいました(笑
腕や足には、こちらを使って生活紫外線ならば防いでもらえないかな~?と(≧m≦)

今回は、美肌水は使いませんでしたが。
次回の分にはもしかしたら、原液も混ぜちゃうかもしれませーん(笑


さて、化粧水をアップしたので次回は石けん予告を・・・。(自分を追い詰めている気が~滝汗)
おうち専用「けん化100%石けん」、
そしてお店用で「今年のひんやり石けん」「カレンデュラの石けん」の記事をアップする予定です。
がんばれ、わたし(激爆
2009/07/28(火)

美肌水~♪

もうひとつの日記のほうで、お友達から手作り化粧水の問い合わせを頂いたので♪
最近、石けん記事のアップばかりで(それも頻度落ちてますね・汗)
化粧品を作ってもレシピのアップをサボっていました(^_^;;; すみましぇん

さて、化粧水ですが♪
タイトルにもあるように、私の基本は美肌水!
たま~にあれこれ目移りして浮気したりもしますが、結局はそれにも美肌水の原液を混ぜてみたりして・・・
最終的には『美肌水アレンジ』として、基本に返る感じです(笑

では、基本の美肌水からレシピです♪

☆まず原液☆

 用意するもの:
 尿素    薬局で。50g 300~400円くらい?
 グリセリン 薬局で。500ml 1000円くらい
 精製水   薬局で。500ml 60円くらい
 ペットボトル等の、保存するための容器。

①尿素を 50g、保存容器に量りいれる。
②精製水を 200g、①へ注ぎ、尿素が溶けるまでよ~く振り混ぜる。
③グリセリンを大さじ1 程度②へ入れ、混ぜる。
④冷蔵庫で保存。3ヶ月ほどは長持ちします。
 沈殿物が出たり、色が変わったら捨てるとき。
 ですが、大抵その前にお風呂に 30~50ml 入れて入浴剤代わりに使い切っちゃいます(笑

☆使用するには・・・☆

スプレーボトルを用意。(100円ショップで~)
顔には原液 1 に対し、精製水 9 の割合で薄めて使う。
物足りなかったら、原液を少々かグリセリンを追加。(ハチミツも好き♪)
全身へ使うには、原液 1:精製水 4 位
常温で約2週間のうちに使い切ります。
これも使い切れなかったらお風呂に入れちゃって、こまめに新しいものに代えちゃいます^^

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

美肌水・アレンジ編
  ~薬草やハーブを使って(市販の乾燥物でOK)

ドクダミ・・・美白効果に優れ、にきびを治し肌のキメを整える
ユキノシタ・・・美白
ヨモギ・・・ビタミン・ミネラル等が豊富で肌に栄養を
びわの葉・・・滑らかでキメ細かい肌に
お茶の葉・・・ビタミンCたっぷり!美白・収斂等効果はたくさん♪
柿の葉・・・こちらもビタミンC保有率高し!美白効果に優れている
カモミール・・・敏感肌に。皮膚の炎症を抑える
ラベンダー・・・収斂作用により、肌を引き締める
ローズマリー・・・美肌効果で若返りのハーブと名高い
ローズ・・・まさに女性のためのハーブ!美肌に最高!!香りでの効果も高い
 ※ハーブを使うと、香りの良いものも多いので贅沢気分を味わえます♪
                    等々・・・他にもいろいろあります。

これらの薬草・ハーブ(以下ハーブ。と書いちゃいます)を、美肌水と組み合わせて・・・


方法そのいち。(お手軽編)
①ハーブ大さじ1 に 200ml の熱湯を注ぎ、蓋をして冷めるまで待つ。
②冷めたらハーブを漉し取り、ぎゅっと搾って最後の一滴まで使います。
 大体出来るハーブ水は180ml なので、美肌水原液を 20ml 混ぜて出来上がり!
 痛みやすいので、冷蔵庫に保存し、一週間ほどで使い切ること。

方法そのに。(ちとめんどう編・でも長持ちします♪)
①ハーブ 10g に対し、ホワイトリカー 100cc で漬け込み、ハーブエキスを作ります。
 日の当たらない涼しい場所に保管し、2~3週間。気の向いたときに振り混ぜます。
②良く色づいたらハーブを漉し取り、エキスは冷蔵庫保存。
③エキス 1:美肌水原液 1:精製水 8 で化粧水に。
 アルコールが入るので、常温でも日の当たり難い場所だったら長持ちします。

