草食ファミリー宝物箱

草食な子供達 と 手作り石けん+α の話題の2本立てでお送りします☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは唯一成功作~♪
これも旦那ちまスペシャルを使って作りましたの^^
きっちり保温できて、色もきれいですわん♪

0310866[1].jpg

* * * * * * * * * *

冬と言えば、みかん!!
おこたやヒーターでぬくぬくと温まった体に冷た~いみかんは、とてもさっぱりと喉を潤す、無くてはならないものですね♪
喉を潤した後は、皮をお風呂に入れれば、血行が良くなり、湯上がりもポカポカ!ビタミンCが含まれ、収斂作用もあるのです。捨てるところがありませんね~^^
お風呂と言えば、ショウガを1かけすり下ろして入れるのも、湯上がりもポカポカに暖まって大好きです♪
なので、今回は、みかんを含む柑橘系&しょうが、のポカポカタッグで作ってみました~ヽ(≧ω≦*)
冬のお風呂は、ついのぼせるまで入っていたくなるので・・香りで爽やかな気分になろうでないの、というのも狙いです(笑

オレンジピールとレモンピールをパウダーにしたものをお友達に貰ったので、ソレを使用しましたが。
それだけでは柑橘っぽい色が出ないので、レッドパームオイルを少々入れて色づけました♪
みかん・・にはちょっと色が足りなかったけどね(爆

では、レシピです♪


《シトラスジンジャー石けん》 12/5作成

油脂:
オリーブオイル 200g
米ぬか油 160g
パーム核油 90g
パームオイル 30g
レッドパームオイル 20g  合計500g

精製水 150g  苛性ソーダ 61g(10%ディスカウント)
5分攪拌後、ショウガの絞り汁 25gを投入

オプション:
オレンジピールパウダー 小さじ2
レモンピールパウダー 小さじ1
スイートオレンジEO 200滴
グレープフルーツEO 80滴
レモンEO 40滴
ジンジャーEO 100滴

しょうがはたっぷりじゃぼじゃぼと♪
香りもたっぷり・・になってしまったのは、トップノートの香りが多いので、熟成中に飛んで行ってしまわないか・・と危うんで。
レッドパームも、合わせたばかりの頃って独特の香りもするから、最初いつも通りの量を入れてもぜんっぜん柑橘の香りがしなくって(爆
嫌みな香りにならないことを祈る~~~
スポンサーサイト
ちょうど去年の今頃、このシリーズのうち2種を石けんの型としてGETしまして、それからというもの再注文をしたくて仕方のないブツなのですが。
ワタクシ、今回ほどマトファーのシリコン製焼き型・半球型が欲しいっ!!と思ったことはございません(笑
だって大福ですもの、丸形にしたいですよねぇ?
せめて近いモノで・・・と思って、○型カップで作ったけれど・・・水羊羹にしか見えないよ~ぅ!!
あうう・・・不本意ですが、名前の変更を考えておりましゅ。

今回、最初に使いたかったのはよもぎ
よもぎには、冷え性・乾燥肌・あせも・ひび・あかぎれ等に改善効果があると言われています。
んで、オプションが1種類だけというのもつまらないな~♪と、
世に出回る手作り石けんの中でも対に使われることの多いあずきで2色石けんにしよう!!と考えたのですが。
よもぎとあずき、と言ったら思い浮かべるのは「よもぎまんじゅう」か「草大福」ですよね~ぇ(食いしんぼ?!
なので、この次点であずき入りの生地はよもぎ生地の中に入れることが決定~ヽ(≧ω≦*)♪
そして当然のように、あずきの方にはハチミツで甘みを。
(ハチミツには保湿効果・殺菌作用などがあります)
甘みを感じるには、塩分も必要♪と、よもぎの方にはにがりを投入~!(大丈夫!!ちゃんと石けんですから^m^*)
そうそう、余談ですが、にがりを2~3滴いつもの歯磨き粉に追加して歯を磨くと、虫歯予防になるし歯茎も引き締まるそうです♪
あと、舌の上に2~3滴垂らすと、胃腸不良が原因の口臭を防いだり。もちろんお通じも良くなるしね(^m^*)
にがりっていろいろ使えて便利~♪
他の効能は、にがり(その他)・あずき(スクラブ)ともにこちらでどうぞ^^

