草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0314275[1].jpg

さて、第3行程まで終わらせて、3層になった石けんを型出ししてカットし、
少々乾燥させてから表面を削ってすべらかにし。
いよいよ年明け!!仕上げに入りました~♪

固めに仕上げた3層の本体に対して、
上からとろりとかける石けんはソースの如く柔らかく先に融けて欲しいので、柔らかな油脂アレンジで仕上げます。
しかも、保温に失敗すると・・というか、保温時に空気の流れにさらされると
石けんの表面は白くなってしまうので、それを防ぐ為にも、水分を取り込みやすい油脂を組み入れ
石けんの表面をいつもしっとり気味にしておきたいのです。
・・・などとつらつら考え、決めたのはマルセイユ配合のひまし油スーパーファット!!
これで、年明け早々にしようとしていた実験も兼ねちゃって、
一粒で何度も美味しい石けん製作です(笑

バレンタイン石けんの仕上げだけだったら油脂は500gバッチで充分!と思っていたのですが、
ひまし油が入るのでついでに2分割してシャンプーバーも作ってしまおうと1kgバッチで作成しちゃいました~♪

マルセイユ素地はシンプルすぎるか?とハーブティーで仕込み。
ローズマリーとオレンジフラワー、レモングラスを各大さじ1、
沸騰させた精製水450gに入れて蓋をし、蒸らしてそのまま冷まします。
作成に入る時に濾して、350g計って仕込み水に。

トレースの出た時点でひまし油をスーパーファットし、生地を2つに分けて
1つはココアパウダーを混ぜチョコケーキ石けんの仕上げに。
もう1つは『こんぶとふのり』、ローズマリーを挽いたのと、きび砂糖。の3種を混ぜて黒髪用のシャンプーバーに。
と、それぞれ作成。

シャンプーバーのオプションは、すべて髪のツヤを引き立たせると言われている素材です♪
(きび砂糖は、なぜ?と言われそうだけど、
本来言われている黒蜜は黒糖で作られ、黒糖はきび砂糖で作られるので・・。)
髪・・・ということは、毛も。
なので、お風呂大好きぷりこの為に、精油による香り付けをせず、動物にも優しいシャンプーバーに仕上げました^^
ぷりこ、ママとお揃いだよ~♪うひひ。
これらのオプションを使った動物のシャンプーバーに関しては こちらもどうぞ~

ケーキ石けんの仕上げの為に、緩めトレースで・・とは最初から決めていたのですが、
なかなかこれ!と思うとろみにいかず、かと言って翌日持ち越しすると固くなりすぎて後の祭りに
なりそうだったので、思いっきり夜更かしの、時間の掛かった石けんとなりました・・・(^◇^;

では、レシピです♪


《チョコケーキ石けん~仕上げ編+α》

油脂:合計 1000g
オリーブオイル 720g
パーム核油 180g
ココアバター 100g

ハーブティー 350g  苛性ソーダ 127g(8%ディスカウント)

オプション:
全体に)
・ひまし油 大さじ1
チョコケーキ石けんに)
・ココアパウダー 大さじ1
シャンプーバーに)
・昆布とふのり 1袋
・ローズマリー 大さじ1・・・すり鉢で挽く
・きび砂糖 大さじ1


んで、ここまで作ってはたと気がついたこと・・・。
石けんには1つ1つ原材料を書いたラベルを作って、ラッピングした上にシールで貼り付けるようにしているのだけど。
この石けんの材料、全部書ききれるかしらん・・・( ̄▽ ̄;)たら~り


石けんただ今無事(爆)販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 
スポンサーサイト
0314277[1].jpg