また、アルコールの刺激が苦手な方は、
BGという抽出可能な保湿剤(抗菌性があり、皮膚への刺激が少ないです)を使うのもお勧めです♪
BGは、オレンジフラワーさんや、カワチヤさん等々、検索するといろんなお店で販売しています。

※エキスは何種類も混ぜて・・・と欲張らず、1種類だけを使ったほうが失敗が無いです。
(主に薬草の場合。ハーブは混ぜて使うのも楽しいです^^)


他にも、美肌水に精油を混ぜてみたり
シルク化粧水やアロエジェルを作ったときに美肌水原液を入れてみたり。
場合によっていろんなアレンジを試みることが出来るのが、手作り化粧水の醍醐味です♪
どうぞ、お楽しみくださーいヾ(*^▽^*)ノ"


画像が何も無いのもさびしいので、ちゅぴがルーサン食べる様子を・・・。
大好物は特に、途中で噛み切らずに一気食いします(笑

ちゅぴルーサン

[広告] VPS

お付き合い頂きましてありがとうございます♪
2006/11/27(月)

Bath Salt

この2週間というもの、どんどんと冷え込んでお風呂の暖かさが嬉しい季節になってきましたね。


冬のお風呂はじっくりと時間を掛けて入りたいので、お供の入浴剤にも自然と熱が入ります(^m^*)
生姜や酒粕、柚子・みかんの柑橘類。豆乳牛乳ミルク類。
ハーブ他お茶類、はちみつ、ほんのすこーしのオイルたち。
わざわざ入浴剤と銘打ったものを買わなくとも、
台所にあるものでバラエティ豊かにお風呂の友を見つけることが出来ます♪

それでも何を入れようか迷った時。
我が家では、やっぱりお塩(と、重曹)が基本です^^
両方とも、血液の循環を良くすることで代謝を高め、疲れを取りやすくする効果あり♪

ついつい日常の気安さ、
お風呂に塩の入れ物ごと持ち込んで どさどさと入れてしまうのが常ですが、
先日粒塩を手に入れたので ちょっとおしゃれにBath Saltを作ってみました(≧m≦)

20061126203740.jpg

ピンクは、ローズクレイ。
ブルーは、ウルトラマリン。
グリーンは、よもぎ。
カラフルなパウダーを使うと、見た目にも楽しいBath Saltの出来上がり♪
ちなみに少量入れるだけなので、お湯の色は変わりませーん(笑
よもぎのパウダーは繊維がからみついたままだとうまーく発色してくれないので
茶こしでふるった粉だけを使います。
ふるうと、グリーンの色だけが下に落ちてくるのですね。
中でふるふると揺れる繊維が だんだん白っぽくなってくるのも面白い変化です☆

色に合わせて、香りもそれぞれ変えてみました。
ピンクは清涼感あるフラワー系。
 ラベンダーとゼラニウム、ティートリー
ブルーは爽やかに。
 シトロネラとスペアミント
グリーンは落ち着いた柑橘の香りで。
 スイートオレンジとグレープフルーツ、シダーウッド

日替わりで 楽しいお風呂の演出でーす♪


ぽちっとお願いします♪ → 

結局、梅の実は
(梅干し用にまず3kg・そして梅肉エキスに1kg、梅干し追加で1kg)の後も順調に手に入れまして(爆 
会長宅で収穫した梅を2kg強頂いて、そのうち1.5kgを梅肉エキスの為に今度は1人でごりごりとすり下ろし作成!
残りの600g程は、念願の梅サワーに。
そこで梅肉エキス作りに火がついて、更に梅2kg購入!!
ごりごりとすり下ろし始めたのですが・・・連日の手の酷使でこわばって動かなくなり(爆)途中で断念(^^;
残った梅は、梅サワーの仲間入りをしました。
もうこれでさすがに打ち止めか?!と思っていたら、会長宅で収穫忘れの700gを頂いちゃいまして、
悩んだあげくに梅シロップ用にただ今漬け込み途中です~(笑