よもぎの効能に、冷え性があるので・・ちょっと大福とは思えない香りですが(汗)、EOブレンドも冷え性対策繋がりにしました(≧▽≦)ノシ
ではレシピです♪


《草大福石けん》 11/13作成

油脂:
オリーブオイル 280g
アボカドオイル 20g
パーム核油 150g
ココアバター 50g   合計 500g

精製水 170g  苛性ソーダ 63g(10%ディスカウント)

オプション:
よもぎパウダー 大さじ1
にがり 小さじ1
あずきパウダー 大さじ1
ハチミツ 大さじ1
スイートオレンジEO 60滴
ローズマリーEO 60滴
ラベンダーEO 90滴

トレースが出たら、まず香り付け。EO混ぜてぐるぐる~
そしておもむろに生地を3:2位に分け、3の方によもぎ&にがり、2の方にあずき&ハチミツを加えてよく混ぜます。
型に先によもぎ入りの生地を流し込み、真ん中辺にそ~~っとあずき生地を流します。
そうすると、あずきをよもぎでくるんだような状態になるのですよ~♪
・・・問題は、あずきのパウダーが混ぜたときに小豆色に見えなかったこと(汗
大さじ1よりもちょっと多めに入れたのに、全っ然色づかなかったのー!
保温してジェル化させたらようやくソレっぽい色になって、ホッと一安心です♪

・・・更なる問題は、形・・・だな(汗
0310116[1].jpg

会社で皆が仕事の終わりに使う石けんは、1年くらい前からぽぽ作石けんです(^m^*)

というのも、会社にはお歳暮等で頂いたまま倉庫に眠っていた、使用期限切れの油が随分ありまして・・
困っていた社長の奥さんから、石けんに使えるなら使っちゃってちょうだい、と作成係に任命されましたの♪
会社用では、
☆なるべく期限切れの油をたくさん使うレシピにする。
☆でも、泡立ちよく・ぐずぐずに溶けてしまわない、手作りに馴れない人にも使いやすい石けんにする。
☆会社の経費削減(おお、経理らしい言葉!)・材料費はなるべく安く!!
を課題としております♪(^m^*)

そして、今回持ち帰った油はエコナ!!
エコナは菜種油・大豆油の混合油なのですが、両方とも酸化が早く、トレースが遅いのが難点です(汗
しかも消費期限大幅に過ぎてますしね~(^^;
なのでまずは、酸化防止剤のROEを混ぜまして。
ココナツオイルを100g追加、
そして経費削減・トレースを早めるために、ステアリン酸にご協力頂きました♪

ステアリン酸は、飽和脂肪酸なので、トレースが早く進みます^^
しかも使うのはとっても少量(大体15~20g)で済むのに、
カワチヤさんでは500g400円!と経費削減の強~い味方です♪
今までで一番ステアリン酸を使ったのは、
ハードオイル中のステアリン酸含有量+オプションとしてのステアリン酸
で、油脂全体量の6%だったので・・
すなお~に、今回、
(エコナ500g+ココナツオイル100g)×6%=36g
のステアリン酸を入れてみました。
純度90%なので再計算して、40gの使用です。