え~。毎年毎年バレンタインには、チョコの他に石けんをふた~つ。
いつも年が明けてからはっ!と気がつき、ばたばたと作成にはいる姿をお見せしていましたが、
今年は!!既に準備おっけーです♪むふふ(*^m^*)
1つはずずいと↓に下がるとレシピもご紹介済みの「竹ひば石けん」
そしてもう1つは!!この↓の写真で、途中経過をお見せしちゃいました「チョコケーキ石けん」ヾ(≧ω≦*)
お正月のウチに無事!仕上げをすませ、いつもよりも少々長く保温箱でお休み中♪
4行程にわけ頑張ったので、出来上がってようやく「おめでとう!!」な気分です。
これからお正月気分を満喫するぞ~~~♪(遅いってば^^;

さてさて、それではご説明^^
バレンタインと言えば、皆さん腕の見せ所♪
お菓子作りの得意な方だったら、チョコを使った美味しそうなお菓子なぞをプレゼントして
彼氏の心をがっちりと掴むんだろうなぁ♪と羨ましく思いつつ、私は旦那ちまが「ぷっ」と笑うほどに
お菓子の作成には向いていないようなので・・(爆
お得意?な石けんで、チョコケーキを表現してみました♪

1段目はオレンジ色に、マリーゴールドをアクセントにした石けん。
スポンジ部分を想定して、保湿たっぷり卵黄も入ってます。
2段目は、シナモンシュガーでムースっぽく♪
3段目は、ココア&ミルクにオートミールを混ぜ込んだ、生チョコ風石けん。
そして仕上げには♪ひとつずつカットした上から、
緩く作った石けんをチョコレートソース風にとろりとかけちゃいました~
誰か食べてくれないかしら~ん?(笑

男の方向け石けんなので、
それぞれの石けんレシピは泡ぶくぶく・しっかりした硬さの出る油脂の組み合わせです。
そのため保湿感が少々物足りないかな?と思い、オプションで保湿に気を付けてみました♪
さて、それではレシピを4行程分ご紹介です~


《チョコケーキ石けん~第1行程》 12/19作成

油脂:合計 800g
オリーブオイル 320g
パーム核油 320g
レッドパームオイル 80g
ココアバター 80g

精製水 280g  苛性ソーダ 106g(8%ディスカウント)

オプション:
卵黄 大1個分
天然酸化防止剤(ROE) 8滴
ホホバオイル 大さじ1
マリーゴールド 大さじ2・・適度にカット
スイートオレンジEO 40滴
レモンEO 40滴
プチグレイン 50滴

卵黄・ROEは苛性ソーダ液を入れる前、温めた油脂に先に混ぜ込みます。
他のオプションはトレースが出てから。
多めに作ろうと800gバッチにしたら、いろんな入れ物を使うハメになってしまい、
4行程分保温が大変でした・・・(^^;
2005/12/21(水)

竹ひば石けん

0314077[1].jpg

プリン石けんのアップばかりでしたが、固形石けんも年末にしては着々と作成しております♪

今年はな~んと!!バレンタインの石けんも既に準備態勢!
てのはですね、毎年、年末年始は忙しさにかまけて石けんを作らないのですが、
年が明けてほっと一息ついた頃・・・というと、大抵バレンタインまで残すところあと1ヶ月!!
毎回毎回うっきゃ~~状態で駆け足作成にはいるのですね。
しかも1種類じゃつまらんので2種は作りたい!!ので余計にばたばた(^◇^;
さすがにトリ頭の私でも何年か続けると学習能力が出来てくるというモノでして・・・
今年は余裕の作成に入ってみました♪
とは言っても、指折り数えてみればバレンタインまでは後2ヶ月。
熟成に1ヶ月少々掛かって使用感確かめてラッピングして・・・の時間まで入れたら、
これでちょうどぎりぎりな期間なんですよね~
月日の過ぎるのは早い!!早すぎる・・・(爆

しみじみと感慨にふけりつつ、バレンタイン作成第一弾は、既に恒例となった「竹々石けん」のアレンジ版♪
竹酢液の代わりに翌檜香(あすなろこう)を使った、「竹ひば石けん」です~~~(*^m^*)