結局合計で、梅干し4kg、梅肉エキス4kg弱、梅サワー1kgちょっと、梅シロップに700gで、総計梅使用量10kg弱!!
梅サイトに、すっかりお世話になりました(*^-^*)v
今年は梅ちゃんの恩恵をたっぷりと受けて、夏ばて知らずになりそうです♪むひひ。

145923062006~00.jpg


そんなこんなで、6月いっぱいお家での作成熱は梅ちゃんに掛かりっきりになってまして・・・
今月は、じっくり腰を据えて石けんなーんにも作ってなかったですねぇ(^◇^;;;
会社では 15kgのラードを手に入れたので、既に2回固形石けん、1回ぷりん石けん作ったりなんかしてるのですが(笑
(↑ 1回目作った時 熟成まで様子見・・・なんて言ってたのにねぇ・大爆発)

なので 手の回復を待って(笑)、昨夜久々に石けん作成しました~♪
旦那ちまは「週刊?ぽぽ旦那・」の為にパソに釘付けでしたし( ̄m ̄*)
あ、ここで宣伝です!!
=======================================
今日から牧草店『草食ファミリー購買部』にて
ケージお掃除用の「きれい」キャンペーンを始めまして、
月末まで¥100プライスダウン中です♪
トイレ掃除に、OBしたちっこの臭い・汚れ取りに、どうぞ使ってみてください☆
ナチュラルな素材なので、万が一お子ちゃまの口に入ったとしても安心です^^
お子ちゃまが「きれい」に付けた香りを気にしないようだったら
空気中にも1~2回シュッとスプレー。お部屋の匂い取りとしても使えます^^
詳細は「お店に入る」から「雑貨一覧」へ進んで ご覧ください。
この機会にぜひ!!ご検討どうぞよろしくお願いしま~す!
=======================================


というわけで、旦那ちまは夜なべでお仕事していたので、私も趣味&お仕事兼ねて石けん作成♪
え~~、石けんの説明は長くなるので次の記事に回して、失敗談をひと~つ。。。。
久々の作成で、ちょっと気分が浮ついていたのか、すごいことをしでかしてしまいました(泣

今回の石けんは、浸出油を使ったので、油溶性と水溶性の成分、両方石けんに取り入れよう♪と
苛性ソーダを溶かす仕込みの水も浸出湯にしたのです。
で、いつもだったら浸出湯をじゅ~~~ぶんに冷やしてから、苛性ソーダと合わせるのですが。
ちょっと先走ってしまいまして、まだ温かいうちに苛性ソーダにざぶん。
とほぼ同時に、

じゅわーーーーーっ!!!しゅわしゅわしゅわーーーーーー

うわっと思う間もなく入れ物から噴きこぼれてしまいましたΣ( ̄□ ̄;;;;
幸運だったのは、
流し横の作業場(流しとガスレンジとの間ね)での出来事だったこと
作業の場には余分なモノを置いてなかったこと
そして私も、いつもの如くちょっと遠い場所から手を伸ばしての作業だったので 噴きこぼれた液が体にかかることなく、
そして Σ( ̄□ ̄;;;; この状態で固まってとっさの動きが出来なかったこと。

これがオイル入りのボールやら型やらが置かれて雑然としたテーブルの上でなくて良かった・・・
流しの横だからこそ、片づけの作業は水に流しながら出来たし
一拍置いたことで、テキは劇物!!と改めて細心の注意をしつつ片づけをすることが出来、ヤケドしないで済んだし。

結構な量を噴きこぼさせてしまったけれど、入れ物他ちょっとした道具は流しで水じゃんじゃか。
台にこぼれた分は、手袋はめたままキッチンペーパー何枚も使って丹念に吸い込ませ、
水ぶきを何回も繰り返して、仕上げに前述「きれい」で中和(爆
作業が終わった後も、心臓どっくんどっくん・・・・
はぁ。。。。怖い目に遭いました。。。。。。

30分ほどインターバルを置いた後で、石けん作成再開。
初心に返った心持ちのうちに、出来上がりました(^^;;;


石けんを作り始めて早4年。
いつも家にある身近なモノとして
いつの間にか、劇物に対する取り扱いの姿勢が散漫になっていたのかもしれません。
注意一秒、怪我一生。
注意を新たにした事件でした・・・。