そしてオプションは、大豆油つながりで豆乳&きなこ(^m^*)
両方とも家にあったモノを使ったので、お財布にもとっても優しい石けん・・・になるつもりでした(爆

・・失敗談の前に、先にレシピを書いておきますと~


《会社用手洗い石けん》 10/3作成

油脂:エコナ 500g
   ココナツオイル 100g  合計 600g

精製水 110g  苛性ソーダ 81g+4g(5%ディスカウント)←手を洗うだけなので低めに設定~

オプション:ステアリン酸 40g
      ROE 10滴
      豆乳 100g
      きなこ 大さじ2

えと、まずはココナツオイルにステアリン酸を入れ、レンジでチンして溶かします。
いつもよりもステアリン酸の量が多いので、何度も様子を見つつチンを繰り返し~
ようやく溶けたオイルに、常温のエコナを混ぜると、
ステアリン酸が白く固まり逆戻り(ーー;
しかたなく、オイルをもう一回温めて、ようやくすべての溶けた状態の55℃に設定。
これ以上温度を下げるとまた固まってしまうので・・しかたなく苛性ソーダ液も高めの57℃でオイルに混ぜ混ぜ・・・
し始めたら、途端に固まってくるし!!!(泣
慌てて豆乳・きなこも混ぜ混ぜ。
水分が増えても凝固は止まらず、泡立て器は刺さったままはずれない!(号泣

泣いてても仕方ないので、温めれば少しは弛まろう&苛性ソーダがしっかり生地全体に混ざり合ったのかとっても不安だったので、急遽ホットプロセスに。
湯煎に使ったボウルを洗ったら泡だったし、手に刺激もなかったのでちゃんと石けんにはなった模様。
でも、安く済むつもりが、2時間も光熱費のかかった高価な石けんになりました・・・(爆

むーん・・・油もまだあることだし、次は5%でリベンジかっ?!
0310714[1].jpg

んで。
↓の石けんと対♪にするつもりで、もう一種類石けん作りました(笑

今度はラベンダーパウダーで!!!
油脂配合を同じにするのも芸が無いなぁ~と、こちらには冬のお気に入りオイルの
マカデミアナッツ&ココアバターのコンビにご登場願いました(うふ
このコンビはね、ちっとくらい肌が冷たい風に負けたぁ~ってしおしおしていても、
やさ~しくご機嫌なすべすべ肌に戻してくれる、私にとってはとっても頼もしい助っ人です♪

ついでにこちらもマーブルにしてしまったんで、
うっかり者の私は乾燥中にカモミールと混同してしまうかも・・・( ̄◇ ̄;;
と心配して、こちらには香りをつけてみました♪
冬でいながら、お風呂場は春!の気分を醸し出す、甘い爽やか~な香りです^^


《ゴートミルク石けん~ラベンダー風味》9/30作成

油脂:オリーブオイル 250g
   マカデミアナッツオイル 50g
   ココナツオイル 150g
   ココアバター 50g      合計 500g

精製水 170g  苛性ソーダ 68g(10%ディスカウント)

オプション:ゴートミルクパウダー 大さじ1
      ラベンダーパウダー 大さじ1
      スィートオレンジEO 160滴
      ラベンダーEO 80滴
      ローズマリーEO 80滴

ココアバターが60℃くらいまであげないと溶けないので、
これもまずココナツオイル・ココアバターの2種類でレンジで2分程チン!
溶けたら常温のオリーブ・マカデミアナッツオイルを注いで温度を下げます。
オプションはトレースの出た後。
ゴートミルク・EOを混ぜた生地を一部とりわけ、ラベンダーパウダーでマーブル模様を作ります。
こちらは型に注いでからマーブル模様を作ろうとしたので、
上半分くらいしかマーブル模様が出来ていないかも(汗
まだ柔らかくって型出し出来ないから、どんなマーブルになっているのか想像もつかない~(^◇^;
0310004[1].jpg

暖かい飲み物が嬉しい季節になりましたね。
私は、コーヒーも紅茶も、ブラックorミルク派!!
普通よりもちょっとだけうす~く入れてそのままの香りを楽しむのも好きだし、
濃いめに入れて、ミルクをたっぷり注いだのも好き♪
入れるミルクは、その時々で牛乳だったり豆乳だったりミルクだったり・・
んで、最近のお気に入りだったのが山羊乳!!
牛乳よりも少しだけクセがあるけど、優しい、どこか懐かしい味で美味しいの~^^
でね、石けんに入れるつもりで買ってたのに、あれよあれよと少なくなり・・・
このままでは作る前に飲みきってしまふ・・・と危機感を感じ、ようやく山羊乳入りの石けん仕込みました(;^_^A