え~、「翌檜香」というのはですね、日本産の精油である「青森ひば精油」を
『水蒸気蒸留法』で抽出する際に、副産物として出来るものです。
『水蒸気蒸留法』というのは、まず大量に集めた植物に蒸気を通し、蒸気にその植物の効能をたっぷりと含ませます。
蒸気が冷えるとまた水に戻り、また、蒸気に含まれた植物の恵みの成分(濃縮液)である精油は
水よりも軽い為、水の上に浮かびます。この上澄み部分を取ることで精油抽出完了!
そして、この水の部分を『蒸留水』と言うのですが、これだってただの水ではない!!
精油ほど強力なものではありませんが、水溶性の植物の恵みが
この蒸留水にはた~~っぷりと溶け込まれているのです♪
・・て、私の説明だとおおざっぱすぎて分かりにくい?(滝汗
まぁとにかく、「ひば精油」を抽出した際に出来る『蒸留水』が「翌檜香」なので~す♪

「翌檜香」の効能は、精油に準じて抗菌・殺菌・防虫・消臭・脱臭・芳香・・・と幅広く。
あ、香りは正に森林浴!な香りです。しかも和製精油の副産物だから、
日本人には一番馴染んでいる香りではないかな?と思います。
小さな頃から野山を駆け回って遊んでいた旦那ちまには、と~っても落ち着く香りらしく、
一度手に入れてからは無くてはならないものの1つとなりました^^
ええ!だ・か・ら♪
バレンタイン用石けんに翌檜香、なのです(*ノxノ)きゃっ
石けんも旦那ちまに気に入って欲しいな~と作成です!!(力説

ではレシピ♪


《竹ひば石けん》 12/12作成

油脂:合計1000g
オリーブオイル 400g
ココナツオイル 400g
パームオイル 100g
ラード 100g

精製水 200g  苛性ソーダ 145g(8%ディスカウント)
攪拌5分後、翌檜香 150g投入

オプション:
竹炭 大さじ1強
クレイ 大さじ2
牧場の花・2色レイヤー・EXVオリーブ石けん 各1個(モザイク用)

オプションはすべて強めにトレースが出てから。
黒っぽい石けんなので、面白味に欠けるかと石けんを1cm角のサイコロにカットして混ぜ込みました♪
色とりどりの石けんがランダムに現れて、可愛らしい外見です^^


石けんただ今販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 
0314613[1].jpg

プリン石けんにかまけて紹介が遅れていましたが、そんな石けんも作っておりました。
日付は11/26。先週の土曜日。
そう!会社でプリン石けんと固形石けん作ったら、なぜか俄然やる気を起こしてしまいまして、
お家に帰ってもう一個石けん作っちゃったのですね~(笑
旦那ちまのお友達も遊びに来ていたというのに、そして夜中の既に12時近くだというのに。
やる気というのは歯止めの利かない物でございます…(爆

え~、そんな慌ただしい中作った石けんは、エキストラバージン(EXV)のオリーブオイル100%の石けん。
通常石けんを作る時のオリーブオイルは、ピュアオイルが使われます。
オリーブオイルで作った石けんは酸化しにくく、
長く置けば置くほどに使い心地が良くなる。と言われているのだけれど、
◎オリーブの実搾りたての、オリーブオイルの中では最高品質であるEXVは、
精製したオイルの割合の多いピュアオイル(ピュア=精製オイル+EXV)を使うよりも
未精製であるだけ酸化が早い。と言われていること
◎オリーブのトレースは遅い。けれども、EXVはピュアよりも更にトレースが遅い(--;
◎そして、EXVはオリーブの実の色そのままの、グリーン(または黄)がかった石けんになる。
反面、ピュアは真っ白な石けんが出来るので、どんな色づけも思うがまま!