『気を付けてね』やさしく叱ってくださーーい

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

翌日お休みと思えば力も沸いてくるというもので(笑
両方とも、土曜の晩総仕上げ♪

まずドクダミは、前回と同じく
焼酎の入っていた5リットルのペットボトルにドクダミを1本1本詰め詰め。
ぎっしりと入ったところで、
ホワイトリカーをどぼーっ!と入れてねかせます。
焼酎のペットボトルは、もともとお酒の入っていた物だから
アルコール入れても大丈夫ぅ? なんて心配も皆無だし
保管場所によって縦でも横でも置いておけるのがお気に入り♪

500本のうち、
何本入るかなぁ?と思ってたのですが、結局200本入りました(≧m≦)
ホワイトリカーも去年と同じく、3.6リットル!!
後300本残っているし、
今年の様子からしてもう少し量を増やしても 良い様な気がひしひしとしているけど、
これ以上漬け込むと保管場所が・・・( ̄▽ ̄;;;

残ったドクダミは地道に煎じて飲もうかしらん?

P6112344.jpg


んで、梅干用3kg。
もう少し・・・あと1日2日 塩漬けのままで良いのだけれど、
梅酢もずいぶん上がってきていたし、去年赤紫蘇を買いそびれて後悔したので
今回は早めに 漬け込み3日目の土曜日赤紫蘇ゲット!!
その日の内に 3束分ぷちぷちと葉をちぎって揉み込み、
早々に入れちゃいました~♪

あ~~~ これで今年は赤い梅が食べてもらえるヾ(*^▽^*)ノ"
どっと肩の荷が下りた気分です♪♪
20060611221609.jpg

開放感に浸って良い気になったワタクシ。
お友達に教えて頂いた梅作りのサイト(トップページに戻ると更に見所いろいろ♪)を見ていて、
つい作成意欲に火がつきまして(笑
本日更に梅2kg購入!!
今年は梅が安いのも、意欲向上に役立ったか?(笑
前回も今回も、1kg辺り250円で手に入りましたのん♪

んで、そのうち1kgを旦那ちまと二人、2時間近く掛けてもくもくとおろし、
更に2時間以上じりじりと火に掛けて 梅肉エキスを作りました~!!
なんと、1kgの梅から出来た梅肉エキスは 30mlの瓶に2つ分!!
2つ目の瓶には7分目くらいしか入らなかったから 出来たのは50mlくらいかな?(滝汗
・・・市販の梅肉エキスが高いわけです(^^;
なんたって二人で半日仕事~~~;;;(大爆発

P6112341.jpg

残り1kgは、梅サワーにしようか?とも
考えたのだけれども、結局梅干用に更に追加(笑


この分では来週も、手作り週間になりそうです( ̄m ̄*)


 ← 実は梅肉エキス・梅干し共に食べるのは苦手(爆
               頑張ったご褒美にぽちっとお願いしま~す♪

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

今週 頭から離れなかった数字あらかると。

★まず3kg。

今年も店頭に梅が並び始めましたね~♪
去年漬けた梅は約3kg。
その内訳は ウイスキー梅酒1.2kg ラム梅酒500g 梅干し1.5kg でした。
作り方詳細は こちら にて^^
梅干しは結局赤シソを手に入れそびれたので『白梅』のまま
そして更に干しそびれて『梅漬け』のままでしたけどね・・・(^^;
でも順調に消費して、梅漬けは早々に今年の3月頃に食べ終わり~
梅酒は甘いので私しか呑まないのだけれど、
他のお酒に浮気していたりもしたのでまだ半分ほど残りが(^^ゞ

なので、今年はよ~く考えた結果、取りあえず梅干し用のみ3kg漬け込みました!!
塩に漬け込むこと今日で2日目。既に梅全体がかぶる位に梅酢が出てきました♪
20060609215602.jpg
赤シソを買うことさえ忘れなければ、まだまだこれからが本番!
梅サワーなぞも漬け込みたいけれど、それは余力があったら考えましょ~~~

てなわけで、今年は梅が3kgです(*^m^*)


★そして500本。

去年、いつもお世話になっている方から教えて頂いたドクダミ化粧水♪
どっさりとドクダミ自体も分けて頂いて、ホワイトリカーで2本分、3.6リットル漬け込みました。
が、出来上がりのあまりの使い心地の良さに嬉しくなり 親姉兄や親戚、友達に配りまくった結果、
2年分は確実にあったはずなのだけど今年も作ることに(爆