冬に向けて、保湿たっぷりのマルセイユ石けんの配合をアレンジ♪
乾燥した空気と一日戦っていたお肌が、お風呂場でほっと一息つけるような。
あえてシンプルで、優しい石けんにしたつもり(^m^*)
カモミールでつけたマーブル模様がご愛敬です♪


《ゴートミルク石けん~カモミール風味》9/29作成

油脂:オリーブオイル 200g
   米ぬか油 160g
   ココナツオイル 90g
   パームオイル 50g
   ステアリン酸 15g     合計 515g

精製水 170g  苛性ソーダ 66g(10%ディスカウント)

オプション:ゴートミルクパウダー 大さじ1
      カモミールパウダー 大さじ1
      ホホバオイル 大さじ1

ステアリン酸(粒状)を、ココナツオイル・パームオイルと一緒に温めて溶かした後、
オリーブオイルと米ぬか油を合わせて温度を43℃まで下げます。
と言うか、ぽぽ風手抜き方式なのですが、
耐熱式のガラスボウル(金属のボウルはダメよ)に計量したステアリン酸・ココナツオイル・パームオイルを入れ、
蓋をしないで500Wの電子レンジで1分半~2分(500gバッチで)ちん!するとステアリン酸が溶ける温度まで上がります。
それに常温のオリーブ・米ぬか油を注ぐと、温度がちょうど石けん作り時♪な43℃になるのですよ♪
ステアリン酸入れないときは、すべてのオイルをガラスボウルに移してレンジでおよそ1分半で40~43℃になります。
湯煎しないで済むし、油の温度管理がとっても楽♪
実はここ2年半ほど、ずっとこの方法で作ってます(^^;


苛性ソーダ液と合わせて、トレースが出るまでぐるぐるしたらホホバオイルとゴートミルクを全体に混ぜます。
一部を取り分けてカモミールの生地を作り、元に戻してマーブルを作ってから型入れ。
いつもトレース緩めで型入れしようとするから微妙なマーブルになるのよね(汗

山羊乳~からチーズを連想して、入れ物をまんまるチーズをほーふつとさせるケーキ型にしてみました~(ぷぷ
0310003[1].jpg

石けん日記の更新も、とってもお久しぶりでございます。
皆さん、お元気ですか~?(こそこそ・・・|x・`)ノ


久しぶりの手作りは、手洗い石けん♪
日頃石けんを使ってくれない旦那ちま(何故かって?理由はこちら・・・^^;)、
手を洗うときだけは石けんを使ってくれるようになってまして♪
庭仕事の合間や、かめちゃんずのお世話・・等々、日に何回も手を洗うのですが、
前に使っていた洗剤の時には荒れ荒れだった手が、石けんを使うようになってからすべすべになったそうです♪
でもね、石けんを洗面台にごろん!と置いてあるときは、
「普通の石けんに比べると、擦ってもすぐに泡だってくれない。
確かに手荒れはなくなったけど、やっぱり石けんって不便だよね。」
って言われていたんです!!p( ̄^ ̄*)むーん
では・・・と、旦那ちまにも使いやすいように、100円ショップで発見した泡立てネットに入れてみたら(写真参照ね)。
確かに泡立ちはとっても良くなったのだけれど、
石けんに、ネットとはいえ布が一枚くっついた状態というのは、なかなか水切れがよろしくなくって。
す~ぐ、ぐずぐずに溶けちゃっていたのですね~。
しかも私が普段作る石けんは、髪やタオルに擦りつけやすいように柔らかめにしているから余計に・・・(爆

なので、いつまで経っても旦那ちまには『どこかが抜けている、作り主にとってもよく似た石けん』と思われていまして!!( ノxノ)ぴー
いい加減、この評価をどうにかしたいのよー!!!