等の理由で、なんとな~くEXVは避けられがちなのですね。
とはいえ、世界中で根固い人気のオリーブ石けんでもEXVを使った石けんは数多く、
そして他の油に比べれば酸化はしにくいと言えるので、あえてピュアでなくEXVを使う!という方も多いようです。

私は普段使い勝手の良さでピュアオイルを使っちゃうのですが、今回なぜEXVなのか?と言いますと。
ず~っとず~っと前…おそらく2年ほど前になりますか…
お友達に、EXV100%の石けんを戴いたのですね。
んで、長く置けば置くほどに良い!と聞いたので、ず~っと石けん保管箱の片隅にしまいこんでいまして。
ふと思い出し、もう良い頃合いでしょう!と使い始めたのが空気の乾燥し始めたつい最近。
これがまた、むっちゃくっちゃ良かったのですよ~~~o(≧▽≦o)(o≧▽≦)o
しっかりと固い感触の石けんから、細かいぷくぷくとした気持ちのいい泡…!
これがオリーブか!!と目からウロコでした!!

んで、そ~んな気持ちいい石けんを、私も作ろう♪と思いまして…
思っていて思っていて、ピュアオイルの在庫があったのでなかなかにEXVオイルの購入に踏み切れないでいて…
ようやく先週の中頃、手に入れていたのですね♪
今回はそのオイル、まるっと1本916g(1L)で作成しちゃいました。
これだけ作れば、あげ魔の私でも1個位は2年後くらいまで残っているだろうと(笑
では、レシピです♪


《EXVオリーブ石けん》 11/26作成

油脂:
オリーブオイル 916g

精製水 150g+ローズウォーター 170g
苛性ソーダ 113g(8%ディスカウント)+ステアリンけん化分 3g
油脂を温める際、ステアリン酸30g追加

オプション:
パールパウダー 2g

今回はオリーブの良さを実感しよう♪とオプションはなるべくシンプルに。
とは言っても、ローズウォーターとパール使ってるんで、
むちゃむちゃ豪華な使用感だと思いますです(*^m^*)♪
単価的にもね。うひ~
ついステアリン酸を入れちゃったので、トレースまで30分ほど^^

にしても今回使ったこのオイル。
ほのかに温めただけなのに、とっても良い香りが漂って、お腹がきゅるる~☆と動くほど(笑
お食事用にもぜひ欲しい~♪
0314739[1].jpg

はい、もう作るのも何回目か忘れた、会社で作成の会社用石けんです(笑
もちろん作ったのは↓で宣言したとおり、プリン石けんを作った午後のお話。
2時位まで他のお仕事ぱたぱたとしていたので、それ以降に作り始めてちと当日中にトレース出てくれるか焦りましたが、こちらもプリン石けんを触媒に使ったことで、しっかり終業までに出来上がってくれましたヾ(≧ω≦*) 便利ですなぁプリン石けん♪

え~~。会社の石けんは、もともとお歳暮やお中元で頂き物の油が、使い切れずにしまい込まれたまま消費期限を過ぎてしまったものが大量にあったので、捨てるのももったいなくて作り始めたのですが・・・。
普段家庭で使う油というのは、紅花油や大豆&菜種油の混合油、コーン油、等々。
これだけを使うと、柔らかすぎてすぐぐずぐずに溶けちゃう石けんになる油ばっかりなのですね。
なので、溶け崩れにくい石けんにする為、新たに「ラード」を買ってきて(これが固い石けんを作る油の中では一番手に入れやすく、そして安い!)作るわけでして。
お昼休み、午後の作成に向けてスーパーで250gチューブ入りラードを165円で買ったのですが、ふとその後立ち寄った業務センターで、15kg2499円ナリの一斗缶入りラードを発見してとても欲しくなりました・・・(笑
油を消費する為に石けん作っているというのに、石けんの為にまた大量の油が欲しくなるとはこれ如何に(大爆発

な~んて戯れ言はこれくらいにして(でも気になるぅ~・爆)
今回作成のレシピは、こちら♪


《会社用石けん》 11/26作成

油脂:合計650g
コーン油 400g
ラード 250g

精製水 225g  苛性ソーダ 85g(5%ディスカウント)