そんな折、叔母から連絡があり
「友達も探してたんだって。友達の分も一緒に、またドクダミ化粧水分けて~」と^^
ちょうどドクダミの花も摘み頃になったことなので、
化粧水を送りついでにチャレンジしてみるぅ~?と レシピ も教えてあげました♪
(↑書き出すと長くなるので、ネットで見つけたレシピにリンクしました・爆)
私もドクダミ群生地を探さねばね・・・と思っていたら、その叔母からお礼の手紙。
良い場所を見つけて、早速友達の分と自分の分摘み取って作った のだけど、
まだまだたくさんあるから、欲しかったら摘んであげる~♪とのことなので、
お言葉に甘えて摘んでもらっちゃいました(*^m^*)

んで小包で送られてきたのが、どどーんっとドクダミ500本!!(@o@ノ)ノひょーっ!
とてもきれいでみずみずしいドクダミが50本ずつ束ねられて箱詰めされてきました♪
その日のうちにざぶざぶ洗って1束を二つに分け、
総勢20束を角ハンガーで逆さ吊り。うう~ん壮観です(笑
P6092318.jpg
叔母は自分が作った量から推し量り、ホワイトリカー2本分のドクダミを送ってくれたのだけれど
私は葉のみでなく丸ごと漬け込んでしまうので、更に更にたっぷりと作ることが出来そうです♪

さ~て、まずは何本分漬け込もうか・・・(*^m^*)


★15kg。

今週初め、業務用のスーパーにお買い物に行きました。
入り口にはラード15kg入りの一斗缶。
いつもは250g入りの袋をちまちまと買い込んでいるのだけれど
石けんには必ずと言って良いほど入れるラード。意外と消費量が多いのですね~
会社で使う石けんは、結構ぞんざいに扱われるから
溶け崩れ防止の為に本音で言えば半分は入れたいところだし。
なので、一斗缶を見るたび
「これだけあったら作り放題出来るな~♪ でもさすがに多いから 半分だったら更にいいな~」と考えちゃうのですね。

でもついつい通りすがりにちらっと見ると、期日間近なのでお値段いつもの半額の1190円!!
ぐらぐらと心が動きました・・・きっと通常比較2倍以上(笑
でも量は半分ではないし、よ~く見ると純粋ラードでなく調整済みのモノだし。
そして消費期限は目の前に迫ってるし!!
となると、このラードを買っても、作れる石けんは手洗いもしくは台所・洗濯用。
浴用や洗顔用の石けんの為には、地道に250gラードを買い続けなくてはいけません。
・・・きっと、15kg使い切れないよねぇ・・・。
後ろ髪引かれまくりでしたが、買わずに帰ってきたのです。

で、帰ってきても15kgの使い道を考えたり、ず~っと頭から離れなかったのですが。
今日また買い足りない物があって業務センターへ。
あのラードは売られてしまっただろうか・・と、諦めては居てもやっぱり目は追ってしまうのです。
すると。
まだある!!!しかもお値段更に半額 590円!!

・・・はぃ。買っちゃいました(^▽^;;;;
さてさてラード15kg。石けん作り甲斐思いっきりありそうです(笑


はたして15kg償却するのはいつの日か!!応援クリックお願いしま~す☆

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

手作りつながり?で、生姜ミルクプリン~♪


130[1].jpg

ネットの中をふらふらと遊び歩いていて見つけました(*^m^*)
使う材料は生姜と牛乳、お砂糖のみ!!
卵も寒天もゼラチンも使わず、なぜこんなにぷるぷるに固まるのか不思議~
とっても簡単で、思い立ってから5分後には「いただきます。」が出来ちゃいます^^
冷たくしても美味しいらしいけど、まだまだ冷えるこの時期には出来たてのほっかほかがなんとも嬉しいデザートです♪
お休み前のミルクは安眠の為のお友達だけど、更に生姜をプラスしたこれを食べれば、体もいつまでもほっかほか!!
いつの間にか、ぐっすり眠れちゃいますよ~
夜のデザートに、いかがでしょ♪