と、言うことで。
作ってみました、固さを出すためのオイルがたっぷり入った手洗い石けん♪
なんと、その割合50%!!!
そのうちの10%は、庭仕事の後に使うことが多いので、細かい傷の修復を早めると言われるカロチンたっぷりのレッドパームオイルを使用です( ̄m ̄*)
ついでに、もこもこの泡の出る石けんがお好みなので、泡立てのためのオイルを40%にしてみました^^
そうすると・・・保湿のためのオイルは、残りの10%?!( ̄◇ ̄;;;

さすがに保湿が10%というのは、これからの季節いかがなものか、と思いまして。
オプションでコラーゲンとハチミツを入れ、保湿に気を配ってみました♪
化粧用コラーゲンの在庫が残りわずかなので、食用コラーゲン(つまり、ゼラチン)を使っての製作です(爆

では、レシピです☆


《手洗い石けん》

油脂:オリーブオイル 50g
   ココナツオイル 200g
   ラード 200g
   レッドパームオイル 50g    合計500g

精製水 100cc   苛性ソーダ 73g(8%ディスカウント)

オプション:ゼラチン 1袋(5g)
      精製水 100cc
      はちみつ 大1
      マンダリンレッドEO 90滴
      レモンEO 40滴
      ティートリーEO 30滴

オプションのゼラチンは、水100ccにふやかし、2~3分火に掛けてゼラチン同士の結合を弱めておきました。コスメじゃないからやらなくても良いとは思うけどね、一応f(^^;)
冷ましたそれの分量を計ったら80ccだったので、苛性ソーダを溶かす精製水の分量を100ccにして、
苛性ソーダ水と油脂を合わせた5分後にコラーゲン水を投入。
あとのオプションは、トレースの出た後に混ぜました♪

はてさて、ぽぽ評価をあげることが出来るかどうか・・・(爆
0310592[1].jpg

去年の夏と比べて、今年は暑いですね~。
こう暑いと、夕食後にアイスを求めて夫婦二人、ふらふらとコンビニ通いが定番になりつつある生活です(笑
んで、コンビニに行くとアイスだけでなくデザートにまでついつい目のいってしまうワタクシ( ̄m ̄*)うふふ♪
去年からちらほらと目にするようになりましたが、デザート関係でマンゴ入り、多いですね~。
暑い夏にはマンゴがよく似合う!!
てなことで。夏には定番のデザートになりそうですね♪

ではでは、デザートに合わせて石けんも作っちゃいましょうか~♪(またそんな安直な・・
マンゴには、ビタミン・ミネラル類が多く含まれています。
肌を柔らかくしっとりさせる作用があるので、乾燥肌にも良いでしょう。
以前お友達からマンゴの粉末になったものを頂いていたので、それをオプションに♪
色は茶色っぽかったので、レッドパームオイルでオレンジ色を出しました^^
レッドパームオイルのレッドは、カロチンの色♪細かい傷を修復する作用もあるのです~
そして更にマンゴーっぽく!!
香りもマンゴのフレグランスオイルを使って、マンゴ臭炸裂な石けんにしましたっ(≧▽≦)ノシきゃきゃきゃっ

その疑似マンゴー石けんに、ヨーグルトを足して♪
マンゴヨーグルト石けんの出来上がりです~!
ヨーグルトには、
メラニン色素の生成を抑制して、シミ・そばかすを出来難くする効果があります^^
軽いピーリング効果も!
更に「乳清」といわれるヨーグルトの上澄み部分は、
肌に近い成分のため、自然になじんで保湿力を高める働きをするのです~。
効能的にも、夏にはヨーグルト入りが良さそうでしょ♪
そして仕上げに更に夏っぽく!!
メンソールクリスタルを前回の倍入れて、ヒヤヒヤ感たっぷりの石けんを目指します( ̄m ̄*)