オプション:
プリン石けん 30g
よもぎパウダー 大さじ1
クレイ 大さじ1
グラニュー糖 6g
ココナツFO 40滴
アップルFO 30滴


前述の通り、トレースが早く出てくれないと月曜日まで持ち越してしまうことになる為、こちらにもプリン石けんを加えました。
加える時期は↓と一緒。油脂を温めたら、苛性ソーダ溶液を加える前に加えて、油脂とよ~く混ぜ合わせておきます。
んで、おもむろに苛性ソーダ溶液を加えてぐるぐる。
1時間位でトレースが出たので、他のオプションを加えて型入れです♪
会社のみんなは香り付きの方が嬉しいかな~?とFO用意したのですが、あまりにキョーレツな香りだったので、少々で止めちゃいました(爆
おかげで、保温終了後は石けんの香りがするだけで~す♪みんなごめんなしゃい・・・(^^;
2005/11/21(月)

一見ただの・・・

2色レイヤー石けん。
だがしかし!!その実態は・・・・!

0314071[1].jpg

失敗作だったりします。とほほ(T_T)

え~記事で言うと2つ下になりますが、「牧場の花石けん」の時に、1/3ほど取り分けて、次回に続く。の石けんは。
『まきば』シリーズ第3弾!!
「牧場の空石けん」の予定だったのです。

下のグリーンは、よもぎの緑にマリーゴールドの花びらで、草原とそこにちらほらと咲く花をイメージしておりました。
ということは??上の白は・・・もちろん、空をイメージしていたのですね。
私にしてはいつになく。
すんごくすんごく時間を掛けて、青い空とぽっかりと浮かぶ雲を想像しつつ丁寧に慎重に作り上げました!!

んで、翌日。
わくわくどきどきと、ちゃ~んとお空が出来上がったかしらん?
カットにはまだ早いし・・と思いつつ蓋を開けた私を待っていたのは。
・・真っ青なマイカ(雲母)で作った空が、アルカリに負けて真っ白に変色していた事実・・・(号泣

お店では、マイカの欄に「石けんにも」って書いてあったのに~~~~!!
鵜呑みにして下調べをさぼった私がうっかりさんだったわ。とほほのほ。
んなわけで。
牧場シリーズ第3弾は、夢と消えたのでした・・・。ちゃんちゃん。

え~~。では、タダの白地(泣)のレシピはこちら。


《2色レイヤー白部分》 11/14作成

油脂:合計500g
オリーブオイル 300g
ピーナツオイル 50g
ココナツオイル 100g
ラード 50g

精製水 170g  苛性ソーダ 67g(8%ディスカウント)+ステアリンけん化分 2g
油脂を温める際、ステアリン酸20g投入~

オプション:
シルク 1g
クレイ 大さじ1
ブルーマイカ 小さじ1/2

ちょっと堅めにトレースの出た後、シルクとクレイを混ぜてから半量取り分けて、ブルーマイカで色付けします。
後は、青い空に白い雲!を想像しつつ生地を注いで出来上がり~♪
・・・うん、この時点では出来上がりだった・・・。えーん
2005/11/15(火)

牧場の花石けん

0314541[1].jpg

牧場の緑石けんと対で、牧場の花石けんというのも作ってみました(*^m^*)
だから、これも『まきば』と読んでくださいな♪
緑のマーブルに対して赤を使い、ちょいとクリスマスも意識してみたりして(笑
・・とはいえ、↓の緑も切ってみたらびみょ~な色でしたね~(^▽^;

** * ** * ** * ** * ** *

作成は先日の日曜日。マーブルが出来ているか見たかったので、まだ早いと思いつつ無理矢理ひと~つ切っちゃいました。
ら、柔らかくて上がぐにっと・・今はまだチーズケーキの方が固いでしょう(爆)とほほ
見た目がチーズっぽいのは、生地にハチミツを入れたから♪
ハチミツ効果でほんのり黄色くなり、マーブルの赤と相まって、更に色とりどりのお花らしくなりました(*^m^*)