え~~。作り方は、「生姜 牛乳 プリン」で検索すると続々と出てきますが、私が作ったレシピはこちら。

材料:生姜・牛乳・きび砂糖

作り方:
①生姜をすりおろし、濾して大さじ1の絞り汁のみ器に入れる。
(カスは翌日のお風呂の友に~♪)
②牛乳を1カップレンジでチン!膜が張らない程度(70℃位)に温め、砂糖を入れて溶かす
③生姜汁の入った器に、温めた牛乳を勢いよく注ぎ入れる。
④上澄みをスプーンですくってみて、固まっていたら出来上がり!
 固まりが弱いようならば20~30秒程度、様子を見つつレンジでチン!で出来上がり~
⑤後はお好みでシナモンを振ってみたり・・・(*^o^*)

面白いことに、牛乳を注いだら、絶対に混ぜてはいけない!!そうです。
他にも細々とした注意事項があるようなので、気になった方は検索してみてくださいね♪

ちょっと実験チックなのと、生姜の入った飲み物(デザート)関係には目がないので、ついついはまってしまいました(笑
うまうまですよ~~~ぅ♪

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:趣味・実用

2006/03/27(月)

春だから♪

自分に活を入れる為、Bath Salt と Bath Herb を作りました♪(爆
両方とも、ちょびっとおされして言ってみましたが、要は入浴剤のことです(^▽^*)ゞ
884[1].jpg

Bath Salt は、天然塩にハーブで色づけし、エッセンシャルオイルで香りをつけた入浴剤☆
色づけしたハーブの色は、湯船に入れるまでのお楽しみで、湯が色づくほどではありませんが、ほんのりとした香りと効能はばっちり湯にも溶け出します♪
更にエッセンシャルオイルの香りが合わさり、ゴージャスな入浴タイムが過ごせます(≧▽≦)b!!

そしてBath Herb は、ハーブと天然塩、炭酸塩を、不織布の袋にひとまとめにパックした入浴剤☆
パックのまま湯船へぽーん!
パックを揉み揉みしてハーブの成分がじんわりと湯に溶け出すのを見守ったり、
天然塩&炭酸塩が溶け出した後の 温まったハーブパックを目の上や顔に乗せてパックのまねごとをしたり・・・。
エッセンシャルオイルほどはっきりした香りではありませんが、
顔に近づけるとほんのりとした優しいハーブの香りで、体も心も湯の中でとろけちゃいます♪

天然塩も炭酸塩(たまに重曹)も、血液の循環が良くなる為代謝機能が高まり、疲れが取れやすくなるので我が家では欠かせないアイテムです♪
普段だったら、お塩も重曹もお風呂へざざざっと保管している入れ物から直接振り入れちゃうし、
ハーブだって100円ショップで買ったお茶パック使用でイマイチお洒落度には欠けるのだけど、
たまにはお洒落なお風呂タイムも必要よね?と奮起一発♪可愛い出来上がりになりました~(*^m^*)

今回は春らし~く、そして自分の体調にも合わせて(爆
Bath Salt は、すっかり春めいてわくわくする気分に振り回されて 疲れた体を癒して貰うことを目指して(^^;
そして、Bath Herb は花粉症でつら~い鼻と溶けそうなおミソをすっきりさせてくれることを目指して(^^;;;
と、それぞれブレンドしてみました♪

Bath Salt はカモミールハーブで色付けして、精油はカモミール・オレンジ・グレープフルーツ。
それぞれ、
天然塩
血液の循環が良くなる為代謝機能が高まり、疲れが取れやすくなります。
カモミール
リンゴに似たフルーティーな甘い香り。安眠を促し、炎症やニキビを防ぐ働きがあります。
オレンジ
甘く爽やかな香り。前向きな気持ちにして、元気になります。発汗作用も。
グレープフルーツ
すっきり爽やかな香り。ストレスや不安を和らげます。体内の老廃物を排出させる働きにも優れています♪