ではレシピを♪


《COOLマンゴヨーグルト石けん》7/17作成

油脂:オリーブオイル 100g
   米ぬか油    200g
   ココナツオイル 100g
   レッドパームオイル 100g    合計 500g

精製水 120g  苛性ソーダ 64g(10%ディスカウント)
攪拌5分後、無糖ヨーグルト 50g投入

オプション:メンソールクリスタル 12g
      マンゴパウダー 大さじ1
      パールパウダー 1g
      マンゴFO 120滴
      レモンEO 60滴

メンソールクリスタルは、今回も油脂を温めた後・苛性ソーダを入れる前にざざざっと入れて溶かしてしまいました。
今回はトレースの出た後にチャレンジしよう!と言う意気込みはあったものの、ヨーグルトが途中で入った分温度下がってるかな?と思ってね(^▽^;)ゞえへへ
後のオプションは、トレースの出た後にです~
マンゴの粉入れたら、きれーなオレンジだったのがちと茶色味が掛かっちゃって・・・
げげげと思ってたら、乾燥している間にオレンジ色に戻ってきました♪
食べられそうな色かしらん?(笑
0310514[1].jpg

2004/07/06(火)

チャイナ石けん

うひ。
の通り、新しいおもちゃ(?)のパールパウダーが届いたので♪
うきうきと石けん作っちゃいました~!
在庫は「誰が使うんだコラ」とお叱りを受けそうな程とってもたくさんあるんだけど・・・ね(^_^;)ゞへへ。
んで、宣言通り、オプションはチャイナ色を強く!!
漢方たっぷりの石けんにしてみました~^^

入れ込んだのは、
★朝鮮人参★
細胞の寿命を広げ、小さな皮膚被害を治すことが出来ると言われます。
★甘草★
抗アレルギー作用があり、炎症やかゆみを抑える作用が。
美白・しわ・くすみ・にきび・日焼け肌の予防
★はと麦★
特にむくみを取り、また皮膚再生・肌荒れ防止・美白効果も。
皮膚の新陳代謝を高め、しみ・くすみを解消し、みずみずしい肌を取り戻す働きが。
★シルク★
髪と肌に保護膜を作り、老化防止にも。紫外線も吸収。
保湿・皮膚弾力性向上・光沢付与

以上の4つと、主役のパール

オプション効果が、いかにも夏の日差しでまいっちゃった肌に効果があるよ~♪と言っているので、
メンソールクリスタルも入れてヒヤヒヤ感も出してみました( ̄m ̄*)むふ。
すべてがパウダーの状態だったので、穏やかなスクラブ効果も期待してみたりして。
そして!
チャイナらしさを出すためのお花の香りをラベンダー・パルマローザでつけましたが、
このブレンドはニキビの予防効果もあるのですよ~(≧▽≦)b!!!

夏真っ盛りに熟成終了予定のこの石けん♪
出来上がるのがとっても楽しみだったりします(自画自賛?!

ではレシピを♪


《チャイナ石けん》 7/5作成

油脂:オリーブオイル 200g
   こめ油 100g
   ココナツオイル 100g
   ラード 100g       合計 500g

精製水 180g(粉モノたくさんなので、少々多めです
苛性ソーダ 65g(10%ディスカウント

オプション:ROE(天然酸化防止剤) 8滴
      メンソールクリスタル 5g
      朝鮮人参パウダー 小さじ1
      甘草パウダー 小さじ1
      はと麦パウダー 小さじ1
      シルクパウダー 2g
      パールパウダー 1g
      ラベンダーEO 90滴
      パルマローザEO 60滴

ROE・メンソールクリスタルは、湯煎して苛性ソーダ液と合わせる前のオイルに投入して溶かします。
つ~んす~~~~っとした香りが攪拌中にとっても目にしみます(爆
40℃くらいで溶けたから、細かく砕いてトレース出たときに入れてみても大丈夫かなぁっ
今度試してみようp( ̄^ ̄*)ファイトぉっ
そして、それ以外のオプションはすべてトレースの出た後♪
朝鮮人参と甘草に色が付いていたので、混ぜたらカレーの様な色になりました(^^;
熟成の最中に落ち着いてくれればいいなぁ・・・
で、無かったらカレー石けんに改名?!(爆
03101514[1].jpg

♪お気に入りの歌~一人 聞いてみるのぉ~

今回のメインはジャスミンです(*^▽^*)ノ♪
ジャスミンをオリーブオイルに漬け込んだのは、実は前回の親ばかで使ったカモミールと同じ時期。
なのに、何故にこんなに間が空いたのか??