実は最初、対にするならオプションはマーブルで使ったヨモギ以外は
緑石けんと同じにしようかな~と思ってたのです。
でも、せっかく「花」なので!!
「花」にはハチミツがつき物でしょう!!と、どうしても入れたくなっちゃったのですね~
そのため、ちょっとごちゃごちゃしすぎ?とオプションからシルクを外し。
花らしくもっと軽やかに~♪と、オイル配合も軽めにしちゃいました。
更に、トレースを出やすくするため(ひいてはマーブルを出しやすくするため)ステアリン酸も配合^^
と、なんだか最終的にはいろいろ変わっちゃってます(笑

そして更に、作成段階になってまたもや突発的思いつきで、作成量を800gバッチに変更~♪
2/3量を今回の「花石けん」に使い、残り1/3は次回作の下地に使いました。
ので、レシピは800g量で紹介です~


《牧場の花石けん》 11/13作成

油脂:800g
オリーブオイル 300g
米ぬか油 160g
太白ごま油 100g
ココナツオイル 160g
パームオイル 80g

精製水 280g  苛性ソーダ 106g(8%ディスカウント)+ステアリンけん化分 3g
油脂を温める際、ステアリン酸30g投入~

オプション:
ゴートミルクパウダー 20g
パールパウダー 2g
ハチミツ 大さじ1
ラベンダーEO 50滴
ローズゼラニウムEO 30滴
ローズマリーEO 20滴
レモングラスEO 5滴
ジュニパーベリーEO 15滴
レッドクレイ 大さじ1
(次回用に)
よもぎパウダー 大さじ1
マリーゴールド(ホールで) 大さじ1

トレースが出たらゴートミルク~EOまでを全体量に混ぜてから、
1/3と2/3量に分け、今回は2/3量を使います。
2/3から更におたま1すくい分取ってレッドクレイを混ぜ、戻してマーブル模様に。

残り1/3はよもぎと粗めに刻んだマリーゴールドを混ぜ、別の型で保温です。
次回紹介はこちらを使って・・・。


石けんただ今販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 
2005/11/08(火)

牧場の緑石けん

石けんただ今販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 

0314540[1].jpg

順番から行くと、洗濯実験ですが・・まずは、土曜日深夜に作った石けんから。
こちらだったら会社でもアップ出来るしね・・ほほほ(爆

え~・・・これは、『ぼくじょう』ではなくて『まきば』と読みます。
どうも、私の中では
『ぼくじょう』=牛のいる場所
『まきば』=牛よりも小さな動物のいる場所
というイメージがありまして。
しかも、『まきば』で真っ先に思い浮かべるのは、ぴょんこぴょんこと飛び跳ねるヤギ!!
と言うわけで、今回のメインオプションはゴートミルク(ヤギのお乳)です♪
てか。。。久々にゴートミルクを買ったんで、いつもは『ハイジ』から連想してオプションを考えるのですが、
たまには違うことから連想しようかねぇ?・・と思ったら。
ヤギ=『まきば』しか考えつきませんでした・・・(大爆発
ううう。私の発想ってば(T▽T)


『まきば』と来たら、緑わきたつ草原をイメージして、石けんのカラーは緑。
今まで作った中で、緑が一番鮮やかに出たのはヨモギなので、ヨモギでマーブル模様にしてみました。
ヨモギの時期は、花開く時期。なので、香り付けも草っぽいようでいて、甘~い花の香りをイメージ^^

更に。ゴートミルクは、それだけで栄養価満点な保湿剤ですが・・それを強化する意味で、パールとシルクも♪
パールは昔から、身を飾る為だけでなく、アミノ酸がたっぷり含まれるために
美容の面からも大切にされてきました。
かの世界三大美女とも言われるクレオパトラも、酢で真珠を溶かして飲んでいたとか・・(*^m^*)
飲用はもちろんですが、直接肌に塗っても効果があり、皮膚の栄養補給、保湿効果に優れ、
白く・そして柔らかいすべすべの肌にしてくれます♪
そしてシルクは、髪や肌に保護膜を作り、老化防止に、
更に保湿・皮膚の弾力性の向上に役立ちます。
ふふふ。ゴートミルクは赤ちゃんのミルクにも代用されるけど、これだけ強化したのを肌に使ったら、
肌も赤ちゃんのようになれるかしら~ん♪