と言われています。キャンディーみたいな香りで美味しそうな出来上がり♪

Bath Herb は天然塩と炭酸塩、ハーブはカモミール、レモングラスにミントと緑茶!
それぞれ
天然塩&炭酸塩
血液の循環が良くなる為代謝機能が高まり、疲れが取れやすくなります。
カモミール
リンゴに似たフルーティーな甘い香り。安眠を促し、炎症やニキビを防ぐ働きがあります。
レモングラス
レモンに似た爽やかな香り。疲労を回復し、殺菌作用にも優れています。
ミント
すっきりとした爽やかな香り。頭をすっきりさせ、殺菌作用や抗ウィルス作用にも優れています。
緑茶
美肌・美白作用に優れています。

と、言われています。
緑茶がすこ~し入るだけで、ハーブがぐっと親しみやすい香りになるのが不思議です☆


お店にも並べてみましたので、同志はどうぞご来店ください(爆
食べ物の話題が出たついでに、美味しいアイスティーの作り方をば♪

会社にいるときに、基本の飲み物は紅茶日本茶中国茶!
夏でもあつあつのお茶を戴く方が体の為には良いのでしょうけど、
こうムシムシしてくるとどうしても冷たいお茶が飲みたくなってきちゃいます(*^m^*)
お客さんには冷蔵庫で冷やした麦茶をお出しするのだけど、
急な来客でまだ麦茶が出来ていないとき・そして、自分で飲むおとっときの一杯を作るとき。
去年までの作り方は、

①ポット(急須)にホットで飲むときの1.5~2倍量の茶葉を入れ、
②その茶葉での適温で入れた濃いめのお茶を、氷を一杯に満たした別容器に注ぎます。
③溶けきらなかった氷を取り除いた(そのまま入れておくと薄くなっちゃうからね)そのお茶を、氷を1,2個入れた来客用のグラスに注いで出来上がり♪

でした。
でもこの作り方だと、結構な量がいっぺんに出来てしまうのですね(^^;
普段は私一人で消費するからそう毎回同じお茶だと飽きちゃうし、あったかいのを飲みたいときだってあるし、
紅茶の場合は、茶葉を選ばないと(ダージリンやアッサムを使うと)その時飲まない分を
冷蔵庫に保存している間にクリームダウン(白濁)してしまうことがあるし。
少人数で楽しむ(一人だっちゅーの)にはちょっと不便な作り方だったのですね。

でも今年は!!
年の初めに緑碧茶園(現・ルピシア)でお買い物したら、
毎月その月のお奨めの茶葉と共に、『緑碧通信』という小冊子が届くようになりました。
んで、今月の特集は「おいしい冷茶の楽しみ方」♪
上に紹介した方法は、『お湯出し』というのですが、『水出し』という方法もあるそうでして、
その方法で入れたお茶はまろやか~な飲み口でいながら口に含んだときの香りの印象が鮮烈で、無茶苦茶美味しいの!!
口に含んでは、鼻に抜ける香りを「んふ~」と楽しんでおりまふ♪

その作り方は・・ちょっとアレンジしちゃいましたが、

①まずはお水を選ぶ!良いお茶は良いお水から♪
くみ置きしてカルキ抜きした水か、浄水器のお水、もしくは軟水のミネラルウォーターを用意。
②終業時に、きれいに洗った容器に、茶葉を5~6g、水を500ml注いで冷蔵庫へ。
(本来は、6~8時間で出来るそうです)
お茶パックを使うと、うまく抽出されないし、かといって
取り出すときに絞り出そうものならお茶のエグミも一緒に出てしまうので、お茶はざらっと直接容器に入れた方が良いです♪
③翌朝出社したら、茶こしで茶葉を濾して、冷蔵庫に戻して保管。
美味しいウチに戴く為、その日のうちに飲みきります。

ストレートティーで作るのも美味しいですが、花や果物のブレンドされたお茶で作るのもまた豪華な風味がプラスされてうっとり・・♪
皆様もどうぞ、試してみてください~(*^m^*)

写真は・・左が、もう数年来使っている会社用のコップ、磁化杯。
0313777[1].jpg
入れた飲み物は美味しくなっているような気がするけれど、もう一つの効果(痩せる・・)は全然効きましぇ~ん!(爆
右は水出しアイスティー♪を作った後に・・茶葉を捨てるのがもったいなくてもう一回お湯を入れたお茶(爆
そのまま冷ましてから濾して飲むのだけど、水出しとまた違った”がつん!”とくる味に仕上がって、これはこれで味わい深いです(笑

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。