♪ジャスミンティーは~ 眠り誘うくすり~~~~♪

それは、ジャスミンを仕込んでから、
オプションを考えようとするたびにぐるぐると頭をリフレインするこの歌の所為(--;) 
なので、今回の石けんはオプション控えめ♪(え
すべては『オリビアを○きながら』が悪いのよ~~( ̄▽ ̄;)ゞ ←責任逃れ

ということで、今回はジャスミンティーにまつわるオプションで♪
ジャスミンは、やはり単体よりも、お茶に混ぜて飲むことが多いですよね。
オリーブオイルに漬け込んだのはジャスミンだけだったので、
苛性ソーダを溶かす液体に、お茶を使ってみました(^m^*)
使ったお茶は。
あるおねーたまに頂いた京番茶♪(おねーたま見てる~?^^
んんん??ウーロン茶じゃなくて、日本茶なの?!と思った方もいるでしょう(にへ
実はこのお茶、四国で作られた自家製のお茶!
お茶の新芽を一つ一つ丁寧に手で摘んできて、おもむろに庭に作った手作りの釜で、
専用の鍋を使って炒ったお茶なのです♪
普通の緑茶のように刻まずに、ホールタイプのまま仕上げてあるので
お茶の色がクリアで、飲み口さっぱり!!
日本で作られたお茶なのに、中国の緑茶に近い味です。
・・・ならば、中国茶のようにジャスミン混ぜて飲んだら美味しいかな??
と思って実験したら。。。大正解!!うまうま♪
なので、石けんでも組み合わせてみましたん( ̄m ̄*)

あとは~、ジャスミンティーにシルク入ったのもあるよねん♪と、いそいそと入れ込み。
これでシンプルにオプション終了!!
ほら、『オリビア~』の所為だから(笑
ではレシピです♪


《ジャスミンシルク石けん》 6/21作成

油脂:ジャスミン浸出オリーブオイル 255g
   マカデミアナッツオイル 45g
   ココナツオイル 100g
   ラード 100g        合計 500g

京番茶 170g  苛性ソーダ 65g(10%ディスカウント)

オプション:シルク 2g
      ジャスミンフラワー 少々

いくらなんでも、オプション少ないかしらん?と思って、型にジャスミンを少々散らしてから
タネを注ぎ込みました♪
洗っていてジャマにならないことを祈ります・・・。


ふう♪これで『オリビア~』の魔のリフレインから解放されるのねーっ!!

♪誕生日には~エクレアを忘れな・・・…∑( ̄▽ ̄;)あっ!また・・
カトレアをどぉーしてもエクレア変換してしまうのは、やっぱり私が食いしん坊だからでしょうか・・・(汗
0310515[1].jpg

親ばか・・・とは言っても、ヒトの子ではなく、ペットのための石けんです(^m^*)

今まで子供達(といっても特にぷり)を洗うのは、もちろん手作り石けんで♪
その時々手元にあった、無香料で作った固形石けんもしくは液体石けんを選んで使ってました^^
液体石けんはとろ~っと直に体に垂らしてしゃかしゃか泡立て。
固形石けんの場合は、泡立てネットで泡を作って、お湯に浮かべて優雅に泡風呂or泡洗い♪
ぷりがお風呂好きになったのは、泡風呂のおかげかな~♪
・・・でもね、今までは私と兼用の石けんだったわけで。

親ばかを自称するなら、
子供達のための石けん♪持っていても良い一品よね?