そんな熱意満面無理難題を含むレシピは、こちら(A^_^;;;


《牧場の緑石けん》 11/4作成

油脂:合計 500g
オリーブオイル 360g
ココナツオイル 90g
パームオイル 50g

精製水 170g  苛性ソーダ 66g(8%ディスカウント)

オプション:
ゴートミルクパウダー 15g
パールパウダー 1g
シルクパウダー 1g
ヨモギパウダー 大さじ1
プチグレインEO 40滴
ラベンダーEO 40滴
スイートオレンジEO 20滴

オプションは、ヨモギを抜かしてトレースの出た後。
すべてを混ぜ込んだ後におたま1杯分取り分けてヨモギを混ぜ、また戻してマーブル模様を作ります。
・・眠気を堪えつつ作成したので、最後、トレース甘めで仕上げてしまい・・
生地が緩かったのでまたまた微妙なマーブル模様になってしまいました(爆
全体が緑っぽ~い(T▽T)ははははは・・
2005/11/07(月)

ドクダミ石けん

石けんただ今販売中♪お店へどうぞお立ち寄りください☆ → 


え~、では金曜日作成の石けんから・・・♪

今年は、知り合いの方からドクダミをた~っぷりと戴きまして、化粧水用に焼酎にどっさりと漬け込みました^^
その量、なんと一人で顔に全身に、と使っても2年は軽く保つほどの量!!
ドクダミは、美白効果がある他にも、『毒為め』『毒消し』から転じた名、と言われるほどに
毒素を排出する働きに優れているため、吹き出物やニキビの痕の改善に・・と数多くの効果があります。
そして、保湿目当てにハチミツ添加♪
ハチミツにも、他に穏やかな漂白作用(美白作用)や収れん・抗炎症作用などなど。
先日ようやく出来上がって、うはうはで使い倒しております♪

それでですね、焼酎に漬け込むときに、少々取り置いてオイルにも漬け込んでおきまして。
お揃いで石けんを作ろう♪と目論んでいたのですね~(*^m^*)
化粧水が使える時期を少々勘違いしていたので、ちょっと作るのが遅くなりましたが・・(爆
お揃い石けんの作成です!!

では、まずお揃いと言うことで、オプションはハチミツ。
でも、まるっきり同じでは芸が無いかねぇ?と思いまして、石けんには更に、
『和+漢』の薬草で効果アップを狙い、はと麦と朝鮮人参も加えました♪
その日、お風呂に入れよう♪と今年初の柚子も購入していたので、ついついそれもプラス・・(笑
え~、ではそれぞれの効果を・・
はと麦には、特にむくみを取り、皮膚再生・肌荒れ防止・美白効果があります。
皮膚の新陳代謝を高め、しみ・くすみを解消し、みずみずしい肌を取り戻す働きが^^
朝鮮人参は、細胞の寿命を広げ、小さな皮膚被害を治すことが出来ると言われています。
柚子は・・長くなるので、こちらを参照~(笑

これだけ美白効果に優れたモノを揃えたら、日焼けした私の肌も冬の間には効果が出てくれるかしらん?(^◇^;
香りは、柚子を加えたのでそれにあわせて、柑橘系でほのか~に加えました。

オイル配合は、冬なので♪マルセイユ配合で。
夏の間はさっぱりと米ぬか油を多用しましたが、オリーブオイルの石けんを使うと、
やっぱり私はオリーブ特有のどっしりもっちりとした泡の方が好きだなぁ~としみじみしてしまいます(笑

では、レシピです♪


《ドクダミ石けん》 11/3作成

油脂:合計500g
ドクダミ浸出オリーブオイル 360g
ココナツオイル 90g
パームオイル 50g

精製水 170g  苛性ソーダ 66g(8%ディスカウント)

オプション:
はと麦パウダー 大さじ1
朝鮮人参パウダー 小さじ1
ハチミツ 大さじ1
柚子皮・柚子絞り汁 1個分
マンダリンEO 70滴
レモングラスEO 10滴
シダーウッドEO 20滴

オプションは、すべてトレースの出た後で。
柚子皮はすり下ろして加えたので、ぷちぷちとした粒がアクセントになった石けんになりそうです♪
0314539[1].jpg

2005/10/10(月)

ぷるぷる石けん♪

作るぞ熱がちとメラメラしてきたところで勢いに乗って石けん作成♪

最近消費にいそしんでいたので、在庫が少々物寂しくなってしまい今回は600gバッチです(*^m^*)
オプションはシンプルに卵&ハチミツで~
両方とも保湿に富み、しっとりお肌を保ってくれます。
特にですね、卵のレシチン効果に期待なのです!!

以前に豆乳をお風呂に入れたとき、ほっぺがもちもちぷるぷるになりました。
んで、最近卵油を飲んでいるのですが、普段だったらこの時期、真っ先に乾燥してがさがさになるはずの手がぷるぷるを保っております♪
外用と内用の差はありますが、両方に共通するのはレシチン。
レシチンは、細胞を活性化し、新陳代謝を促す働きをします。
なので、肌を美しくし、皮膚疾患(シミ、ソバカス)を予防する働きが期待出来ます♪
厳しい夏の日差しに耐え、そして乾燥した風にさらされつつ頑張るこの時期の肌に、なぁ~んとふさわしいオプション!!
レシチン自体を使った方が、効果がはっきりと分かりそうですが・・
気になりつつも、注文をしたのが前日の土曜日。
まだ手元に届かない!でも石けん作りた~い!!ので、今回は卵ちゃんに頑張って貰いました^^
レシチンが届いたら石けんに入れるのが先か、クリームを作るのが先か・・・
レシチンは乳化作用にも優れているので、クリームにも入れたいと思って居るんですよね~。
クリームは洗い流さないので、余計にぷるぷる加減が分かるかと♪うひひ楽しみ~

あ、話がちとずれました(爆
生ものを入れるので、天然酸化防止剤であるROEも念のため追加。
そして、保湿を更に強化する為に、トレース後にホホバオイルも追加です♪
秋~冬にぴったりの石けんが出来上がるかしら~ん(*^m^*)

では、レシピです♪


《ぷるぷる石けん》 10/9作成

油脂:合計600g
ラベンダー浸出オリーブオイル 250g
米ぬか油 100g
ココナツオイル 150g
パームオイル 50g
ラード 50g

精製水 210g  苛性ソーダ 81g(8%ディスカウント)

オプション:
卵黄 大1個
ROE 10滴
ハチミツ 大さじ1
ホホバオイル 大さじ1
スイートオレンジEO 40滴
ベルガモットEO 40滴
ラベンダーEO 40滴

卵は卵黄の薄皮を取って、苛性ソーダ液とあわせる前の、38℃まで温めたオイルと混ぜ合わせます。
卵にすこ~しずつオイルを注ぎ入れて混ぜるのが本来のやり方ですが、ついうっかりオイルの中に卵黄をとろりと入れてしまったので混ぜ合わせても少々分離(--;
まぁ最終的にしっかり混ざった・・・はずです(爆
ROEもその時一緒に。
それ以外のオプションはすべてトレースが出た後です~
今回は、熟成中に臭ってくるかもしれない卵黄の匂いを抑える為だけなのでEOはほんの少~し。
でも、オリーブオイルに長い間ラベンダーを漬け込んでいたのでわりとラベンダーの香りが強い、かな?(笑
0313664[1].jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。