と考えちゃったんですよ~ヽ(≧ω≦)♪
というか、どうしてこれまで作ってくれなかったのと子供達に責められそうですが(汗

さてさて、オプションです。
まず考えたのは、被毛の為に、昆布パウダー!
しっとりとツヤのある毛を目指します。

そして、海つながりで『海のしずく』とも称されるローズマリーパウダー。
「黒髪のためのハーブ」というイメージの強いローズマリーですが、
その効用は、フケを抑え、ツヤのある健康的な髪を保つ、すべての髪質に適するハーブです。
ノミやシラミを寄せ付けない効果もあるそうで♪
ハーブ入りの牧草を鼻つっこんで(当たり前だ)喜んで食べるくらいだから、
子供達にとっては美味しそうな匂いの石けんになるんじゃないかな?
ハーブ入りと銘打ってある牧草には、防虫のためにローズマリーは必ず入ってるんですよ~♪
そうそう、何でハーブは入れるのに無香料(EOの香り付けをしない)にこだわるか、と言いますと。
単純に、匂いの強い石けん自体を子供達が嫌がるのが一番大きな理由ですが、、
エッセンシャルオイルが猫に対して有毒である、という記事を読んだことも理由の一つかな~。
詳しいことはこちら。(『アロマセラピー』→『猫のアロマセラピー』を見てね。)
昔から飼われている猫でも最近になって分かったのに、
それよりペットとしての歴史の浅いうさぎやプレにどんな弊害があるか。まだ分かってないだけかもしれないもんね。
とはいえ、ハーブ好きだし草しか食べない種だから耐性はあるだろうし、問題はまず無いんでしょうけどね~


もう一つ毛ツヤをよくするために、糖蜜も入れてみました♪
ハチミツの方が香りが美味しそうですが、ハチミツはハイライトが掛かってしまうので、全毛色対応のため糖蜜で^^
0310151[1].jpg0310149[1].jpg

あと、この石けんでやってみたかったこと。
ぷりくらい毛が短いとリンスも不要ですが、うさ達の毛では、何となくリンスもした方が良いかな~?と言う気がします。
でも、クエン酸は私が苦手だし、かといってお酢を使うのも匂いで子供達嫌がりそうだし。
で、実験してみました♪
生地を半分に分け、片方は上の3つのオプションのみ、もう一つにはレモン汁を追加!
これでアルカリ度が少々下がれば、毛がきしまずにリンスしなくてもすむかな~?と。
今まで酸性のものを入れると、きしみ感があんまり無いような気もするけど
意識して実験したことがないから、泡立ち悪くなったり洗浄力が弱くなったりするだけかも(爆
んで、取りあえず半分ずつにして比較してみます~(^_^;)ゞ
もしかしたら、ディスカウント率をもっと上げれば良いだけ??
(えへ。「下げる」って書いちゃってました。
 いつもは10%のとこ、15%くらいにしたら良いかな~?って書きたかったの。)
・・・なんだか、今更そんなこと言ってるの?って言われちゃいそうですね~(汗
追加。結局、使用感はイマイチ分かりませんでした(爆
クエン酸入れたら苛性ソーダと相殺し合ってアルカリ度が弱くなるだけのような・・・(^^;)
 で、よく考えた結果、クエン酸入れたのはこの時だけです。ほほほ


ではレシピです♪


《親ばか石けん第1号》

油脂:オリーブオイル 300g
   ココナツオイル 100g
   ひまし油 50g
   ラード 50g       合計 500g

精製水 175g   苛性ソーダ 67g(10%ディスカウント)

オプション:ステアリン酸 20g
      昆布パウダー 小さじ小山1
      ローズマリーパウダー 小さじ小山1
      糖蜜 大さじ1
      レモン汁 1/3個分

ステアリン酸はオイルと一緒に湯煎。あとは全部トレースの出た後に。
レモン汁がどう働くかな~~~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。